のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■バガボンド

今年に入って、趣味と実益を兼ねた語学の勉強にやたら身が入っているBJのぶです。
実益っちゅーよりほとんど暇つぶしのよーなもんやけど、
やっぱ色んな外国語をやっとったら血が騒ぐっちゅーか何ちゅーか、
明日にでも荷物まとめて「海外に帰らせていただきます」と海外に逃亡しそうですわ(笑

で、関係あらへんのやけど、心機一転って程でもないんやけど、
長年使ってたYou tubeのアカウントを変えて全くの新規のアカウントにしました。
そこで、これまた心機一転とばかりにようつべサーフィンをやっとったところ、
たまたま某公共放送の番組にぶち当たりました。
それは、スラムダンクでお馴染みの井上雄彦氏の特集やったんやけど、今も連載中のバガボンドの制作風景も写っとりました。
バガボンド自体は見たことないんやけど、
もう10年以上続いてる漫画やねんな、知らんかった。

で、「バガボンド」ちゅー、耳慣れん、何か「馬鹿」に見えんこともない言葉、
これは元々英語でVagabondって書いて「放浪者」「ならず者」などなどの意味があります。
へぇ~、と思うかもしれへんけど、ここで終わったら自称「語学探偵」の名が廃る(笑
ある英和辞典をめくったら、ちゃんと「バガボンド」の語源も書いとりました。
英語って語源を調べたら、実に世界の色んなとこから色んな言葉を拾って大きくなっとる、意外に(?)柔軟な言語で、
この「バガボンド」は元々ラテン語みたいですわ。
ラテン語にゃvagar(さまよう)ちゅー動詞があるんやけど、その語尾に形容詞を表すbundusってのをつけて、
vagabundus(ヴァーガブンドゥス)ってのが「バガボンド」の元々の言葉なんだそーな。

たいていの人は、ここで「へぇ~、そうなんや」と感心しながら納得して終わりやと思うけど、
俺はここで終わりませぬ。ちゅーか終わられへんのです(笑
語源がラテン語ってことは、ラテン語を親に持つフランス語、スペイン語、イタリア語なんかも「バガボンド」なんやないか?
と、手元の辞典とオンラインマルチ言語辞典をフル動員して調べてみやした。
そして結果は・・・

・フランス語:Vagabond(ヴァガボン)

・スペイン語:Vagabundo(バガブンド)

・イタリア語:Vagabondo(ヴァガボンド)

・ポルトガル語:vagabundo(ヴァガブンド)

俺の予想通り、見事に「バガボンド」が並びました。まるで役満のよーや(笑
そして、調査を更に広げてドイツ語やオランダ語とかも調べてみたら、

・ドイツ語:Vagabund(ヴァガブント)

・オランダ語:Vagebond
(※オランダ語はどない読んだらええかわからんさかい、カナは省略)

この二つの言語はゲルマン系やさかい、他にも言い方があるみたいやけど、
やっぱりラテン語の影響は避けられへんみたいですな。
そして更に更に、

・スウェーデン語:Vagabond

・ルーマニア語:Vagabond

・イーディッシュ:wagabond

(※イーディッシュはヨーロッパのユダヤ人が使ってた、ドイツ語をベースとした言語で実際はヘブライ文字を使ってます)

「バガボンド」の輪は、東ヨーロッパから北欧にまで広がりました~。

調子に乗ってチェコ語とかポーランド語、果ては言語的にゃ「アジア」のフィンランド語やエストニア語まで調べてみたけど、
似ても似つかぬ単語やったさかい、ここまではさすがに「バガボンド」やないみたいでした。


で、話を英語に戻すと、
「バガボンド」から派生した言葉に、
・Vagabondism(放浪癖)

・Vagabondage(放浪・放浪癖・放浪者)

って言葉もあることがわかりました。
後者のVagabondageは、綴りを見てもこりゃフランス語から来たな、ってのがわかる人にゃわかります。
そこでフランス語辞典で調べてみたら、やっぱし全く同じ綴り、全く同じ意味でVagabondageがありました♪
そして、vagabondar(さまよう、さすらう、放浪する)っちゅー動詞の形まである始末。
懲りずに更に掘り進めてみたら、
「バガボンド」にゃ今風で言う「プータロー」って意味もあるみたいでんな。

The vagabond Tora-san

ってのをある辞典で見つけたんやけど、もう半分おわかりでしょ。
どーやら「フーテンの寅さん」を英語に訳したらこないなるみたいで、
何と!寅さんと宮本武蔵は一本の線でつながったのです(笑
ここで関係ない話やけど、赤塚不二夫のマンガの「天才バカボン」の「バカボン」はこの「バガボンド」から来てるんはwikipediaにも書いてるんやけど、
バカボンのパパは「バガボンド」故に永遠の無職って設定で、アニメでフリーの植木屋やってるけど原則無職なんだそーな。
ちゅーことは、「バガボンド」って「フリーター」って解釈できへんこともないっちゅーことか!?
うーん、面接とかで、
A:「今は何やってるんですか?」
B:「バガボンドです」
って会話も成立するわけか・・・(笑

更に更に、

vagabond-style trip

ちゅー言葉も見つけました。
これは「目的や目的地を何も決めないで旅すること」ってことらしいけど、
バックパッカーなんかはこれに相当するんやないかな?とふと思いました。
よし、ちょっと造語を思いついた。
バックパッカー何て言葉はダサい!今度から

バガボンド・トラベラー

と命名しよーやないか!!!
・・・と一人で息巻いてみる(笑

ちゅーわけで、たかが「バガボンド」一つでここまで調べられるんです。
外国語の世界は面白いですね~。
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

コメント

■ Re: タイトルなし

>しろさん

知恵袋からわざわざおおきにです♪
中学生やったら外国語だけやなくて色んな知識を自分から身につけて、幅広い知識を身につけて下さいな~。
外国語「だけ」を勉強したらタダのオタク、結局自分の視野が狭くなります。
外国語でメシを食うには、自分の専門分野だけじゃなくて幅広い知識が必要になります。
その知識が必ず外国語の勉強に役に立つ日が来ますよ、俺が言うから間違いない(笑

知恵袋のはマイペースですけど、ここもちょくちょく訪ねて下さいな♪
2010/05/05 URL BJのぶ #qDfdtOiE [編集] 

■ Re: タイトルなし

>プリウスでたどりつきましたさん

コメントおおきにです♪
そして返事がえらい遅くなってすんませんm(__)m
うちのブログが参考になったらありがたいです。せやけどもう30型の時代やから20型の俺の記事はほとんど「過去」のもんやと思いますけどね・・・。
またよかったらブログを覗きに来て下さい。
2010/05/05 URL BJのぶ #qDfdtOiE [編集] 

■ 

yahoo知恵袋から来ました。
僕はまだ中学生ですが将来六ヶ国語をしゃべれるようになることを目標にしています。
のぶさんの外国語関係に対しての回答はいつもとても勉強になります。
ブログもおもしろいことが書いてあるみたいなのでのでこれからちょくちょく見にきますね!!
2010/04/24 URL しろ #- 

■ 

プリウスの燃費走行に関する内容、非常にためになりました。滑空からはじめたいと思います。
また、中国留学時代のお話、非常に楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます。
2010/04/12 URL プリウスでたどりつきました #- 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/785-74c86391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。