のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■今の日本人に足りないもの

もうすぐ4月、春の桜のシーズン、
もう冬も終わりに近づいてきました。
そろそろ「冬眠」を終えて目ざめつつあるBJのぶです。

1万円札こと福澤諭吉の『学問のすすめ』の初っ端にある、

『天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず』

って言葉があります。
これはめちゃ有名、ちゅーか有名すぎて言葉だけが独り歩きして誤解されとるんやけど、
実はこの後にこういう言葉が続きます。

『と云(い)へり』

つまり、正しくは「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず、と云へり」なんであって、
ほな『云へり』ってどういう意味やねん?というと、
「~と世間一般では言われている」「と誰かが言った」的なニュアンスで、
『天は人の上に~』は福澤諭吉が作った言葉やないんです。ここが誤解その1。
この言葉の元ネタはアメリカの独立宣言の起草文らしいです。

で、『天は人の上に~』だけやと福澤諭吉は「人間はみんな平等やで~」って言ってるよーに思えて、実際にそう思われとるフシがあります。
更にはそれを悪用して「福澤諭吉がこない言うとるんやから間違いない」と葵の御紋を突きつけて平等主義を強要する輩までおる始末。戦後日本の悪平等もこれが原因かもね!?
でもちょっと待った!『学問のすすめ』をちょっとでも読んだ人やったらお馴染みやけど、これにゃ続きがあるんですわ。
『天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らずと云へり』の後をちょっと略して意訳したら、

「でも、実際は金持ちもいたら貧乏人もいる、頭がいい人もいればバカもいる。それって何で?」

と読者に問題提起しとります。
福澤諭吉大先生はその答えを、

「それは学問する人としない人との違いである」

(※原文は「賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとによってできるものなり」)

ストレートかつ簡単に断言しとります。
その後に、

「確かに、オギャーと生まれた時には平等である。しかし学問をしてしっかりと物事の分別がついた人は社会的地位も高くなり金も集まってくる、学問をしない人は一生貧乏で社会的地位も低い、ということだ」

と、また耳の痛いことを書かれとります。

『学問のすすめ』を書いた少し前の江戸時代は身分が固定されとって、武士に産まれたら武士、農民に産まれたら農民にしかなられへん時代でした。
まあ、実際は金とかで身分を買うことは出来たし、渋沢栄一みたいに農民として生まれたけど武士として登用された例もあるんやけど、
普通は足軽の子供は一生足軽として生き、福澤諭吉のお父さんも学者肌の武士やったけど、中津藩という小さい世界に縛られて一生を終えました。
そもそも福澤諭吉の下の名前も、『上諭条例』という中国の珍しい書物を手に入れて喜んどったところに、男の子誕生って知らせが届いてその書物から一字を取って『諭吉』にしたってくらいやさかい、
生きてたんがもう1世代後やったら、それなりの学者として活躍できたやろうに、と思います。
せやさかい、本人は無能の愚人やのに、父親が家老やから家老になるという門閥制度はひどく憎んでて、「私のために門閥制度は親の仇でござる」と1万円札の自伝の『福翁自伝』に書かれとります。

せやけど、江戸幕府が潰れて明治になり、すべてが180度変わった大変革の時代、
「親の仇」とまで言うとった門閥制度がなくなって、タテマエ上は武士やろーが農民やろーが商人やろーが自由に出世できる時代になりました。
「これからは自分で勉強したら金持ちにもなれるし学者にもなれる、政治家にもなれますよ。自分次第で何にでもなれますよ」
とこれからの若い世代を叱咤激励したんが『学問のすすめ』で、『学問のすすめ』って日本人が書いた日本初の自己啓発書+ハウトゥー本やったんです。
そして、『学問のすすめ』は当時の若い人の心を揺さぶったんか当時で300万冊も売れたと言われとって、日本初のミリオンセラーでもあります。
当時の300万冊は今の人口と識字率で言えば軽く1000万冊は売れたよーな感じ、今の現代語訳とかも入れたら、150年通算でリアルに1000万冊はいってるんちゃうんかな?

