スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの刺激

ブログ更新がかなり久しぶりになってしもたBJのぶです。

どれくらい久しぶりなんかと言うたら・・・管理人画面によると最後に記事をアップしたのは去年の11月。
ということは、約5ヶ月ぶりの更新となるわけで。
ええ!?そんなに更新してへんかったっけ!?といちばんビックリしとるんが当の本人やったりします(笑
しばらく本人が自分のブログに来えへんかったさかい、知らん間に広告のような「錆び」がこびりついとって、自分のブログながら非常に見難い!

ちゅーわけで、ちょいとこのブログの「錆取り」も兼ねてブログ更新となりました。
コメントもけっこう溜まってるさかい、ここはじっくりコメント返ししたいと思います。
当事者がおらへん中、コメントをしてくれたり拍手ボタンを押してくれた方々、そしてどこのどなたかは知らんけどブログを訪問してくれとった皆さん、この記事を通して御礼申し上げますm(_ _)m

そして、公私ともども色んなことがありすぎて・・・というかしばらくミ◯シィとかフェイ◯ブックとかにかまけとったさかい、遊廓の研究もしばしお休みやったけど、せっかくの雪解けの季節、これも「雪解け」と致しましょうか。書きたいネタや、下書きのまま放置プレイのネタもいっぱいあるし。

せやけど、今回はちょいと書くのが非常に久しぶりやさかい、「リハビリ」として全然ちゃうことを書きます(笑

で、実はブログを更新しよう!
と思った理由がもう一つあったりします。今日は、リハビリがてらその話をしていこうかと。

先日、会社の同僚の

「是非行ってみたら?」

という勧めで、文筆関係の学校に行ってきました。
ドラマや映画などのシナリオライター、つまり脚本家の育成の学校やったんやけど、どっちかというと俺が書きたいのはエッセイや旅行記。脚本なんてそんなの関係ねー!
と思ったんやけど、シナリオなんて全くの門外漢な上に、何かの刺激になるかと思って、体験学習を受けてきました。体験学習やったらタダやし(笑

授業は、会社帰りの社会人が多いらしいさかい、夜に行われとりました。
俺は仕事が休みの日を狙ったさかい余裕のゆうちゃんやったけど、その前の買い物で疲れ果てた・・・というのは公然の秘密として、学校へ行ったらビックリ!
何にビックリしたかというたら、学校の熱気。
文筆、特にシナリオライターの学校は、良くも悪くもホンマに好きな人しか行けへん所でもあると思うさかい、学費を払って受講する人たちは、ホンマに「書くこと」が好きな人たちなんやろなと、熱気だけでも感じました。

そして授業開始。
今回はクラスが開講して間もないっちゅーことで、シナリオをどう書くのかという基本中の基本からの開始。
講師の先生は現役の脚本家だけあって、具体例をガンガン挙げてくれて非常にわかりやすい。
何度も言うよーに、俺は脚本関連はズブの素人、予備知識すらゼロやけど、ヘンな知識が入ってへんかったせいか、聞くことすべてが新鮮な感じがしました。
学校の授業でこんな新鮮さを感じたんは、約20年前、中国で中国語を勉強し始めた頃以来かもしれません。逆に言うたら、20年ぶりに学生の気分に戻ったとも言えます。

脚本の書き方にも、将棋や囲碁には定石があるように、「シナリオの定石」のような基本ルールがあります。
今回の授業のメインディッシュはそれの解説やったんやけど、これもまた新鮮でした。
ここで目が鱗ものやったんは、シナリオは「映画」「演劇」「TVドラマ」で書き方がちゃうということ。
厳密に言うと、この3つの分野の台本は「どこに重点を置く」かが違うっちゅーことでした。映画やとそこそこ台本をダラダラ背景描写で埋めてもいいけど、時間がきっちり決まっている上に、スポンサーという絶対的存在があるTVドラマの台本は、「原稿用紙1枚あたり◯分」という相場があり、1時間のドラマなら、例えば「原稿用紙きっちり100枚」で終わらせないといけないそうな。99枚も、101枚も無論NG、ドラマ化前提のコンテストならそれだけで選考外になっちゃうそうです。
せやけど、この3つの分野の台本に共通することは、「見る方が見やすいように書く」ということ。「見やすいように」とは何か?それは簡単、「大きな字で、はっきりと書く」ということだそうです。
台本は、台本を審査するプロデューサーや監督はもちろん、演じるキャスト(俳優・女優)も目を通して、

