のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■タオフー

daofu


ちょっと時間があったさかい、またパソコンの中の画像整理してたら、
またおもろい写真を見つけてきましてん。

 「おいおい、この写真逆さまやん!」 

いやいや、逆さまやおまへんで。ちゃんと向きはおーてますで。

 「ほな、『福』の向きが逆さまやん!」 

まあ、そういう解釈もできまんな。
これ、中国とか台湾・香港、上手くいけば横浜とか神戸の中華街でも見れて、「あれは何なの?」ってホンマよく質問される中国の素朴な疑問なんやけど、
素朴な疑問のままそのまんまにしてる人もおるかもしれまへん。

これは、間違って『福』を逆さまにしてるんやなくて、わざと逆さまにしてまんねん。
これを中国語で「タオフー」言いますねん。
漢字で書いたら「倒福」「到福」の2通りの書き方があるんやけど、
これに中国流掛詞(かけことば)が隠されてますんやわ。

まずは「倒福」。
これは直訳したら「福を逆さまにする」ってことだす。
まあ画像のまんまでんな。
そしてもう一つの「到福」。
これは漢字を見たらわかるように、「福が到着する」、つまり「福がやって来る」って意味ですわ。
どういうことかと言うと、
「福を逆さまにする」ことによって、「福がやって来る」。
つまり、「福(幸せとかお金とかいろいろ)がやってきますように」
っちゅーおまじないなんですわ。
それを、福を逆さまにする「タオフー」という言葉と、福がやってくる「タオフー」という言葉を掛けてますねん。
ちなみに、この「タオフー」は中国じゃちゃんとした漢字として登録されとります。
上にも書いたけど、中国とか台湾はもちろん、世界中のチャイナタウンでもよく見るさかいに、今度中国とかチャイナタウンに行くことがあったら見てみてくんなはれ。

あと、もう一つ中国で見るのが、「喜」という漢字を左右二つ合わせたものやな。

喜喜

って感じの漢字なんやけど(←ダジャレやおまへんで)、
これは「喜びが2倍になるように」っちゅー漢字ですねん。
結婚式場に行ったらこれが会場のいたるところで見ることできまんねん。
タバコ吸う人やったら、中国にこの漢字そのまんまの銘柄のタバコがあるさかい、ネタに買ってみたらどないやろ?
ちなみに、これも中国じゃちゃんとした正式漢字でおま。

日本と中国、漢字でつながって、漢字で会話ができる世界唯一とも言える存在なんやけど、
漢字の故郷は中国、そりゃ間違いないことですわ。
日本に漢字が「輸入」されたんは、3世紀とも5世紀とも言われてはっきりせーへんのやけど、
この漢字から日本独自の漢字である「ひらがな」「カタカナ」が生まれたんは言うまでもおまへん。
でも、中国じゃいろいろあって語彙の増加が1000年以上ストップしてもーたのに対して、
日本は明治時代に急激に西欧の文化・思想なんかが入ってきて、
それを翻訳するために偉い人たちが頭を働かせて、いろんな漢字語を生み出しました。
「政治」「経済」「社会」「哲学」「歴史」・・・キリあげたらブログがいっぱいになりまw
意外に思うかもしれへんけど、こないな言葉、明治時代以前の日本にはもちろん、中国にもなかった言葉ですねん。
こうして日本で生まれた近代用語、日本に留学してた中国人留学生がいわゆるカンニングで中国に逆輸入しましたんやわ。
これも意外に思うかもしれへんけど、「中国」を「中国」って呼ぶことになったんも、実は日本生まれですねん。
「中国」って言葉は昔からあったんやけど、「国」は古代中国語では「大きな都市」って意味であって、そのまんま「国」って意味やなかったんですわ。つまり、古代中国語で言う「中国」って、「真ん中にある大きな都市」、つまり『首都』って意味でしてん。
それをいつの間にか日本が「中国」のことを「中国」って言い出したんやけど、今は少々差別用語になってもーて文字変換にも出てこえへん「支那」も併用してましてん。
一般的に「支那」を使うことが多かったみたいやけど、どう使い分けてたんかは知りまへん。
ほな、中国人は自分の国のことをどう呼んでたのか、
実は、呼び名ってなかったんですわ、明治時代まで。
「中華」って言葉はあったものの、これは周りの蛮族と区別するために生まれた概念語で、当時中国人は「国」とか言う概念すらなかったさかい、呼び名なんてありゃしまへんわな。
そして日本人が「支那」とか「中国」とかゆーてるのを聞いて、
「それってワシらが住んでるとこのことかいな?」
っちゅーわけで、自分らも「支那」とか「中国」って言い出したってわけですわ。
それを留学生が中国に持って帰って、次第に本場でも広がっていったってわけだす。

