のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■さりげなくモラルハザード

モラルハザードと言われて久しい近頃の日本国、
マナーがあらへんとか学力が低下したとか、近頃の若者はとかなんとか、
とにかくあんましええ響きがする言葉やないですわな。
せやけど、「近頃の若者は・・・」は数千年前の古代エジプトの落書きにも書かれとるらしいから、
これは人類の永遠の課題かもしれませんな(笑

せやけど、近頃何気ないとこでその「モラルハザード」を垣間見ることが出来たりします。
そこはある家電量販店。
イヤホンの試聴コーナーがあってお気に入りのイヤホンを実際に聞いて確認することができるサービスやけど、
イヤホンって「どれがええ?」って聞かれても、本音を言うたら
「あんたのと聴力と財力と絶対音感次第」
としか言いようがあらへんから、こないなサービスはさりげなく重宝したりします。
せやけど、ちゃんと綺麗に並べとるイヤホンを客が聞いた後がいただけない。
聞いたら聞きっぱなし、散らかし放題、やりたい放題し放題、
客が去った後はもう台風と洪水が一緒にやってきた後の家の中か、カラスが食い散らかした後のゴミ置き場のよーです(笑

「使ったものはちゃんと直す(元に戻す)」

っちゅー幼稚園で習うレベルのマナーでさえ、大の大人が守ってへんちゅー有様、
そりゃおもちゃを散らかしっ放しの子供のことは言えまへん。
「じゃあお父さん(お母さん)はどうなのよ?」
と言われたら一巻の終わりです(笑
さあ、そんな親に育てられた子供は十数年後・・・以下自粛。
「そんなの店員が直したらええやん、それが仕事やろ」
って意見もあるかもしれへんけど、そりゃ甘えでっせ、大の大人が言うことやないことは確か。
「お客様」やから何してもええ、ちゅーわけでもないんは、ちょっと脳みそがあったらわかることやと思うんやけどな~。「お客様」の下駄を完全に履き違えとるわな。

そこで思い出したんが、中国におった頃。
中国に初めて行った時の十数年前は、そりゃ中国はモラルもマナーもへったくれもない世界
っても今もそうやけど(笑
日本人の俺は、毎日がカルチャーショックの連打連打の猛打賞。打率は間違いなく10割、イチローもビックリ状態でした(笑
20歳にも満たへん感性豊かな時に行ったんがある意味よかったんか、色んな意味で勉強にゃなったけど、
最近の日本人って・・・モラル面じゃ中国人のことあんまし笑われへんよーになったんちゃう?
と近頃思うことも確かでございます。
中国人のマナーも確かにひどい、ひどい、そりゃひどすぎる。海外でも中国人のマナーの悪さは大評判、香港の鼠園はそりゃ「すごいこと」になっとるそーで、アミューズメントパークが「動物園」になっとるとか(笑
まあ、向こうはある意味「生きるんが精一杯」がDNAの染みついとるから、なりふり構わずみたいなとこはあるからちょっと同情も出来るけど、
環境も素晴らしい、生活にも中国よりかはめちゃ便利で余裕がある、そんな日本やからこそ、
モラルの崩壊ちゅーのは大問題かもしれません。
「衣食足りて礼節を知る」ちゅー有名な言葉は『管子』って古典の言葉やけど、
日本は「衣食足りて礼節を忘れるになっとらんかい?
中国に通算何年住んどったか忘れてもーたくらい住んどったから中国と色々比較対象ができるけど、
「日本もやっと中国に追い付きましたね(笑」
と中国人からブラックユーモアを放たれる日もこりゃ近いかも(笑

何でそないなったんか?ってちょっと考えてみたら、
やっぱ基礎的な教育の欠陥があるんやと思います。
教育って、「知育」「体育」、そして「徳育」が重要な柱になっとるけど、
戦後日本の教育は「徳育」が忘れ去られてしもたとこにあるんかもしれません。
例えば、国語の時間にある漢文の授業。中国古典はホンマええこと書いてるなーと思うことが最近多いけど、
「確か学校の授業で見たことあったよな、このフレーズ」
と思うことも多々あったりします。
恐らく、受験勉強とかそんなんでほとんどスルーされとったんやと思うけど、
せっかくの中国古典も、「ここテストに出まーす」「テストに出ませ~ん」で斬られたらせっかくの古典が宝の持ち腐れ、
「この言葉にゃこういうニュアンスがあって、こういうことを言いたいわけなのよね~」
って深くその言葉を追求したら、中国古典は人間学の宝庫でもあるさかい、立派な「徳育」になると思いますわ。更に教えられる側もインパクトが強いと思います。
まあ、これは教わる学生より教える教師の方に問題があって、教師も生徒にそこまで言えるくらいの教養を身に付けたプロがなかなかおれへんよーになった、
ちゅーことも問題かもしれませんな。
過激なこと言うかもしれへんけど、個人としての意見は
「教育制度だけは戦前に戻せ!」
派やったりします(笑
せやけど、教育勅語を復活せーとか、軍国教育がどーだのとか言うつもりはございませぬ~。

戦前の教育を受けた誰かのエッセイに書いてあったけど、
昔の小学校の教科書の出だしは、

「ヨク学ビ、ヨク遊ベ」

やったそーな。
これ、さりげなーいけど意味深い言葉やと思います。
要するにバランス感覚のことを書いてるわけで、人間って何でも一方に偏ったら偏屈になって性格まで歪み、人生まで台無しにすることもあります。
『論語』にゃ
「学びて思わざればすなわち罔し,思いて学ばざればすなわち殆うし」
って言葉があるけど、これもバランス感覚を説いた言葉です。
教育の「知育」「徳育」のバランスが整ってこそちゃんとした人間が出来あがるもんやと思うけど、
今の「知育」一辺倒の教育やと偏屈な人間しか出来へんのは、2000年以上前にかの孔子様が言うとった通りですわな~。
さて、今は「遊んだ分もっと遊べ」になっとりゃしませんか?そこの学生(笑

今回は家電量販店のイヤホン売り場を例に取ってみたけど、
こないな「モラルハザード」の例はアンテナ広げて探してみたらけっこうあるんちゃいます?
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

コメント

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/770-7306af74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。