「このシナリオをドラマにしたい!」

「この役を演じたい!」

と思わせないといけない。自分本位な書き方は絶対NG!ということでした。
あと、脚本は土台は出来ても現場でどんどん変更、つまり「書き直し」が当たり前のようにあるみたいで、そのために台本はけっこう空白をわざと作ります。授業で原稿の書き方のセオリーを聞いてると、行の空白部分が多く「もったいない書き方やなー」と根っこがセコい俺なんかは思うやろうけど、それを察したか(たぶん察してない)、先生がその後すぐに

「もったいないなんて思っちゃダメですよ」

と念押しして「空白を作る理由」を教えてくれました。
シナリオライターとして駆け出しの頃は、自分が書いたシナリオがガンガン書きなおされる様に、自分(のシナリオ)を否定された気分になって、挫折感を味わう人も多いと言うてたけど、これは「否定」やなくてむしろ「より良いドラマを創ろう!」という制作側の熱意であって、そこは勘違いしちゃダメよ、と優しく教えてくれとりました。
そこで「書き直し」を求める現場に対して、何でも「はいはい」と答えていては、”都合のいい女”ならぬ”都合のいい脚本家”と見なされ、安っぽく値踏みされるそうです。かと言って、書き直しに対してすべて「ノー!」を突きつけたら現場が萎える。ヘタすれば脚本家交代すらあり得る。どこで妥協するかバランス感覚が難しい、とも言っておりました。

売れっ子の脚本家でも、シナリオを独学で勉強した人はこの基本中の基本を修めてへんで、勝手気ままに書いたり字が汚かったり我を貫いたりすることも多々あるそうですわ。そもそも体験学習に行った学校のコンセプトも、いわば人のセンスのみに頼る職人芸やった脚本という世界に、書き方の基本という理論をきちんと勉強すれば誰でも書けるんですよ、数千人に一人しか持ってないような超人的な才能なんて要らないんですよ、ということから始まったそうな。もちろん、その後に「本人の努力と勉強次第ですけどね」ということも、きっちりと加えられていることは言わずもがなです。

基本をしっかりということは、シナリオの世界に限らずどこの世界でも言えることやと思います。
外国語の世界でも、発音や基本文法、単語などの定石をしっかりしてないと、なんぼ勉強が進んでも土台がしっかりしてへん分なんか危なっかしい語学になってしまいます。
それを飛ばして、

「一刻も早くベラベラになりたい!」

と焦る学習者もおるけど、一外国語屋さんの経験上、基本をしっかりしておけば応用編の上達は早いんです。そして、その「外国語の定石」は、何語にも応用できます。

「どうしたら何ヶ国語も話せるようになるんですか?」

とは、外国語学習者さんからよく聞かれる質問には、

「一ヶ国語をビジネスで使えるくらいにマスターしなさい」

と答えることにしとるんやけど、その論理はここにあったりします。

せやけど、その「基本編」は反復練習の繰り返しやさかい、正直なところ面白くありません。語学によっては、ロシア語みたいにクソややこしい、迷宮のような文法もあります。そこで「や~めた」と投げ出す人が多いのも事実です。

「すぐにでも話せるようになりたい!」

と焦っちゃう結果、そうなっちゃうんやろうし、その気持ちはよ~~~~くわかるけど、そこは”耐え難きを耐え、忍び難きを忍び”の世界なのだよ明智くん。

そして、もう一つ目からうろこものなことは、そういうシナリオの定石は小説やエッセイなどの文筆にも十分応用できること。
小説にしてもエッセイにしてもコラムにしても、”スラスラ読めて読みやすい”という文章には、ある特徴があります。
それは・・・秘密です(笑
授業でこれを聞いた時、

「そうか!そういうことか!!」

と頭の中で何かがスパークするような感じがしました。プロの作家やろーが趣味で書いとるブロガーやろうが、「物書き」という根本は変わりがありません。
俺もブログを、休止期間も含めて通算で9年間書き続けとるさかい、本人が気付かん間に勘みたいなんが身について、講師の先生がふと言った一言が、ニュートンのリンゴのあれみたいに反応したんやろうと思います。これはブログにも十分応用できるぞと。
実は、この記事もそれをかなり意識して書いてたりするんやけど、わかるかな?ちょっとは文体が変わってるはずなんやけど・・・。
文章前と変わってへんやんって?(笑

