のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■我、鹿肉を食らふ

最近、遊郭の話ばっかし続いとるさかい、たまには趣向を凝らして(?)別の話を。

「鳥取県の遊郭・赤線跡を訪ねて一人ツアー」の帰りに兵庫県の佐用郡ってとこを通ったんやけど、
一般道をのんびり走行しとったら、道の駅でふと

「鹿肉」

って看板を見つけました。
牛肉とか豚肉やったら完全スルーやし、それ以前に珍しくもなんともあらへん。わざわざ看板に書くこともあらへん。
せやけど、「鹿の肉」ってこれは珍しい。
別に腹減ってたってわけでもあらへんかったんやけど、「鹿肉」が俺の好奇心を妙にくすぐる。
腹減ってへん葛藤と闘うこと数秒(←短)
「とりあえずネタや!」
と持ち前の大阪人精神好奇心で食べてみることにしました。

場所は兵庫県西部と鳥取県を結ぶ国道373号線上にある

「道の駅 宿場町ひらふく」

ってとこ。
中国自動車道の佐用ICを降りてR373を北の方向(鳥取の方向)へちょっと進んだところであります。
外観は特に何の変哲もあらへん、ごく一般的な道の駅なんやけど、
とにかく「鹿肉」がここの特産なんか、やたら「鹿肉」が目に付く。
他に黒豆の加工品やコンニャクを使った料理が名物みたいやけど、俺の頭の中にゃ「鹿肉」しか思い浮かばん。
まるでサブリミナル効果のよーや(笑

で、車を駐車場に止めていざ道の駅の中にある食堂へ。
ちょうど夕食前の時間か、食堂は人もまばらで俺の貸切状態。
座った席にゃメニューがあったけど、俺が目指すは「鹿肉」のみ(笑
どうも鹿肉を使った「しかコロッケ定食」があるらしゅーて、よしそれにした!とオーダーしてみました。

* * *
で、お食事の前にちょっと鹿の肉についての物語を。
っても日本のことやないんやけど(笑

鹿肉を英語で

venison

って言うんやけど、たまたまそれを知った時は「鹿肉なんか一生食えへんし~」ってスルーしとったものの、コロッケとは言うても生きてる間に食うことになるとは・・・人生どうなるかわかりませんな(笑

ちなみに、鹿肉はvenisionやけど鹿自体はdeer
何で生きてる鹿と肉で全然違う単語になるん?と疑問に思いません?
そうなってるんやからそうなんや!!と言われたらそれまでやけど、これにゃちゃんと「歴史」があるんです。
英語がどのようにして変化して今の英語になっていったんか、英語の歴史を調べとると必ずぶち当たるのが、11世紀にあったノルマン・コンクエスト。
舌噛みそうな名前やけど、これはフランスのノルマンディーって所を領地にしとったフランス貴族がイギリスを攻めて当時イギリスにあった王国を滅ぼして占領しちゃった出来事です。
これによって支配階層の公用語がフランス語になって書き言葉はフランス語と教会のラテン語のみ、英語は被支配階層、つまり下層社会での話し言葉になってしもて、このノルマン・コンクエストによって英語は書き言葉としてはいったん絶滅してしまいました。
今や「国際共通語」として猫も杓子も勉強しとる英語も、「絶滅危惧種」になって死語になるくらいの危機があったわけなんですわ。
そして、上流社会のフランス語をしゃべる貴族は肉を消費する側になって、支配される方になったイギリス人は肉を生産する側になって、単語も二つに別れてしもたわけなんです。

更にこの時期に大量に入ってきたんがフランス語。
このフランス語が英語に与えた影響はかなり大きく、現代英語からフランス語が語源の言葉を抜いたら言語として成立せーへんよーになる、と言われるくらい今の英語にも根強く残っとります。
英語って単語(語彙)の数は世界の言語でも有数の多さで(世界一という説も)、これが日本の受験生泣かせの原因でもあるんやけど、
英語の固有語にフランス語の単語が大量に入ってきて、仏語に駆逐されて「死亡」した単語もいっぱいあるんやけど、
しぶとくフランス語と共存した単語もいっぱいあります。
英語が受験生泣かせなのは、「同じ意味の単語が3個も4個もある」ということで、たとえば「汗」はsweatとperspirationがあるけど、前者は大昔から英語にあった単語、後者はフランス語から入ってきたもんで、お互い仲良く現代英語で共存して、日常会話でも2つ覚えとかんとあかんのが厄介なとこです。
これも、すべてフランス語や15世紀くらいから始まったルネッサンスなどでラテン語やギリシャ語をベースにした造語が大量に出来た影響やったりします。