で、ここに外国語を勉強するヒントが隠されてるっちゅーわけやけど、
外国語の勉強は、ただ単に言葉を覚えるだけやおまへん。
そんなんやったらコピュータの方が勝つに決まってますやん。
言葉は文化の肉の一部やっちゅーのがワシの考えなんやけど、
言葉を勉強するにあたっては、こういう歴史を勉強したら、より勉強がおもろなりまっせ。
更に外国語っちゅーのは密接につながってて、
もちろん日本語と中国語も漢字っちゅーソフトウェアでつながってるのはもちろん、
文法的にもつながっとります。書くとまた長くなるさかい、それはまた今度書いてみますわ。
これに関連して、英語を勉強する人によく言ってることなんやけど、
「英語上手くなりたかったら、フランス語もちょっと勉強しなはれ」
ってゆーとります。
なんでやねん?と言うと、今の英語はフランス語と密接にリンクしとって、
フランス語を知識として勉強しといたら英語をより深く理解できるんですわ。
どうリンクしてるかは、英語やイギリスの歴史を勉強したらわかることやさかい、ここでは話しまへん。
こないなちょっとした歴史背景を勉強するだけで、一見全然関係あらへんように思える外国語と歴史が相互リンクして、
深く外国語が理解できるし、教養も深まるしで、勉強がより楽しくなりまっせ。
厳しい言葉で言わせてもらうと、
文化背景を理解してない外国語は、外面だけブランドもんで固めて一見良くても、中身は空っぽな人間と同じや思っとります。
言葉を通して文化を理解し、相互リンクさせてはじめて、外国語ベラベラて言う、これがワシの外国語哲学だす。
スポンサーサイト

テーマ:中国
ジャンル:海外情報

コメント

■ 

>ポプリはん

>中国の漢字は、一つの発音しかないと聞いてます。
原則中国とか韓国の漢字(いったん廃止になったけど最近復活)の発音は原則1種類しかありまへん。たまに例外があるけど、それはまたブログで書いていきますわ。

中国トイレ、すさまじすぎて写真に撮れまへんw
これはすごいでっせー。もう言葉で語れないくらいです。頑張ってブログで書いてみますね。

ちなみに、ポストは緑でっせ。中国の郵便のカラーは緑なんです。
2005/09/30 URL のぶ #nz5q6xfQ [編集] 

■ 

>omiidonはん
「福」のステッカー、単に「福」を作ってそれを逆にしたらええだけでっせw
旧正月あたりになったら神戸の南京町に行ったらいっぱい売ってますよ、omiidonはんもどないでっか?福が降ってくるかもしれまへんでー(^^)
2005/09/30 URL のぶ #- 

■ 

中国の漢字は、一つの発音しかないと聞いてます。
だから、そういう利用法があるのでしょうね。

シモネタですが、中国のトイレ事情に興味があります。(^^ゞ
「Nature calls」ですからね。
知らないとカルチャーショックってこともありそうです。
最近、清潔さを強調しようとしているみたいですね。

ポストも緑色だとか・・・。
2005/09/29 URL ポプリ #mQop/nM. [編集] 

■ 

のぶさん博学でんな~
タオフーと喜喜のステッカー作ってもろたらどないでしゃろか(^O^)
那須オフ会でセミプロさんがいたはりますし、福のさかさまステッカーなんて、格好のデザインベースになるような気がしました。
外国語と歴史、因果関係は密接なもんなんですな~、なるほどだす。(*^_^*)
2005/09/29 URL omiidon@ケータイ #kFfTDLeA [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/96-63b3e4a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。