スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国女性街ガイドを訪ねて三千里? 第一冊目

『全国女性街ガイド』

という、題名の通りの本があったりします。
いや、「あったりしました」って過去形の方がええと思うんやけど、
まだ赤線があった頃の昭和30年、渡辺寛っちゅー人が全国の赤線を渡り歩いて書いた本とされとります。
いわば、これは
「日本の夜の歩き方」
みたいな、何も知らん女性が聞いたら激怒しそうな本かも~。文字色をピンクにした自体やらしいって?(笑
あ、俺は別に今からやらしい話をしよーとしとるわけちゃいまっせ(笑
せやけど、赤線がなくなって60余年、そんな「夜の歩き方」も貴重な価値を持つ、当時の風俗習慣を知る史料になったりします。

この本は「旧遊廊・赤線ハンター」(自称)のバイブルとも言える「赤線跡を歩く」という本の参考資料の筆頭にもなっとる、我々にとっちゃ諭吉2枚3枚は即金で積んでも欲しい本なんやけど、
こういう本に限ってなかなかGETできへんのですわ。
それは何故か?
まずは、現存しとる現物が非常に少ないっちゅーこと。
売春防止法が施行されて赤線が建前上では廃止になった昭和33年以降はある意味無用の長物、
チリ紙交換みたいにどんどん廃棄されてなくなってしもたと推定されます。
また、発行部数もそんなに多くなかったと考えられるさかい、市場に出回った部数自体少ない可能性もあります。
更に、古本屋業界でも「幻の書」扱いになっとるみたいで、古本業界の人に聞いてみたところ、
この本は5年か10年に1冊出回るか出回らんか、市場価格は諭吉1枚2枚じゃすまんやろう、ちゅー答えでした。
まあ、出回るまで待ってもええんやけど、やっぱ「旧遊廊・赤線ハンター」としてはすぐにでも欲しいのが本音。
10年も待てるかい!(笑

そしてこの本が「幻の書」と化してる最大の理由は、
日本で発行された本って、国立国会図書館が必ず1部買い取って保管するんが決まりなんやけど、
(せやさかい、日本で発行された本に「販売数ゼロ」「売上ゼロ」は自費出版も含めて建前上は存在せーへんことになっとります)
事もあろうにその国会図書館からもなくなってしもたみたいなんですわ。
こら!失くすな!!ちゃんと保管しとかんかい、国会図書館!!!(怒
って今さら怒ってもしゃーないんやけど、
とにかく国会図書館にもあらへんってことは、こりゃ生きてる間に拝むこと出来るんかいな?
と半分どころか99.9%諦めとったんやけど、それでも諦めずに探しとったところ・・・。
「捨てる神ありゃ拾う神あり」
とはよー言うたもんで、日本中の図書館の蔵書をを根気良く探しとったら見つかったりするもんなんですわ。
その、日本で唯一本を保存しとる図書館とは!

天下の東京大学附属図書館

やったりしました。
さすがは東大、俺は関西人やさかい京大の方にシンパシー感じるけど、今だけは東大大好き(笑
って言うても、東大っても図書館は総合図書館の他にもぎょーさん図書館があるんやけど、
「赤線」と全然関係あらへんある学部の図書館に保管されとったのがまた奇縁。世の中おもろいもんです。
で、思い立ったが吉日とばかりに図書館に電話して問い合わせてみたところ・・・

何と!

東大図書館にある「全国女性街ガイド」は、どっかの図書館にあるものを、いつかは知らんけどコピーしたもんで、
原本やったらそこにまだあるんちゃいますか?
とのことでした。
東大にあるんはコピーとは言え、こりゃええこと聞いた!
で、その図書館の場所を教えてもらってそこに早速電話。
こういうとこは俺も行動が光ファイバー並みに早い。
嫁さん探しもこれくらい行動が早かったらええのにな~と思う今日この頃(笑
まあそんなことはさておいて、そこの図書館にちゃんと原本が今でもあることを確認。
よ~~し!それやったら早速コピー+原本を拝みにそこへ行ってやろーやないかい!
と、その日に夜行バスの切符を予約して向かってまいました。
こういう時の行動力も我ながらすごい。少なくても通常の3倍は早い♪
って俺は赤い彗星のシャアか(笑