授業自体は2時間やったんやけど、

「いやー、おもろいなー♪」

と時間があっという間に過ぎてまいました。
授業が終わった後、駅近くの喫茶店で授業の復習、というか走り書きで何書いてるか書いた本人もわからん字の清書のお時間となりました。
まるで今まで閉め切ってた部屋の窓を全開して、外の空気を一気に入れたような新鮮な感じが、授業が終わった後も身体の中に残りました。そして、授業の余韻で少し興奮してテンションがハイ気味な自分に気づきました。
シナリオうんぬんも授業を聞いてると面白いんやけど、何より俺自身が「書くこと」が好きなんやなーと再確認したんが、今回の体験授業最大の収穫かもしれません。
そして、しばらく放置しとった我がブログを、久しぶりに更新してみよう!やっぱし俺のホームタウンはここや!という結末に至ったわけです。
正直な気持ちをここに吐露すると、

「せめて3年前にこんな学校に気づいとったら!」

という、後悔に似た悔しい気持ちも否定はしません。
せやけど、松下幸之助はこない言うとります。

「『石の上にも三年』ちゅー言葉があるけど、それを1年に縮める努力も必要やで」

”三年”を”一年”に縮める努力を実行するには、血ヘドを吐くくらいの覚悟は必要やろうと思うけど、そこは血ヘドを吐くつもりでやってみんとあかんなと。

あと、もう一つ思ったことは、自分の夢や目標は自分の中だけに留めておくんも否定はせーへんけど、これはと思った信頼できる人に語ってみると、意外なところから道が開かれることもある、ということ。
もちろん、今後の”道”をどない創っていくかは今後の自分次第やけど、こう行けばいいさという道筋を示してくれる人生の方位磁石を得ただけでも、かなり今後の生き方が変わってくると思います。
もしかして、人生が180度変わるかもしれませんで~。

人のことガタガタ言うとる前に、まずは自分の生き方をどないかせんとあかんのやけどね(笑

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


よろしく!






blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

  • Author:BJのぶ
  • 大阪の道路を、黒いプリウスで変態燃費走行する、泉州が生んだとんだ変人・・・。

    その名はBJのぶ。

    BJとは「ブログジョッキー」、もちろん俺の造語です。「ブログジャンキー」じゃ決してございません(笑

    今日も明日も明後日も(?)大阪弁パワー全開!?
    ブログで暴走しまくるアホ~な俺を優しい目で見守って適当にかまって下さい(笑

最近の記事

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

プリウスリンク

プリウス関連のブログやサイトリンクだす
プリウスオーナーの方のリンク追加もお待ちしとりまっせ!

プリウスマニア

プリウスライフ

PRIUSな日々 SNS

みなさんの燃費

1000マイルクラブ

お茶処 プリウス(仮)

PRIUSなomiidon

trumprius

プリウスとポプリの気ままな日々

ポプリとプリウスの気ままな日々~ジオログのページ

プリウスな日々

kamesan's Prius

【ユウ】のプリウスとPCとラーメンの日々

Pearl PRIUS(まおたろーはん)

EPV's Hybrid dream

歩けとサイクリング(nobuはん)

PRIUS,PRIUS.com

ごゆるり☆ECOlife(saiはん)

中影(あかかげ)の PRIUS 燃費とFAQ

Priki Diary

PRIUS People

プリウス界の市街地燃費帝王へのいばらの道

プリウスコミュニティ岡山

ぷりうす燃費記録帳

のんびりプリウス日記

Prius DIY

プリウスいじりの間(めいたはん)

ぷるプリ(静@新潟ご夫婦はん)

ほぼ休止中なプリウス雑記(椎茸はん)

プリウス オフ会回想(ドラエもんはん)

バサラとプリウスな日常

g-mon

靖柳庵HP(靖柳庵はん)

PRIUSへの道程

ほどほどの日記(Take@志摩はん)

知らんPri(sasa@盛岡はん)

ショコラの別荘

【あん。ぶろぐ】

鏡華水月(かぐらはん)

プリの助のハイブリッド日記・・・と趣味の部屋

HV乗りのConiの雑記

えんじょいマリウス

プリウスでGO!GO!(仮)

キューのつれづれなるままに

花とプリウスと・・・(プリキはん)

赤い彗星My PRIUS Life

ぶろぐNAO-TOMATO

ブロとも申請フォーム

ナイト2000

■■■■■■■■■■■■■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。