スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた遊郭・赤線の跡をゆく 飛田遊郭&山王番外編

前回、2回に分けて「飛田遊郭編」を書いたんやけど、
あれからあれこれ調べとったら、ブログに書いてみよーかなー、って言う材料がまた見つかりました。
ホンマは既に書いとるブログにこっそり補足しとこかなーと思ったんやけど、
それももったいないなーと思って別に書くことにしました。
まあ、今回は身の毛もよだつ統計書の数字とかは出てこえへんさかい、気軽な気持ちで読んでくんなはれ(笑

先日、ちょっと天王寺に行く用事があった上に、予定がすんなり終わって時間が余ったさかい、
「飛田&あいりん地区の再再再再再調査(?)」
にでも行ってくることにしました。
今度は、図書館でGETした昭和35年の、飛田新地も含む西成区住宅地図を片手に。

12012901

天王寺に出来た「キューズモール」っちゅーショッピングモールです。
いやー、かなりデカい!いつの間に天王寺にこんなん出来てたんやろ?
天王寺は素通りとは言え毎日通勤で通っとるのに、最近までこんなん出来てたとは知りませんでしたわ。
「大阪府民」と名がついたとんだ田舎者のBJのぶです(笑

で、最近出来たらしいキューズモールの裏手には、再開発されたマンション群が立ち並んどります。
キューズモールの喧騒はどこへやら、マンション群はシーンと静まり返って人もあまり見受けられません。
というか、公園に人一人遊んでへんし。
なんぼ平日の昼間言うても、子供とそれを囲むママくらいはおるんちゃう?と思うんやけど、
静かというよりゴーストタウンやなこれじゃ(汗

とブツブツリアルツイッターしながらマンション群の奥に分け入ると、
そこには一段土地の高さが下がった区画があります。
そこが飛田新地。
前にも書いたけど、飛田新地の東側は「上町断層」という断層の関係で数メートル以上盛り上がっとります。
どれくらい下がってるか言うたら、マンションの地面部分が飛田新地の中の建物の「2階」部分になっとるくらいで、
それが新地東側の「嘆きの壁」になっとります。
つまり、そこは「天然の壁」になっとるわけで、そこが大阪市西成区と阿倍野区との境目ともなっとります。
というか、天王寺駅から飛田新地まで、歩いても全然行ける距離やん。

せやさかい、「嘆きの壁」の上から飛田新地を見たら、視線が2階になるわけで、

12012902

こんな写真やったら「嘆きの壁」の上から余裕で撮れたりします。
さすがに「安全圏」から撮ってるさかい、特に注意されたりはしません、通りすがりからは「何やってんねん?」と変な目で見られるけどそこは気にしたもん負け(笑
せやけど、思いっきり壁の上から覗いてカメラ向けたら怒られるかもしれへんさかい、そこは自己責任でお願いしまーす。

今はきれいさっぱり整備されてしもた、昔のカオスの面影なんてどこにもない、
飛田新地の旧東門から飛田新地を見てみたら・・・

11092432

こんな風景が広がります。
眼の前の、緑で塗った道はもちろんかつての「飛田銀座」こと大門大通り。
この道の両側に、昔は大小様々な建物が並んどったと言います。せやけど、それは今や写真でしか確認できまへん。

で、この写真にちょっと修正してみたら。。。




12012903

実は、『全国女性街ガイド』にも「代表的な店」に挙げられとる、「日の本(楼)」と「世界(楼)」はここにありました。
今はご覧の通り建物はなく、工場と駐車場、民家になっとります。どーも当時の面影は全く残ってへんみたいですわ。
写真じゃよーわからんかもしれへんけど、跡地2軒分はかなりデカい敷地で、「日の本」と「世界」がかなりデカかったことが、跡地を見てもわかります。