第二次大戦中、イギリスの首相チャーチルが国民に向けた演説は、ドイツに毎日空襲を受けて気分が萎えとったイギリス国民を奮え立たせたそうやけど、
それは何故かというと、チャーチルはフランス語由来の単語をできるだけ抜いて、英語固有の単語を使って簡単かつ的確にメッセージを伝えたからだそうな。
要するに、チャーチルはドイツの空襲に怯える国家的危機に対して、イギリス人の民族的DNAを奮い立たせた一つが「敢えて英語固有の言葉を使った」ちゅーこと。
同じく第二次大戦中、日本軍にフィリピンを追い出されたマッカーサーが残した"I shall return"って言葉があるけど、
これがもしチャーチルなら"I shall come back"と言ってただろう、と誰かが言うとりました。
"return"も"come back"も同じ意味なんやけど、前者は仏語由来の単語で後者は英語固有の単語を使った熟語、
イギリス人に言わせたら、日本語にも「漢語」と「やまと言葉」があるけど、英語にもそれがあって仏語由来の言葉を連発すると格好つけとるっちゅーか、お硬い感じになるそーです。
"I shall return"と"I shall come back"とは、日本語で言えば「私は絶対帰還する」と「私は必ず戻ってくるぞ」の違いかな。

つまり、venisonはフランス語由来の言葉でdeerは昔から英語にあった言葉というわけなんです。
これは鹿肉だけやありません。
よーく考えたら・・・「牛」はox/cowやのに、「牛肉」になったらbeefですやろ?これも何気に使ってるけどおかしいっちゃおかしい。
理由は上のとおりで、"ox"や"cow"は英語の固有語、"beef"はフランス語から来た言葉やからです。

★豚:swine / pig 
 
●豚肉:pork



★羊:sheep

●羊肉:mutton


も同じ理由で分かれとります。
「鹿」の"deer"の方は、1000年前の英語の元の意味は「獣類」「動物」一般を指す言葉やったらしゅーて、何でそれがわかるかと言うたら、英語とは「血がつながった兄弟」のドイツ語を見たら、"Teer"という言葉があって、それが昔の英語と同じ意味を今でも持っとります。
で、ノルマン・コンクエスト後はフランス語から"animal"(動物)とか"beast"(獣)って言葉が入って「動物」って言葉を持つ「イギリス版やまと言葉」の"deer"を追い出して死語寸前にまで追いやられたものの、数百年の流浪(?)の末、"deer"さんは「鹿」という意味に安住の地を得て現在に至ります。
一つの単語を取ってみても、そこには「庇を貸して母屋を取られる」的な歴史が隠れとって、"deer"はまだ安住の地を得て生き残ったさかい幸せな(?)方やけど、そのまま死に絶えて大昔の文章の中にしか残ってへん、化石のよーな単語もいっぱいあります。
そんな死語は「兄弟」のドイツ語とかオランダ語とかに残ってたりして、語学の勉強しながらこういう比較言語学なことや歴史学的なこと勉強しとったら、外国語の勉強ってめちゃおもろいと思います。
特に、英語は人間で言うたらかなり波乱万丈な人生を送っとるさかい、調べてみたら英語がかなりおもろなると思います。

たかが英単語でもこんな感じで歴史を知ったら面白いですやろ?こないして英語教えていったらめちゃ楽しいと思うんやけどな~(笑


さて、長たらしいうんちくが終わったとこで(笑


11083001

やってきました、「鹿肉」が!!
ご覧のとおり、見た目は何のひねりもない、そこらへんの食堂にもありそーなただのコロッケなんやけど・・・


11083002

中も特になんのひねりもない(笑
せやけど、味はけっこう個性的でした。
ジューシーっちゅーか、ちょっと脂がのってるっちゅーか、ちょっと臭みがあるっちゅーか、とにかく「普通の肉とはちゃう」ことはわかりました。
中国で犬の肉を食った時ほどの臭みと衝撃はないんやけど、鹿独特の(?)臭みみたいなのは感じました。
とにかく鹿の肉は食うの初めてやさかいなんとも言えんのやけど、明らかに牛肉や豚肉とはちゃう、少し塩っぽい味を感じました。これが「鹿肉の味」か?

正直、「めちゃうま!」って程やなかったんやけど、
鹿の肉ってなかなか食える機会はないさかい、ええネタにはなりましたわ。
ここあたりに寄ることがあったら名物「しかコロッケ」でもいかがでしょうか?

で、出来た日記を改めて冷静に見てみたら・・・

本題よりうんちくの方が長いやん!

これを「本末転倒」とでも言ふのでせうか?(笑
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

コメント

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/853-6dfee728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。