で、あまりに売れたために海賊版が日本国中に出まくって、日本人のモラルのなさに激怒した福澤君、英語の「コピーライト」という言葉を『版権』って漢字に翻訳して、「著作権」の概念を輸入して広めました。
日本は世界有数の著作権のうるささやけど、そもそもは福澤諭吉が導入したものでもあります。
せやけど、福澤諭吉の言葉を逆読みしたら「勉強せーへんとアホになりますよ。バカ呼ばわりされても、給料低くても、受験で志望校落ちてもあんた本人の責任やからね」とも言うとるわけで、
最近巷に出てきた「自己責任」を150年前に言うとることがわかります。
さすが諭吉、伊達に1万円札の顔にゃなってない(笑

そう言うと、人は顔を真っ赤にして怒ってこない言います。

「自分は生まれつきアホやから」
「勉強したくてもお金がないから家(親)のせい」
「勉強するヒマがなかった」

とかなんとか、出てくるのは言い訳ばっかし(笑
まあ、昔の俺もそーやったんやけど、これは努力していったら解決出来る問題で、1万円札もそこは「甘ったれんじゃねーよ!」と『学問のすすめ」で叱咤激励しとります。
福澤諭吉が一生言い続けとった言葉に、

『独立自尊』

があります。
福澤諭吉の戒名が「大観院独立自尊居士」で、「これが先生にふさわしい」と塾生が考えたもんなんやけど、明治政府や旧中津藩から慶應義塾に資金援助があっても「要らん!」とお断り、
「日本初の授業料制度」「教師を雇う金がないから塾生同士が教え合う『半学半教』の制度」を自分の頭で創作して廃塾の危機を何度も乗り越え、
国の世話になんかならん!と終生「私」を貫いた福澤諭吉らしい哲学です。
これは俺の座右の銘でもあるんやけど、オレ流解釈やと、

「独立」:
自分の確固たる考えを持つ。確固たる考えを持つと「個人の共和国」が成立して他人に振り回されず、自分のことは自分で判断して解決出来る能力を持ち、他力本願にも運命論者にもならない。


「自尊」:
自分に自信を持って自己を確立する。自己を確立した人間は他人も大切にする。また、普段は人に寛大だが自分の尊厳を侵害された時には断固として正義を貫く勇気を持つこと。


なんやけど、諭吉さんが作った学校、慶應義塾のHPに見る「公式解釈(?)」は、

「独立自尊」
「独立」は権力や社会風潮に迎合しない態度、「自尊」は自己の尊厳を守り、何事も自分の判断・責任のもとに行うことを意味し、これは慶應義塾の教育の基本です。



ちゅーことで、まあ言わんとしとることは大して変わらんか!?(笑
『学問のすすめ』では、

「独立する気のない者は必ず人に頼る。人に頼る人は人を恐れる。人を恐れるものは人にへつらう。人にへつらうことに失敗すると今度は人を攻撃し始める」

とあり、まあどっかで誰しも経験したことがあることやないでしょうかね?
福澤諭吉は「国の独立には、まず国民個人が『独立』しないといけない」と主張しとって、「自分の運命は自分で切り開く。人や周囲のせいにするな」ということを、これまた150年前に言うとったんですわ。

その「独立自尊が出来る人」を、ずっと後の慶應義塾の元塾長、石川忠雄氏はこう解釈しとります。

1.人を頼りにせず、自分で考え、自分で判断し、自分で実行できる人であること。人の意見をしっかり聞くが判断は自分で行うこと。自分で判断できるためには高い見識が必要だが、それを身につけるのが学問である。