で、その左を見たら、

12012904

駐車場跡の半分くらいが昔の住所の「山王4丁目23番地」でした。
「山王4丁目23番地」いうたら・・・
消えた遊郭・赤線の跡を訪ねて 飛田遊郭編 その1で書いた、阿部定事件の安倍定が一時期おったという、戦前の飛田遊廓でもナンバー1クラスの大妓楼「御園楼」があったとこで、昭和20年代前半の住宅地図と、昭和16年の電話帳に書かれた住所と比べたら、だいたいこれくらいの敷地でした。
バックに控えとる「百番」と比べてみたら、「御園楼」がいかにデカかったかがわかると思います。

で、明治時代からの新聞の遊廓関連記事を丹念に探すっちゅー、気が遠くなりそーな作業をコツコツやっとったら、
「御園楼」にまつわるある事件が見つかりました。


モルヒネを注射して娼妓二名を殺し自殺
予備少尉の料理屋の息子が勤務演習の帰りに


静岡県沼津市の料理屋の息子向笠定吉(23)は29日午後3時頃、
飛田遊廓御園楼武藤重治方へ登楼、飯田きく(22)横浜出身と柳川ふじ(22)の両名を挙げて遊興したが、
30日午前3時頃定吉は二人にモルヒネ注射をした後、匕首(あいくち)で喉を突き刺して即死させ、
自分も心臓を突き刺し自殺を企てたが死にきれず病院へ収容。
娼妓二名は震災(※関東大震災のこと)で横浜をのがれ、沼津で芸者となった時にきくと定吉が出会ったが、
恋仲となった二人の結婚を親が許さずきくが大阪に行った後もしばしば会っていたが、前途を悲観しきくの妹分のふじも同情して三人の合意心中となった。

大正15(1926)年8月31日 大阪朝日新聞より



こんな遊廓をめぐる心中事件はそこそこ見つけるんやけど、
大正15年は12月25日、つまりクリスマスに大正天皇が崩御して「昭和元年」になる年、
阿部定が飛田の御園楼に流れつくんは昭和2年のことやさかい、この事件は彼女が飛田に来る前の年に起こった事件ってことでもあります。

そして、当時の絵葉書から当時の「御園楼」の写真を拝借してきました。

12030119

12030120


昭和初期の写真らしいけど、かなり贅を凝らした建物やったことがわかります。
で、この写真から推定できることは、俺がたまたま撮った上の「御園楼」跡写真と、絵葉書の写真って似たような方向から撮っとるんちゃうか?ということ。

12030121

つまりこーゆーことで、
写真の撮影方向(たぶん東門から撮ってる)と、「御園楼」の裏手(駐車場の向こう側)にゃ道がなかったさかい、これは間違いないかと思われ。
偶然とは言えなかなか素晴らしい。

そして、日を改めて、「御園楼」の正面写真と同じ向きと思われる方角から写真を取ってみました。

12070901

この駐車場の角が少し取れとることから、ここがかつての御園楼の正面やったってことは確かやと思います。


11092426

大門通り沿いにゃ、こんな建物も残っとったりします。
構造と建物のボロさ・・・失礼、古さから見たら戦前からの生き残りの建物みたいやけど、
ここは戦後は「別館一番」と言われた所で、側面は実は「現役」の店で違う名前やけど、この面の勝手口(?)には「別館一番」という看板がまだ残っとります。



で、前のブログで載せた

11122103

11122104

赤で着色された、人呼んで・・・ちゅーか俺が勝手に言うとる
シャア専用
なんやけど、看板を見たら「梅ヶ枝」と書いとります。
この「梅ヶ枝」の名前は昭和5年発行の『全国遊廓案内』にも「梅ヶ枝楼」として書かれとって、昭和8年発行の『上方』ちゅー雑誌に書かれた「飛田遊廓の沿革」にも「廓内におけるモダンな設備を整へた妓楼」として紹介されとる、古くからある店でもあります。
「梅ヶ枝楼」は繁盛しとったらしく、「飛田遊廓の沿革」には「第二梅ヶ枝」「第三梅ヶ枝」と、飛田遊廓内に「支店」があったことがわかります。
「シャア専用」が本店やったんか、それとも「第二」「第三」のどっちかやったんかは知らんけど、
戦後の飛田新地の業者転業地図にも、昭和35年の地図にも「梅ヶ枝」はここ「シャア専用」だけやさかい、
おそらくここは「本店」の方やったんちゃうか、と推定できます。


