のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■■Doblogアーカイブ■ 中国の反日感情

中国はお隣韓国みたいに、上(政府)も下(国民)も反日という国やなく、
上は反日やけど、下はいたってクールであることは言っておきます。
よく、「中国に住んでたら戦争のことで責められるんやないの?」
なんて言われますが、
俺の場合、通算7年くらい住んでて

「そんなことはほとんどありません」

通算で1~2回くらい、ボソっと言われたことはありますが、
俺は全部「ふ~~ん、あっそ」で流してます。
中国人と政治のことを話してもお互いの教育の程度や地盤が全くちゃうし、
言論や報道の自由は保証されてる国とない国では、情報量が全く違います。
なんで、俺は中国人とは滅多にそういう話はしません。
仮に、というか万が一してもお互いすれ違うだけで、西洋式の「ディスカッション」が苦手な国同士というのもあって、
不毛に終わるだけです。
そんなことより、
「あのおねーちゃんかわいいやん~~。お前声かけてこいや」
ってな話した方が楽しいですしねー。

人民もクールなもんで、留学時に南京出身の先生がいたんですが、
「南京」と聞いただけで「ごめんなさい」なんて謝るオバカな日本人がいたりします。
ある留学生が、
「南京で日本が悪いことをしました。ごめんなさい」
と先生に謝り、俺も「アホか」と思いつつ戦闘モードに入ったんですが、
先生はわけがわからん顔をしながら、

「ああ、学校で習ったあれね。別に私が被害受けたわけじゃないし、
私のおばあちゃんとかも別に被害受けてないわよ。
なんで私に謝るの?別に謝る必要ないんじゃない?」


とあっさり返し、それで話ははい終わり。
まあこんなもんです。

ネット上では、「今中国に行ったら石を投げられる」とか言うことが触れ回ってますが、
それをパソコンの前で見ながら、クールに微笑んでる自分がいたりします。
別に中国にいて石なんか投げられたことはありませんよ~~~。
むしろ「日本人なの?中国語しゃべれるんだ、すごいね」とモテモテです(笑
日本人が爆発的に増えてしまったために、10年くらい前の神通力は消えつつありますが、
それでも田舎の地方都市級だと日本人というだけで絶好の話のネタになります。

まあそれはさておいて、中国人ってもいろんな人がいます。
あのアジアカップのような「集中豪雨」で中国全体が・・・なんて言う日本のマスコミもマスコミですけど、
それを鵜呑みにしてしまう日本人(←すみません、俺も日本人・・・というか大阪人です)も日本人ですな。
東京駅前で反中暴動が起きたら、日本全体で暴動が起きてるって思いますか?
それと同じことやないですかねー。

あ、ちなみに、俺は「反中」でも「親中」でもありません。
タダの、中国と腐れ縁になっちゃった、なんちゃってシノロジストです(笑
しかし、こんな話久しぶりに話したなー。

~ATTENTION~
この日記は2004年12月23日にDoblogで公開したアーカイブ日記です。
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

コメント

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/762-cb53f5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。