のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■BEのぶの大阪レトロ建物散歩 -大江ビルヂング-

2014年、あけましておめでとうございます!

・・・というても、もう明けて1ヶ月近くも経ってまいました(笑

しばらくブログ更新せーへんかったさかい、「こいつ死んだんちゃうか?」と思っとった人もおるやろうけど、どっこい俺は生きてます(笑
ちょっと近況報告させてもらうと、2014年が明けて職場が変わり、環境も心境も180度変わった生活になりました。
また土日祝きっちり休み生活に戻ったのもあるし、ストレスも完全リセット。
仕事の都合とストレスでしばらく休止しとった遊郭・赤線研究も、何の憂いもなく復活できます。
これで今年は特に憂いもなくブログが更新できるっちゅーわけですわ♪

というわけで、しばらく更新せーへんかったせいで妙な広告までつくようになったさかい、そのアカ落としといってみますか!

そして、今回のブログの題名からして、

また変なウォッチングに手を出しよったか?

とお思いかと思います(笑
いやいや、今や「遊廓・赤線のBJのぶ」やけど、元々興味があったのはこういう建物なんですわ~。
むしろ、こっちの方が「原点」なわけです。
俺は絶対、前世は明治・大正時代の人間やわ!というくらい、レトロな建物が好きな俺、それも何故か明治時代以降限定やったりして。
残念ではありますが、江戸時代以前の建物には全く興味ございません(笑

というわけで、リハビリ代わりの今回のレトロ建物散歩、ちょっとご覧下さい♪


* * *
所は大阪市北区、そこ界隈をブラブラ歩いとったら、こんな建物を見つけました。

2014012501


大阪市内には、戦争の空襲にも耐えた、大正時代から昭和初期、たまに明治時代に建てられた、レトロな香りがする建築がけっこう残ってるんやけど、これもその一つに違いない。


2014012502

名前は、

グンヂルビ江大

・・・なわきゃーない。これじゃ日本語になってへん(笑
これは今はすっかり少なくなった、右から読む「右文字」やさかい、右から読んで

大江ビルヂング

という名前のビルであります。
「ビル」っていうと、我々戦後の世代は何十階建ての垂直に建つ高層ビルを思い浮かぶけど、これは和風のような洋風のような、なんだかどう表現してええのか言葉に困る、独特のたたずまいをした「ビルヂング」であります。
それより、右読みだけで相当レトロな雰囲気を醸しだしてますな。というか、「ビルヂング」って名前だけで登録文化財に登録したい気分やわ(笑

そこで、俺の中にある、好奇心の血が騒ぎ出しました。
このビルの正体は一体何なのか?
一昔前なら、家に帰ってパソコンで調べて・・・となるんやけど、今はスマホ全盛の21世紀、手持ちのiPhoneでサクッとググってみると、このビルの正体がすぐわかってしまう世の中です。
ほほう、なるほど・・・こういうビルやったんや!
って自分だけで納得したら、このブログを書いとる意味がない(笑
ちなみに、「ビルヂング」なんて「ビル」やん~と面倒臭がって「大江ビル」で検索すると、中央区にある全く別の場所にある別のビルがヒットしてまうさかい、ググる時は本名(?)の「大江ビルヂング」で検索して下さいね~。

大江ビルヂングは、大正10年(1921)に建てられた、もうすぐ築100周年を迎えるテナントビルで、大阪初のオール賃貸型オフィスビルとしてスタートしました。
ビルから声が聞こえる・・・。

「あたし、こう見えてもオフィスビルなんです♪」


2014012503

こない見たら、ものすごく重厚感がある石造のビルに見えるんやけど、石造に見えるのは実はフェイクで、鉄筋コンクリート製やったりします。


2014012701

サメというか、シャチのような青銅製の雨除けのひさしが、入り口にあります。


2014012705

コンクリの塊のよーな建物にちょこんと付け加えられた青銅のひさしは、ひさしという実用性の他に建物にアクセントをつけるためのデコレーションとしても、立派に存在感があります。
そして、建物に威厳をつけるためでもあると思います。
これは、何も気まぐれでつけられたわけやなくて、絶対に計算されたもんに違いない。


さて、気になる中身は・・・


2014012704

重厚な茶色のドア。
何か「懐かしさ」を感じる、レトロな扉ですね~。


2014012703

そして、お客を迎える玄関の床は、こんなタイルで装飾されとります。
これを見た時、以前訪ねた京都の「泊まれない旅館」を思い出しました。



10112402

これが「泊まれない旅館」こと、旧島原遊廓にある揚屋、「きんせ」の玄関のタイルです。
「きんせ」の方は年代は定かやないらしいけど、大正時代後期にダンスホール付きに改造された和風建築、たぶんこの大江ビルヂングと同時期にリフォームされたんやと思います。
おそらく、大正時代にこんなタイル装飾が流行ったんですやろな。
「きんせ」については、
泊まれない旅館に突撃! ~消えた遊郭・赤線跡をゆく特別編~
でも見てくんなはれ。このブログをゆっくり見た後、再び大正ロマンのお味をお楽しみ下さい。