12012905

見た限り普通の居酒屋みたいやけど、
これも「生き残り」の一つで、戦前は「大和楼」という、けっこう大きな所やったよーです。
戦後は「東大和」って名前で営業を続けとって、昭和35年の地図やと「スタンド大和」って名前で料理屋になっとることがわかります。

12012906

この建物をよ~~~~く見とったら、なかなかおしゃれなステンドグラスが隠れとったりします。
ステンドグラスは大正時代に流行った装飾やけど、もしかしてこれも古くからの生き残りかもしれませんな。
それか、戦後の赤線時代の建築か!?
せやけど、看板を見たらここも「百番」なのねん(笑
「鯛よし百番」ほどのきらびやかさはないとは思うけど、いちおう居酒屋やさかい「客」として入ったらもしかしてもしかして、何か残ってるかもしれへんかも!?今度はここでオフ会してみる?(笑
「鯛よし百番」と比べてどうも敷居は低そうやさかい、今度一人で偵察に行ってみるか。



12012907

消えた遊郭・赤線の跡を訪ねて 飛田遊郭編 その2でサラリと書いた「大榮」の建物です。
となりにあった「吉田屋」は見事に消えてなくなっとるけど、ここはリフォームはされとるもののちゃんと残っとりましたな。
「大榮」(「だいえい」と読みます)は昭和29年の電話帳、昭和35年の地図にも載っとって、写真見たら何となく「赤線建築」の面影があったりしますな。
で、玄関を見てみたら、

12012908

まだ「大榮」の残骸がこんなとこに残っとりました。


ここからは、飛田新地を離れて山王地区の方へ向かいます。


12012909

これは別に遊郭や赤線とは関係ないんやけど、
昭和35年の地図にも「平松商店」って書いてたさかい、古くからある建物ってことで。


11091324

消えた遊郭・赤線跡を訪ねて 大阪一DEEPな所編で、
「一見ふつうの家なんやけど、ベランダの作り方がやけに「あやすぃ」。」
と書いた家なんやけど、昔の地図にゃ「スタンド八千代」と書かれとりました。
ここあたりは「スタンド」が集中しとる地帯でもあったんやけど、飛田新地も売防法施行後は「スタンド」に名前を変えたとこが多いさかい・・・なるほど、俺の直感はまんざらでもあらへんかったみたいやな♪


12012910

これも同じとこで紹介した、あいりん地区の片隅に眠る戦後カフェー建築風の建物です。
ここも地図と比較したら「スタンド」やったみたいで、今の「オーエス劇場」は「浪曲劇場」と書いてあって、そこに集まる客相手の「スタンド」やったみたいでんな。もちろん、売防法施行以前は何しとったかは知りません。


それにしても、普段長たらしいブログばっかし書いてるせいか、
こんなに「短い」のを書いてあっさり終わらせたら、何か気持ちが悪いよーな気がする(笑

※このブログが参考になったり面白いと思ったら、立ち去る前に
↓の「拍手」を押してくれたら幸いですm(__)m

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: 取り壊し
>典雅さん

コメントが遅くなって申し訳ありませんm(_ _)m

> 北門近くの居酒屋三丁目百番が取り壊されて、更地になっています。

先週に確認したら、ホンマに更地になってました。
これやったら一回でも行っときゃよかったです。
  • 2014-06-23│20:45 |
  • BJのぶ URL│
  • [edit]
取り壊し
北門近くの居酒屋三丁目百番が取り壊されて、更地になっています。
  • 2014-05-10│10:25 |
  • 典雅 URL│
  • [edit]
Re: 梅が枝
>名無しさん

