のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■消えた遊郭・赤線跡を訪ねて 画像集

すっかり暑くなってクーラーなしじゃ生きてられへんBJのぶです。
真夏生まれのせいか、暑いのにゃ強いはずなんやけど、ここ最近はすっかりダメダメになってまいました(笑

You tubeとかの動画を見てつくづく思っとったんは、
「どないしてこんな動画作ってるんやろな?」
っちゅーこと。
Photoshop使って画像の加工やったらある程度は出来んことはないけど、
さすがに動画の加工になったら両手を挙げて、はい降参(笑
You tubeの動画のアップなんて俺にゃ無理やろな、と思っとりました。

せやけど、Windows ムービーメーカーっちゅーソフトを使ったら、
けっこう簡単に、そこそこのレベルの動画を作ることが出来ることがわかって、
最近何かといじくり回しております。
おお、これやったら素人の俺でもYou tubeにアップするくらいの動画やったら作れるやん♪
とご機嫌でいじくっとったんやけど、
そこであることを思いつきました。

「これ、スライドショーで使われへんか?」

今まで色んな場所に行っては遊廓・赤線跡を訪ねる旅をして、日記にアップしとったんやけど、
これの欠点は・・・

長すぎ!!

これに限る(笑
いや、自分でも自覚しとるんやって~、ブログが長いのは。
時間があったり活字に慣れとる人やったらええんやけど、
(それでも辛いかw)
このWindowsムービーメーカーを使ってコンパクトにまとめること出来るんちゃうか?
と思いついて、ここ数日動画作りにいそしんでました。

で、いくつか完成したさかい、ここにて公開しまーす♪
* * *
まずは、



以前、東京に行った時に探索した

「鳩の街」「玉の井」「洲崎」

の3つをまとめたスライドショー的画像集です。
せっかくやさかい、BGMもつけてみました。
元ネタは、

★消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて 鳩の街編

★消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて 玉の井編

★消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて 洲崎編

の3つです。


お次は・・・



大阪南部の堺・龍神/栄橋遊廓の画像集です。

元ネタは、
★消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて 大阪南部編

なんやけど、とりあえずは堺だけ。貝塚は近日中にアップしますさかい、ちょっと待っとってや~。


で、最後は・・・



1年半くらい前に、愛知県の豊橋に行った時に撮った画像集です。
実はこれ、ズボラこいでブログにゃ書いてへんかったりします(笑
いつか書こう、書こうと思ってもう1年半の月日がたってしもたんやけど、
ヘタに日記にするより、こないしてまとめた方が「簡単な紹介」やったらご飯食べながらでも見れると思います。


上にあるすべての動画(画像集)は、HD(高画質モード)でアップしとるさかい、
解像度を1080pにして「全画面」にしたらけっこう迫力があると思いますわ。
「全画面」で見たら、なんか映画の予告編みたいで我ながらいい感じかも!?
と自画自賛してみる(笑
「3~5分でわかる『消えた遊廓・赤線跡を訪ねる』」
つまり、ブログ記事のコンパクト版として見てもろたら幸いです。


今後は、ブログももちろん書いていくけど、こないして画像集方式でもまとめていこうかな、と思います。
問題は、ブログも書いて動画も作るとなると・・・

アップするのが余計遅くなる!

かもしれない・・・あかんやん(笑
スポンサーサイト

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

コメント

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/802-6dab8c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。