で、向かったのは・・・


1005151

はぁ~~るばる~来たぜ某県へ~~!←北島三郎の歌のメロディーでどうぞ(笑
某県に来るんは初めてやけど、いや~、大阪からえらい遠かったわ。日本は案外広かった。

そして、観光しとる間もなく向かったんは、

1005152

ここ。

「ここってどこやねん!」
ってツッコミ食らいそうやけど、某県の某県立図書館、とだけ申しておきませう( ̄ー ̄)
いつも大阪府立図書館を見慣れとる俺にとっちゃ、
「これが県立図書館???」
っていうくらい小さい・・・もとい、こじんまりとした図書館、ぶっちゃけうちの地元の図書館より小さいかもしれんやけど、
わざわざ(?)大阪から来たことを告げたら、かなり驚いた顔で
「こんなとこまでようこそ♪」
と綺麗なおばはん・・・やなかった、マダム館員が笑顔で歓迎。大阪府立図書館でここまで笑顔で歓迎されたことはないぞこら(笑
で、俺の目的はマダムの笑顔を見に来たわけやない、「全国女性街ガイド」の原本のみ!
早速いつもは書庫の奥に眠っとる本を出してもらうことにしました。

そして・・・・


1005153
1005154

ご対面~~~~♪♪

こ、これは・・・色あせたカラーのまことに色遣いが怪しい表紙、60年の年月を経た黄ばんだ紙面・・・。
紛れもなく本物の「全国女性街ガイド」!!
たぶん、公共の図書館じゃ日本、いやもしかして世界で唯一(?)残っとる原本とご対面できました。
興味あらへん人にとっちゃこんなもんタダの60年前のカビが生えた本やけど、俺にとっちゃ宝の山のよーなもん、
まるで、長年探し求めていた遺跡をついに発見した考古学者の気分。実は子供の頃は考古学者になりたかった俺、こういうのもある意味「考古学」なんかもしれませんな。
とは言え、もっと大きい雑誌サイズの大きさなんかな~と思ったんやけど、意外にも新書サイズの大きさなんやな、
と妙なところで感動しつつも、中身の内容をパラパラと流し読みしてから、時間との戦いのため早速コピー。
著作権法の都合で全ページの半分しかコピーできへん決まりなんやけど、
まずは半分だけコピーさせてもらうことにしました。

ここで、著作権の話も絡めて更にこの本を謎としとるんは、作者とされる渡辺寛氏の存在。
この人、別に今で言う「風俗ライター」ちゅー怪しい人物でもあらへんみたいで、調べてみたら何と第一回芥川賞の候補(予選)にもなっとった立派な(?)作家、長い間新聞記者でもあったらしい。
芥川賞に書いとる経歴にゃ、

「大正2年/1913年5月18日~
東京・下谷生まれ。アテネ・フランセで学び、昭和10年/1935年に日本浪曼派に参加。長きにわたり新聞記者生活を送り、日本経済新聞などに在籍した」


と書かれとるけど、
「全国女性街ガイド」の巻末にゃ

「渡辺寛氏は労働問題の新聞記者のベテランで、また大きな喫茶店のマスターであり、生活に全く困らないことも手伝って日本でも有数の旅行家でもある。
本書は、同氏が仕事や趣味や「こけし」の研究のため廿年間余も旅から旅へと歩きまわっているうちに、自然と積み重ねられた隠れたる研究の成果である。絶後であるかどうかは知らないが、恐らく、実際の体験によった本書の如きは空前の事実であり、また、読者のみなさんにとっても便利なものであることは事実であろう」



と紹介されとるけど、ぶっちゃけこんな紹介じゃちょっと怪しい(笑
せやけど、ある雑誌に書いた、赤線を経済学の観点から見た「赤線区域の経済白書」なんかを見ると、ジャーナリストのせいか観点が鋭い上に、肩書きは「新東京通信編集長」とある。もっとも、この肩書も怪しいんやけど(笑
そして、どっかで見た渡辺氏の経歴によると、ライフワークやった「女性街探索」に専念するために日本経済新聞社を辞め、仕事で全国を回れる化粧品のセールスマンに転身、取り扱う商品が女性ものやさかい女性街に入りこんでその経験と取材の結晶が『全国女性街ガイド』になったんやとか。