このブログ、名無しで書き込みするとこんな名前になるさかい、気をつけて下さい(笑

貴重なコメントおおきにですm(_ _)m
ということは、1980年代までは営業しとったってことですな。
あの造りを見たら、「玄関が奥まっていてやけに広く」という記述もあって赤線風のホールになっとったんですかね?
今は主不在みたいですけど、一度中に入ってみてみたいです。
30分分の料金払うから、ヤラんでええから写真撮らせてって(笑
  • 2012-08-03│00:07 |
  • BJのぶ URL│
  • [edit]
梅が枝
1980年代 飛田最強の化け物屋敷であった
一度だけ色っぽいばあさんに上がったことがあります。
玄関が奥まっていてやけに広く、部屋は相当年季のはいった感じでした。
  • 2012-08-02│22:05 |
  • 名を名乗れアホ URL│
  • [edit]
Re: 日本橋の青線跡
>たかしさん

布施の情報の他に、なんばの情報も合わせておおきにですm(_ _)m
阪町って昔の「五花街遊郭」の一つやけど、なるほど、戦後も青線として残ってたみたいですね。
なんばは仕事場に近いさかい、時間があり次第調査してみます。
布施新地も含めて改めて情報おおきにでした~。
  • 2012-06-27│22:42 |
  • BJのぶ URL│
  • [edit]
日本橋の青線跡
ノブさん、布施に続いて日本橋の情報です。
日本橋の旧町名で言う阪町に青線跡が残ってます。
千日前通りの月光仮面ラーメンを心斎橋側に入る路地と相合橋の丸福コーヒーを難波側にはいる筋の コノジの路地の二ヶ所大阪プロレス裏がそうらしい
かつて戦争未亡人が春を生業にしていて未亡人通りと呼ばれていたらしい。
ここも布施の寿三郎横丁と同じくコノジ型、中に公衆便所まで付いています

お店の方から教えて貰いました
  • 2012-06-23│23:07 |
  • たかし URL│
  • [edit]
僕が知る限りでは
布施の青線は昭和63年前後の花博前の取締りで壊滅しました。最後の方は寿三郎横丁のコノジの出口におばさんがパイプ椅子に座ってて怪物が出てくる青線で有名でしたが。ながい間あった青線だけに 場所の変遷はあったかも。北側のスナック街と浅草観音の辺には臭い建物満載です。そして今はあるかどうかわからないですが北側の外れに赤い看板で歓楽街という表示でただの民家に成ってる所もそうじゃないかな
  • 2012-06-18│04:32 |
  • たかし URL│
  • [edit]
Re: 布施のアオセン跡続き
たかしさん

コメントおおきにですm(_ _)m

> 愛染小路も浅草観音もボロボロですが斜めに切った玄関やタイル張りが残ってます。

おお、これは早速行ってみます。
布施は近いから「まあ今度でいいか・・・」と思ってしまって後回しにしてましたが、次の休み晴れてたら早速調査を。
  • 2012-06-17│00:34 |
  • BJのぶ URL│
  • [edit]
布施のアオセン跡続き
愛染小路も浅草観音もボロボロですが斜めに切った玄関やタイル張りが残ってます。
  • 2012-06-16│16:30 |
  • たかし URL│
  • [edit]
布施のアオセン跡
布施は浅草観音近くと愛染小路にアオセン跡がのこってます。30年くらい前までやってましたが
  • 2012-06-06│22:31 |
  • たかし URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012-02-06│14:38 |
  • [edit]
Re: こんばんわ
>有紗さん

有紗さんも大阪府民でしたか(^^)
天王寺はちょっと前まではとんだ田舎でしたけど、ここ数年の発展はすごいですね~。
もう田舎とは言えません(笑


> 昔の地図とか見たかったらやはり、館員の方に聞いた方がいいですかね?