2.自分で考え、実行するのであるから、その結果については自分が責任を負う人であること。他人や社会に責任転嫁しないこと。

3.他人に対して思いやりのある優しい心を持った人であること。
 心の強い心は、優しさに裏打ちされていなければ、「唯我独尊」になり、単なる傲慢である。

4.そのような自分を大切にし、自らを尊重する人であること。自分を卑しめることも、他の人を卑しめることはしない。



* * *
まあ、「学問したら賢くなって独立もできる。ほな学問って何?」って疑問が出てくることでしょう。
福澤先生はやさしい、ちゃんとその答えも用意しとります。

「学問」って何も机にかじりついて本と格闘することってイメージがあるけど、何もそんなことやのーて、
むしろ福澤諭吉はそれを否定しとります。
「学問=勉強」ってことにゃ変わりはないんやけど、ただ勉強したらええってことやのーて、学問でも

『実学』

をせよ、と言うとるわけです。
また難しい(?)言葉が出てきたけど、実学とは何ぞや?
「実学」って「実際に役に立つ学問」って単純に解釈しそうやけど、これは半分は当たり。
『学問のすすめ』でも、「和歌とか哲学とかより、そろばんとか文字の読み方、帳簿(会計)などの役に立つ勉強をしなさい」と書かれとるんやけど、ここでまた誤解が。
福澤先生は別に文学的な勉強、つまり教養を否定しとるわけやないんです。
『慶應義塾の目的』という、福澤諭吉自身が「慶應義塾はこんな学校にする」と書いたコラムに、

「慶應義塾は単に一所の学塾として自から甘んずるを得ず。
其目的は我日本国中に於ける気品の泉源、智徳の模範たらんことを期し(以下慶応のHPとかを見てね)」


と書いとって、むしろ教養をつけなさいと言うとるわけなんです。皇族にでも生まれん限り「気品」なんか教養つけんと身につかんさかい。
この言葉は慶応大学のパンフの冒頭、塾長の挨拶の前に必ず載ってるもんらしくて、確かに通信制のパンフにもページ開いたら福澤先生の写真と共にボーンと書いてありますわ。ウソと思うならパンフ取り寄せて見てみなはれ(笑
つまり、「まずは社会人として生活できる最低限の知識の土台をつけなさい。文学とか哲学はその後でええ」というわけで、ここで重要なんが、挨拶とかの礼儀が抜けとるやんけ!ということ。
俺は個人的にゃ「なんぼ仕事が出来ても、挨拶できへんとか社会人としての最低限の礼儀がない人間はクズ。働く資格なし」ちゅー考えやさかい、そこらへんのとこどうよ福澤先生?ってケンカ売ってみたいんやけど、
よくよく考えたら、そこを敢えて書いてへんってことは、当時の時代はみんなきっちり出来とって、わざわざ書くまでもないってことやったんかもしれませんな。

また、別の書物で、『実学』は「サイヤンス」とルビを打っています。
「サイヤンス」とはサイエンス、つまり「実学」とは「科学」のことでもあるんです。
福澤先生は英語のScienceを「実学」と漢語に翻訳したわけで、
「サイヤンス」としての「実学」は、

1.科学的に物事を研究すること

2.科学的に物事を考える力


とも言えます。

慶應義塾の塾長が、慶應のHPで「実学」をより噛み砕いて解説しとります。
実学の基本は「自分でものを考える力」であり、それは具体的にどういうことかというと、

先ず第1に,考えるべき問題を見つけることです。
第2に,問題が見つかったならば,その問題はなぜ起きているのかという,因果に関する仮説を作ることです。
そのうえで,第3にその仮説が正しいかどうかを検証することが必要となります。これは誰もが納得するような客観的,実証的なやり方で検証しなければなりません。
そしてその検証によって仮説が正しいと分かったならば,第4に,それに基づいて問題を解決するということになります。
(2010年01月10日 第175回福澤先生誕生記念会年頭の挨拶 から引用)



もっと簡単に噛み砕くと、

自分の頭でものを考えることとは、自ら問題を見つけ、その問題を説明しうる仮説を作り、その仮説をきちんと検証し、結論を導き、そしてその実証された結論に基づいて問題を解決していくことに他なりません。
大切なのは、問題を見つける知的好奇心、仮説をつくる論理的思考能力、それを検証する科学的方法に関する理解、そして結果を文章や口頭で表現し伝えるコミュニケーション能力です。
(中略)周りの意見に流されたり、希望的観測の誘惑に負けたり、あるいは精神論などに引きずられたりすることのない、自分の頭でものを考えることのできる、独立した個人を育てることが慶應義塾の教育です。
(慶應義塾大学の新聞広告より引用)