で、ここである謎が浮かびます。
なんで・・・とは言わんけど、こんなオフィスビルが何でこんな場所に建てられたのか。
別に作りたけりゃ作ったらええやん!って声も聞こえてきそうやけど、そう片付けたらせっかくのブログがおもろないですやん?(笑
それに、今でこそ5階建ての建物なんか珍しくもなんともないけど、大正時代で5階建て言うたら「高層ビル」に等しい規模やったりします。
そんな「高層ビル」を、和洋折衷の香りがムンムンする個性的なビルを建てるのには、何か理由があったはず。

そのヒントが、実はこの界隈にあったりします。

2014012706

どこにでもありそーな建物やけど、どこか威厳というかいかつさを感じません?
これ、大阪地方裁判所+高等裁判所の合同庁舎やったりします。
できればお世話にはなりたくない建物やけど、大江ビルヂングはそのすぐ近くにあるビルやったりします。
これが、このビルの歴史の物語を語る上で、絶対不可欠な要素になっとるんです。

14012707
青い◯が裁判所、赤い◯が大江ビルヂングです。
すぐ近くどころかもう横、徒歩2分くらいな位置に建てられとることがおわかりやと思います。
裁判中に弁護士が、「あ!忘れ物した!」とうっかりミスしてしもたら、往復5分くらいで戻ってこれそーな距離であります。ここに事務所を構えたら、心置きなく忘れ物ができます(笑

もうじらさんと書くと、この大江ビルヂングは、当時の控訴院、今の高等裁判所があるっちゅー地の利を活かして、弁護士事務所向けに作られたビルやったりするんです。


2014012702

ちょっと見にくいけど、今の大江ビルヂングのテナント一覧です。
弁護士事務所専用ビルとして建てられて90年近く経ったというてと、まだ弁護士事務所が多く入っとったりします。サラっと超どんぶり勘定で数えてみても、10軒は余裕は下らない。
弁護士事務所としては、まだまだ立派な現役でございます。
もちろん、今は普通の会社も普通に構えていたりします。

そしてこの界隈、知る人ぞ知る大阪屈指の

弁護士街

やったりします。
大江ビルヂングを中心軸に、この界隈には弁護士や司法書士の事務所がけっこうあったりします。
もちろん、大江ビルヂングの周りにはごくふつーのオフィスビルもあるんやけど、そこを覗いてみたらやはりというかまさかというか、「◯×法律事務所」の名前がズラリ。
もし大阪で法律相談があったら、ヘタにネットで調べるよりここ近辺の弁護士事務所をローラーで訪ねた方が早いんちゃう?
というくらい、法律事務所の多いこと多いこと。
トキオの神田みたいな「古本屋街」とか、秋葉原みたいな「オタク街」はあっても、「弁護士街」は珍しいんちゃうかな?と思います。
「弁護士街」とは俺の造語やけど、この事実、非大阪人が知らんで当たり前、大阪人でも司法関係者以外知らんのとちゃう?
はい、大阪人やってもうン十年経つわたくちでも、今の今まで知りませんでした(笑

そしてこの界隈、法律事務所よりは少ないものの、それでもけっこう目についたのが画廊。
大江ビルヂングの中にも画廊がいくつかあって、レトロな大江ビルヂングとぴったし合っとります。
「弁護士街」と「画廊街」、なんかスーツでビシッときめたような法律事務所、かたやゲージツなもんが隣り合わせで共存しとるのも、また大阪ならではなんかもしれませんな。

せやけど、一つのことを色々調べていくと、今まで知らんかったおもろいことが見つかるもんです。
それやから一つのことを掘り下げていくんがおもろいわけなんやけど、この大江ビルヂングにはもう一つ、衝撃の歴史が!

大阪が全国に誇る暴君(?)いや、その発言で全国の民をハラハラドキドキさせている(笑)大阪市長の橋下徹さんが元弁護士なのは、みなさんご存知のことでしょう。
個人的には橋下さんの言いたい放題なキャラって好きなんやけど、まあ品格はない(笑
せやけど、本人も「僕にそんなの期待しないで下さい」と言うとるさかい、別にそれでええやん~。あんな人言うたら失礼やけど、本人が「ありません」てはっきり認めとるんやからそれでええねん(笑
まあ、そんなことはさておいて、
そしてこの橋下さんが弁護士事務所を開いたのが、この大江ビルヂングやったんです。