大阪府立図書館の中之島の方は、来る人がマニアックなんで図書館の司書の人も知識が肥えててかなりマニアックな要望(傍目から見たらとんだわがままかもw)も聞いてくれますよ。
並みの図書館は「遊郭の資料」って言ったら、まずは「遊郭とは何ぞや」から説明しないといけないけど、ここは「どこの遊郭ですか?松島ですか?新町ですか?堀江ですか?」とか逆に質問されるくらいですから。
昔の地図でも、「昔の大阪の地図」って曖昧に言わず、「明治何年から大正何年くらいの、今の大阪市の何々区のどこそこ地区の地図」って細かく言った方が向こうも探しやすいみたいです。ブログで資料にしてる地図とかも、自力で探した昭和35年の住宅地図以外はめちゃくちゃ細かい要求をして、館員と二人で頭ひねりながら探してくれました。
なんで、容赦なく・・・やなくて遠慮無くマニアックな質問をしてみましょう(笑
あとは、俺も最近行き始めたのですが、大阪市立中央図書館3階の「調査部」もけっこう本気で調べてくれますよ。
  • 2012-02-02│00:54 |
  • BJのぶ URL│
  • [edit]
こんばんわ
また、コメントしました(^o^)
キューズモール大きいですよね!私も大阪に住んでいるんですがやはり天王寺は都会だなと思います。
この前のコメント、丁寧なお返事ありがとうございます!今度時間があれば早速図書館に行こうかと思います。昔の地図とか見たかったらやはり、館員の方に聞いた方がいいですかね?
昔の遊郭の生き残りを見るとテンション上がります(笑)ここにも、こんな歴史があったんだなぁ、と思います。次のblogも楽しみにしています(o^v^o)
  • 2012-01-29│19:46 |
  • 有紗 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


よろしく!






blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

  • Author:BJのぶ
  • 大阪の道路を、黒いプリウスで変態燃費走行する、泉州が生んだとんだ変人・・・。

    その名はBJのぶ。

    BJとは「ブログジョッキー」、もちろん俺の造語です。「ブログジャンキー」じゃ決してございません(笑

    今日も明日も明後日も(?)大阪弁パワー全開!?
    ブログで暴走しまくるアホ~な俺を優しい目で見守って適当にかまって下さい(笑

最近の記事

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

プリウスリンク

プリウス関連のブログやサイトリンクだす
プリウスオーナーの方のリンク追加もお待ちしとりまっせ!

プリウスマニア

プリウスライフ

PRIUSな日々 SNS

みなさんの燃費

1000マイルクラブ

お茶処 プリウス(仮)

PRIUSなomiidon

trumprius

プリウスとポプリの気ままな日々

ポプリとプリウスの気ままな日々~ジオログのページ

プリウスな日々

kamesan's Prius

【ユウ】のプリウスとPCとラーメンの日々

Pearl PRIUS(まおたろーはん)

EPV's Hybrid dream

歩けとサイクリング(nobuはん)

PRIUS,PRIUS.com

ごゆるり☆ECOlife(saiはん)

中影(あかかげ)の PRIUS 燃費とFAQ

Priki Diary

PRIUS People

プリウス界の市街地燃費帝王へのいばらの道

プリウスコミュニティ岡山

ぷりうす燃費記録帳

のんびりプリウス日記

Prius DIY

プリウスいじりの間(めいたはん)

ぷるプリ(静@新潟ご夫婦はん)

ほぼ休止中なプリウス雑記(椎茸はん)

プリウス オフ会回想(ドラエもんはん)

バサラとプリウスな日常

g-mon

靖柳庵HP(靖柳庵はん)

PRIUSへの道程

ほどほどの日記(Take@志摩はん)

知らんPri(sasa@盛岡はん)

ショコラの別荘

【あん。ぶろぐ】

鏡華水月(かぐらはん)

プリの助のハイブリッド日記・・・と趣味の部屋

HV乗りのConiの雑記

えんじょいマリウス

プリウスでGO!GO!(仮)

キューのつれづれなるままに

花とプリウスと・・・(プリキはん)

赤い彗星My PRIUS Life

ぶろぐNAO-TOMATO

ブロとも申請フォーム

ナイト2000

■■■■■■■■■■■■■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。