この渡辺寛氏は他にも色々本を書いてるんやけど、現在生死不明みたいで消息も全くわからず、遺族もおらんみたいで、ちゅーことは、「全国女性街ガイド」の著作権も宙ぶらりんってことなんですわ。
本の著作権は通常、作者の死後50年間有効なんやけど、生死が不明でかつペンネームを使っとる場合は特例として「本の発行から50年」になっとります。
せやけど、手塚治虫みたいにペンネームを使っとっても本名や経歴が明らかになっとる場合はこれにゃ該当しまへん。
これだけやったら、1955(昭和30)年発行の「全国女性街ガイド」の著作権は2005年に切れとることになるんやけど、
いかんせん作者が本名を使っとる(と推定される)とこが厄介なとこ、著作権が切れとりそーで切れてへん中途半端な状態になっとります。
ほな、こういう本は永遠に著作権が切れへんのか?というとそうでもないんです。
国会図書館の仕事の一つに、こういう人の所在や生死を確認する作業があるみたいで、毎年何人かが「発掘」されとるみたいです。
それでも見つからん場合は、著作権を管理しとる文化庁に「裁定」をお願いして著作権を文化庁に移管するって手もあるみたいですわ。
そないしたら著作権は切れたも同然、堂々と内容をネットでも本でも書けるってことで。
せやけど、調べてみたら手続きが非常に厄介そーな上に、手続き料金だけでも諭吉が2枚飛ぶ高さ。
勉強のために『全国女性街ガイド』の著作権裁定を自分でやってみよーかなーと思ったけど、やっぱやめた(笑

話は元に戻って・・・
この『全国女性街ガイド』、さすがに60年経っとるさかい手荒に扱ったら拍子にビリリと破れてまいそーな、非常に華奢な本。まるでか弱い女の子のよーだ(笑
ここは俺認定公共機関に残っとる世界唯一の原本、興奮をよそに丁寧に扱わせていただきました。

他の赤線関係の本もあったさかい、それもついでにコピーして、ものの1時間弱くらいでコピー完了。
たかが1時間のコピーで大阪からバスに乗って某県まで来るんは、興味ない人間にとっちゃアホ同然やけど、
アホで結構メリケン粉、趣味っちゅーもんはこんなんでいいんです♪
こん時の俺の目は仕事の時の数十倍は輝いとって、数十倍イケメンに見えたに違いない(笑

そして、大量のコピー紙をかばんに入れて、返す刀で向かったのは・・・

第二冊目へ続く
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全国女性街ガイドを求めて三千里? 第二冊目

さて、某県で『全国女性街ガイド』を心行くまでコピーした後、 返す刀で向かった先は・・・もちろん、もうおわかりでしょう(笑 今回は時...

Comment

好奇心には勝てませんよね。
こんにちは、初めまして、まやーと申します。
先日、飛田に行った余韻も覚めやらぬうちに、
全国の古本屋めぐりをされている方の某ブログをみていたら、この本が掲載されていて表紙写真が飛田の街並みじゃありませんか!
早速、Amazonで検索したところ、これは復刻版でしかも定価が樋口さん1枚では購入できない価格でしたので、私も国会図書館へ行ったのですが、所在不明と言われて、同じ某県立図書館を紹介されました。復刻版を購入しようかとも思いましたが、私はネズミがキャラクターの観光地がある県に在住しているので、高速バスで行けば購入するより、少しは安くなるので、拝見しに行こうと思います。
  • 2016-09-06│15:27 |
  • まやー URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010-12-12│17:24 |
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010-05-19│00:38 |
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010-05-19│00:20 |
  • [edit]
Re: タイトルなし
>しろさん

まだしろさんは中学生やさかい、これからこれから♪
俺も中学生の頃は札付きのアホやったさかい、ヤンキーってわけでもあらへんけど(笑
自分がアホって自覚しとるさかい、勉強もしたし知識と経験を積極的に逃げずに吸収していったら、気づいたらこんな感じになっとった、って感じですわ。