橋下氏のオフィシャルブログによると、橋下さんは前々からこのビルに惹かれ、弁護士になったら「ここに事務所を構える」と決めてたそーで、実際独立して最初に事務所を開いたのがここやったそうです。
あのキャラやったら、「あんな古臭いビルなんか壊してしまうべきですよね!」って言うた途端、さっさと実行しそーなイメージなんやけど、
(※あくまでイメージなだけですw)
橋下さんが「魅せられた」そーやから、彼は実はけっこうなレトロ趣味なんかもしれませんな!?
それか、この大江ビルヂングが弁護士に「ここに事務所を作るのが夢なんです」と言わせるくらいの権威を備えとるんか。
こう言うたら橋下さんには失礼やけど、あのキャラと大江ビルヂング、言葉じゃ表現できへんギャップがあることは確かなよーで(笑

と、ここまで引き伸ばしてきましたが、さてお待ちかね(?)の建物内部の画像を今からゆっくり公開!!


・・・といきたかったんけど、この建物内部は

撮影禁止

で~す。
玄関には「撮影禁止」と書かれとるさかい、まあ写真撮ったらあかんのやろな、とはすぐわかるけど、0.1%の可能性を賭けて玄関に座っとる守衛さんに「撮ってええ?」と聞いてみました。
すると、「ダメ」と冷たい一言が。
そうか・・・あかんのか・・・。まあそりゃ仕方ない。
拝み倒してなんとか玄関までの撮影はOKもらったものの、玄関ドアから先の撮影はダメったらダメ。
はいはい、わかりましたよ~。
何せビルの性質が性質やさかい、これ以上ゴネたら、守衛がボタン押して、けたたましいブザーの音と共に弁護士が3~4人飛んできそう(笑
というわけで、建物内撮影はNGとのことで写真はありません~。
何せ弁護士事務所ビルやさかい、ヘタに写真撮ったら、

「訴えてやる!!」

って声がどこからか聞こえてきそうで(笑
たかが趣味と見学で訴えられたらたまらんさかい、カメラはそっとポケットに忍ばせながら撮影・・・してません~。
せやけど、中も相当レトロな匂いがする、非常にええ意味で古ぼけた構内やさかい、レトロな建物に興味がある方は是非このビルを見学してみて下さい。
特に、トイレはなかなかええ感じがするさかい、トイレ借りるだけでもええんちゃいます?また画廊もあるさかい、ついでに目の保養に絵画の鑑賞でも。
そして、法律でお悩みの方は是非当ビルに。なんちゃって(笑

※このブログが参考になったり面白いと思ったら、立ち去る前に
↓の「拍手」を押してくれたら幸いですm(__)m
スポンサーサイト

コメント

■ Re: タイトルなし

>F-Geno さん

返事がえらい遅くなってすんませんm(_ _)m
どうもモチベーションにムラがあってまだ安定せーへんよーな感じですけど、やっと落ち着いたよーな感じがするさかい、またよろしゅーお願いします。

>筆者の大阪弁のほんわかした雰囲気が
>なんかここまで飛んでくるような
>あったかな気持ちになるブログでした

恥ずかしがり屋やさかい、褒められたら自己否定したくなりますわ(笑
せやけど、書いてる方は計算なしのええ意味で何~も考えてへんさかい、それがまたええんかもしれませんな!?

>古い建物好きな俺もよく写真に撮ったりしてますが
>詳しく調べたりしようかなと思います

近くにある古い建物が、意外な歴史を持ってるかもしれへんさかい、ちょっと気になるなーって建物をチェックして調べてみたら、違う視点観点が生まれるかもしれません。
大江ビルヂングも、大阪人何十年やってて今の今まで知らんかったさかい(笑
2014/03/05 URL BJのぶ #- 

■ Re: 待ってました!

>ちむさん

しばらく更新できへんかってすんませんm(_ _)m
ちむさんみたいに、待ってた人もおったと思うと、やっぱし何でもええから書くことが大切やなーと思いますわ(^o^)
なんか「遊廓・赤線のこと書かんとあかん」って自分で勝手にプレッシャーかけとったと思います。

これからも、徐々にペースを上げて書いていくさかい、これからもよろしゅーお願いしますm(_ _)m
2014/03/05 URL BJのぶ #- 

■ 

面白かった

内容も面白いが

筆者の大阪弁のほんわかした雰囲気が

なんかここまで飛んでくるような

あったかな気持ちになるブログでした

古い建物好きな俺もよく写真に撮ったりしてますが

詳しく調べたりしようかなと思います
2014/01/29 URL F-Geno #G7brCG9w [編集] 

■ 待ってました!

ブログ更新待ってましたo(≧▽≦)o
mixiでこのビルのことを見てたので、いつかないつかなー♪と楽しみにしていました。
いつものように、のぶさんのブログを読んでいたら...広告がなくなってる‼︎‼︎
速攻で新規ページ開いて読みました^_^
こちらの方もマイペースに頑張って下さい(。・∀・)ノ゙
2014/01/28 URL ちむ #- 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/918-3add58b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)