ちゅーことで、「自分の頭で考えること」ってことですな。

上の二つの引用、塾長の言いたいことは全く同じなんやけど、前者は慶應義塾の塾員、つまり内部に向けて言った言葉で、後者は新聞広告やさかい大学の受験生やその親に向けたメッセージです。
前者は内部向け、「賢い人」がいっぱいおるさかい難しい言葉でもわかってくれるけど、後者は不特定多数の一般大衆に向けとるさかい、難しい言葉で言うたら何が何だかわからんことになります。
こういう風に、同じこと言いたくても向けられる対象によって言い方を変える、これも「自分の頭で考える」ことの一種やと思います。
こういうことが出来る人は少なくても頭を使ってるわけで、「偉い」と思います。
「賢いけどバカ」って人は、一方的にわざと難しい言葉で言ってそれで満足し、それがわからんと「相手がバカだから」と一人悦に入るってことが多いさかい。
そりゃ、それがわかる人同士やったらええよ、せやけど我々のよーにアホーな人間に対してはわかりやすい言葉で説明せんとあきません。自己満足しとるだけじゃただの「賢いバカ」。これを「小賢(こざか)しい」と言います。
また、「自分の頭で考える」力がない人は理解できない、いや、頭使うことを放棄しとるさかい理解しようともしない。これも敢えて言わせてもらうと、「賢いバカ」と何ら変わりない・・・どころかそれよりタチが悪い。

ぶっちゃけ、これが今の日本人にいちばん欠けとると思います。
自分で考え、自分で分析し、自分で判断し、自分で行動する。
そしてその考え・行動は自分で責任を持つ。
これが出来へん人が多すぎるような気がします。
つまり『独立自尊』に欠けとるわけで、そういう人は他力本願になって何かあったら人のせいにして反省をせーへん。
そしてそれで余計頭を使わん。余計他力本願に・・・という悪循環なんですわな~。
これを「バカの悪循環」と敢えて命名しましょう(笑

で、その悪循環を断ち切って独立自尊の人になるにゃどないしたらええのか、それは「学問をすること」ということなんですわ。
前にも書いたよーに、何も学問って机の上でうんうん唸るだけが学問やないんです。
「学問は米をつきながらでも出来る」と福澤諭吉も言うとるよーに、学問とは

「仕事や生活の経験を通して何かを学ぶこと」

やと個人的に解釈しとるんやけど、つまり吉川英治の言う「人生皆我が師」の精神ですな。
せやけど、「仕事や生活の経験を通して何かを学ぶ」にゃ、やっぱり自分で物事を考える力がないとあきません。
それが今の日本人にゃものすごく欠けとると思ってます。
マスコミの情報を鵜呑みにしたり、ワイドショーのネタでワイワイして、良いことと悪いことの分別すらついてへん「大人」、そもそも悪いことをしたらこうなりますよ、と先を考える想像力もなし。
自分の意見を言う勇気もない、というかそもそも自分の意見すらない、考える思考はおろかその下地になる知識すらない。
これすべて「自分で考える力」の欠如から来てることやと思うんですけどね~。

それは何でか、やっぱり誰かに頼って自分個人で独立しよーとせーへんことから来てると思います。
東日本大震災で日本人同士の思いやりが海外から高く評価されとるけど、それが逆に作用すると馴れ合いになり、強いては他力本願になって思考停止になる。そして人のせいにする。
それは何故か?そりゃその方が楽やもん、頭使えへんし♪
「(中国の)革命未だならず」って言って亡くなったんは、お隣中国の革命家の孫文やけど、福澤諭吉はあの世で「(日本の)独立自尊未だならず」って泣いてることでしょう(笑