> 僕もいつかのぶさんみたいな大阪人になりたいですv-237

あ、いや、ある意味俺みたいにならん方がええかも・・・(笑
  • 2010-05-18│00:03 |
  • BJのぶ URL│
  • [edit]
Re: 追い求める姿に、興奮してしまいました!
>朝汐さん

アホな日記を見てもろて、そしてコメントくれておおきにですm(__)m
趣味っちゅーよりライフワークなんやけど、まあそれも「趣味」にゃ変わりないか(笑

>   そのうえ、ブログも面白くて、しかも読みやすい。

書いてる方にとって、これほど嬉しいコメントはありません、ホンマに♪
「おもろいブログ書かんと!」って思ったらそれが逆にプレッシャーになることもあるけど、やっぱ俺は何も考えんと書くんがいちばんなんかもしれませんな(笑

また引き続き書き続けるさかい、よかったらうちのブログを訪問してコメントいただけたら幸いです!
  • 2010-05-18│00:00 |
  • BJのぶ URL│
  • [edit]
のぶさんの文章力、行動力、知識量には毎度驚かされてばかりですな(笑)

僕もいつかのぶさんみたいな大阪人になりたいですv-237
  • 2010-05-16│22:54 |
  • しろ URL│
  • [edit]
追い求める姿に、興奮してしまいました!
〉〉 たかが1時間のコピーで
  大阪からバスに乗って某県まで来るんは、
  興味ない人間にとっちゃアホ同然やけど・・・・
  
  まさに趣味って、こんなもんですよね!
  
  それにしても、行動と言い、著作権の話と言い、
  追求するチカらがスゴイですよね!
  
  そのうえ、ブログも面白くて、しかも読みやすい。
  おもわず興奮してしまいました、ピュッツ!
  


 
 
  • 2010-05-16│16:40 |
  • 朝汐 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


よろしく!






blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

  • Author:BJのぶ
  • 大阪の道路を、黒いプリウスで変態燃費走行する、泉州が生んだとんだ変人・・・。

    その名はBJのぶ。

    BJとは「ブログジョッキー」、もちろん俺の造語です。「ブログジャンキー」じゃ決してございません(笑

    今日も明日も明後日も(?)大阪弁パワー全開!?
    ブログで暴走しまくるアホ~な俺を優しい目で見守って適当にかまって下さい(笑

最近の記事

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

プリウスリンク

プリウス関連のブログやサイトリンクだす
プリウスオーナーの方のリンク追加もお待ちしとりまっせ!

プリウスマニア

プリウスライフ

PRIUSな日々 SNS

みなさんの燃費

1000マイルクラブ

お茶処 プリウス(仮)

PRIUSなomiidon

trumprius

プリウスとポプリの気ままな日々

ポプリとプリウスの気ままな日々~ジオログのページ

プリウスな日々

kamesan's Prius

【ユウ】のプリウスとPCとラーメンの日々

Pearl PRIUS(まおたろーはん)

EPV's Hybrid dream

歩けとサイクリング(nobuはん)

PRIUS,PRIUS.com

ごゆるり☆ECOlife(saiはん)

中影(あかかげ)の PRIUS 燃費とFAQ

Priki Diary

PRIUS People

プリウス界の市街地燃費帝王へのいばらの道

プリウスコミュニティ岡山

ぷりうす燃費記録帳

のんびりプリウス日記

Prius DIY

プリウスいじりの間(めいたはん)

ぷるプリ(静@新潟ご夫婦はん)

ほぼ休止中なプリウス雑記(椎茸はん)

プリウス オフ会回想(ドラエもんはん)

バサラとプリウスな日常

g-mon

靖柳庵HP(靖柳庵はん)

PRIUSへの道程

ほどほどの日記(Take@志摩はん)

知らんPri(sasa@盛岡はん)

ショコラの別荘

【あん。ぶろぐ】

鏡華水月(かぐらはん)

プリの助のハイブリッド日記・・・と趣味の部屋

HV乗りのConiの雑記

えんじょいマリウス

プリウスでGO!GO!(仮)

キューのつれづれなるままに

花とプリウスと・・・(プリキはん)

赤い彗星My PRIUS Life

ぶろぐNAO-TOMATO

ブロとも申請フォーム

ナイト2000

■■■■■■■■■■■■■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。