また、『独立自尊』がなってへん人は何かと人のせい、特に政府や社会などのせいにします。
「政府は無能や!」
「政府は何やってんねん!」
「会社が悪い」
「社会がおかしいから変なことになってる」
はいはい、こんな言葉はもう聞き飽きた(笑
福澤大先生は、『学問のすすめ』でそんな甘ったれに喝を入れとります。

「愚かな民の上には厳しき政府あり」

これ、簡単に言うたら「政府がバカなのは国民がバカだからである」ということで、
何かと政府に頼って、何も出来ない、してくれへんと「政府が悪い!」と人のせいにする人たちを見たら、福澤諭吉は
「いやいや、総理大臣は国会議員から選ばれてる。閣僚もそう。でも、その議員を選んでるのは誰?あんたら国民やろが!そんな人間選んでる国民がバカなんやないかい?」
と言うことでしょう。
また、イギリスの政治家のディスレーリやったと思うけど、こんな言葉を残しています。
「政府のレベルは国民のレベルに比例する」
イタタタ・・・と思ったんは俺だけやないはず(笑
もし今年に福澤諭吉が蘇ったら、

国民:「福澤先生!今の政府はホンマにアホばっかなんです。叱ってやって下さい」

福澤:「あんたら何言うとるんですか!吾輩が叱りたいのはあんたらの方でっせ(汗」

となるでしょう(笑

ちなみに、福澤諭吉って九州の中津藩士の家系やけど大阪の生まれで、3歳の時に大阪から中津へ帰ったんやけど、中津生まれのお母さんも大阪育ちの兄弟もみんな大阪弁、現地の言葉が全然わからんかったそうです。
本人もそれが伝染して東京に落ち着いた晩年以外は大阪弁やったそうで、晩年の諭吉先生から直接慶應義塾で教えを受けた「電力の鬼」松永安左エ門や、製紙業界の基礎を作り、晩年にポケットマネーで大学一個作ってそれをまるごと母校に寄付した藤原銀次郎は「先生には多少大阪訛りがあった」と書いてます。


せやさかい、『学問のすすめ』とか『文明論之概略』などの福澤諭吉の本を読んだら、
「150年前にこんなこと言うとったんか!」
と膝を叩くすること数多し、『文明論之概略』は現代語訳版が少ないけど、『学問のすすめ』やったらなんぼでも出てるさかい、
今一度1万円札の英知をリコンファーム(再確認)してはどないでしょうかね?
そういう意味じゃ今回は

「『学問のすすめ』のすすめ」

かもしれません(笑

さて、こないして書きながら、自分のメシの種の外国語から見る「学問」「実学」って何やろか?
って考えとったんやけど、それがひらめいたさかい次のお題は、

「外国語の勉強から見た実学」

になる・・・と思います。途中で気が変わらん限り(笑
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

コメント

■ Re: タイトルなし

>ゆうさん

はじめまして。うちのブログへようこそ!
松島新地で働いてはるんやったら、仕事場(?)にはこういう歴史があるってことを知ってたら、
働く気分がちゃうと思います。
今の実際の松島がどないなってるんか、内部までは知らんけど、歴史と伝統をいつまでも残してほしいもんやなーと第三者から見たら思いますわ。
せやけど、伝統やら格式やらばっかりにこだわっとっても客足が離れていくし、なかなか難しいとこやとは思います。

また色んな遊郭跡や別の記事も書くさかい、また見に来てコメントくれたらうれしいです。
2011/04/08 URL BJのぶ #- 

■ 

こんばんは‼はじめまして!!
私は松島新地で働いている者です。
たまたま松島の歴史について調べていたら、
こちらのブログに行き着き、拝見させて頂きました。
とても読み応えのある内容ばかりで、感銘を受けました。
またちょこちょこお邪魔させて頂きます。
ありがとうございました。
2011/04/07 URL ゆう #- 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/844-c99f3d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 「葬式も戒名もお墓もいらない」貧乏人が増加

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/07/12(金) 14:30:44.37 ID:6cTi3go40 ?PLT(15072) ポイント特典戒名もお墓もいらない“無墓社会”が広がる 経済問題も理由かつてはご先
2013/07/12 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲板
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。