のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■天六物語

みなはん、今頃は『魔女の宅急便』を見てる頃でしょうな(笑
ワシはそのスキにブログ更新といきますわ。

大阪の北外れって言っていいところに、我々大阪人が

 「天六」 

ゆーてる場所がありますんや。
正式には「天神橋筋六丁目」言いますねんけど、地元の人は誰もそないな長たらしい名前で言いまへん。
逆に、ここを「天六」って言わへんかったら一発で地元の人間やないことがバレてまいます。
大阪の北の繁華街の梅田まで歩いて行ける距離やのに、意外にここのこと知らん人おるんちゃいまっか?
まあ関西を出たら話題に上がることはあらへんやろうこの地域、
知る人ぞ知る有名なものがありますねん。

まず一つは商店街
ここは日本一長い商店街な天神橋筋商店街の起点(終点とも言えまんな)で、この商店街がこれがまた日本一なだけあって長いんですわ。
だいたい地下鉄3駅分は軽くある長さで、商店街がスーパーとかに押されっぱなしで寂れてるのに対して、
ここはいつも人でごった返してるんですわ。
ある意味ごっつい大阪が凝縮してるって言えるかもしれへんこの商店街、
非関西人の方は一回来てみるとおもろいかもしれまへんでー。
ごっつい下町っぽい雰囲気を残しとりますわ。
東京でゆーたら、荒川区と台東区を足して二で割ったような感じかもしれまへん。
ワシも短期間やったけど、日暮里まで自転車で5分の荒川区に住んでたことがあって、
雰囲気がそれっぽいような気がしますな。

でも、地図で見るとなんでこんなとこが栄えてんねん?って思うことでしょう。
今の地図を見てもあまりピンときまへんけど、
天六にはその昔私鉄の終着駅があって、そのターミナルとして栄えましたんや。
今でも、阪急千里線ちゅー私鉄の支線が天六の地下駅で地下鉄とつながってますんやけど、
昔は地上の駅やったってゆーたら、地元の若い人でも「うそー!?」言うかもしれまへんな。
ウソはついてまへんでー、ちゃんと天六にはその名残が残ってますねん。
天六1

天六の地下鉄の駅から地上に上がると、シンボルのように写真のような茶色い建物(天六阪急ビル)が見えるはずなんやけど、
これがかつての、今の阪急梅田駅とか南海なんば駅に匹敵、いや、かつてはそれ以上の規模を誇った、

 「天神橋駅」 

の遺物やっちゅーことは、地元の人でも20代の人は知らんかもしれまへん。
(40代以上の方なら知ってるやろうけど)

天六2

これが上の写真のちょうど裏側なんやけど、
今は駐車場になっとるこの場所、かつての天神橋駅のターミナルの跡だす。
昔はここから電車が出てましてん。よーく見たら電車の大きさに合わせて区切りがありますやろ?

ここで、ちょっと天神橋駅の歴史でも書いてみまひょか。
この天神橋駅は大正14年(1925)に新京阪鉄道の大阪のターミナル駅として開業しました。
ここで、素朴な疑問が出た人もおるでしょう。
「あれ?阪急ちゃうのん?」
こうひらめいた人は立派な大阪人やなw
ちゅーのは冗談やけど、そうなんです、
今の阪急京都線・千里線・嵐山線は阪急やなかったんですわ。
名前でわかるとおり、おけいはんこと京阪電鉄の系列会社として作られましたんや。
おけいはんは、乗ったことある人はわかると思うけど、
旧街道に沿って走ってるさかいカーブが多くてスピードなんて出せるもんやありまへん。
で、当時省電(今のJR東海道本線)の独壇場やった大阪~京都間に風穴を開けたろーっちゅーわけで、
高速走行ができる路線を作ろうとしたわけですわ。
それが今の阪急京都線と千里線の天六~淡路っちゅーわけだす。
今は阪急京都線の電車は梅田駅から出発しとるけど、
昔はここ天神橋駅が拠点やったんですわ。もちろん十三~淡路間はつながっとりまへん。
阪急京都線はやけに直線が長いんやけど、これも高速走行専用路線として作られた名残ですわ。
あのおけいはんが戦前にこんな路線を作ってたとは、と今の規模しか知らん人はゆーかもしれへんけど、
おけいはんは戦前には今でも残る鉄道網を作り上げた功労者ですねん。
今のJR阪和線も、戦前は阪和電鉄っちゅーおけいはんの系列会社やったんですわ。

そして、この天神橋駅は日本の鉄道の歴史に名を残す伝説の地ともなりました。
そのおけいはんが当時持てる技術をかき集めて作った言われる高速路線新京阪鉄道、ただ線路を作っただけではおまへん。
鉄道マニアなら一度は聞いたことがある伝説の超特急ってのがあったんやけど、
その一つがこの新京阪鉄道が作った超高性能の電車ですねん。
今でも阪急京都線と東海道本線が並行して走る区間があるんやけど、
この伝説の電車は当時最速の列車ゆわれてた、東京~神戸を結んでた特急「燕」を、この当時日本最高性能言われてた電車が、
「燕」追い抜くようにダイヤを設定、ちょうど並行区間で「燕」と並行に走り、国鉄自慢の超特急をあざ笑うかのように追い抜いていってたらしいですわ。
「燕」が遅れとかで並行しない場合は、わざわざ新京阪の超特急が徐行運転して「燕」を待ち伏せしてたっちゅーくらいやから、
その気合の入れようはすさまじいもんでんな。
国にケンカを平気で売り飛ばしてメンツを潰す関西ならではやろうな。
関東では絶対にできへん荒業だす。
鉄道マニアにとっちゃこの伝説はトリビアにもならん「常識」やけど、
その伝説の列車の始発駅、それが天神橋駅ですねん。
今思ったら信じられへんくらいやけど、戦前にはここが京都方面の玄関口になってましたんや。
また、阪急京都線の京都口は今でも地下になっとるけど、
これは実は関西初の「地下鉄」ですねん(西院~四条大宮間)。つまり地下鉄御堂筋線より早かったってわけですわ。
たまーに、「関西初の地下鉄は大阪やなくて京都や」って言う人がおるけど、
これは間違ってはおまへんさかい、素直に耳を傾けてやっておくんなまし。
もっとスケールがデカい話をすると、京阪は当時名古屋までの鉄道を通す許可も持っていて、本気で名古屋まで鉄道を通すつもりやったらしいですわ。
せやけど世界恐慌と戦争で計画は頓挫、結局計画倒れで終わってもーたんやけど、
その面影は阪急京都線のどこかの駅に隠されてますねん。

話が外れてもーたわい。
見たらわかると思うけど、この天神橋駅はビルの2階がホームになってるんやけど、
この「高架から電車が出る」ちゅーのが斬新的どころか日本初なんですわ。
今は鉄道が高架を走って駅が上にあるなんか珍しくもなんともあらへんけど、
この天神橋駅が日本初と言われておりま。
当時は、「空中から電車が発車する」ゆーてかなりの評判やったらしいでんな。

まあこの天神橋駅は、のちに新京阪鉄道が阪急に吸収され、
電車の発着のメインが梅田駅になってもーてからは、かなりのローカル駅になってもーて、
万博を契機に阪急と地下鉄の直通が実現して地下に今でもある「天六駅」が開業してその役目を終えたんやけど、
鉄道の栄華盛衰をすべて物語るようなこの遺物、
阪急梅田駅が取り壊し決定になった今、戦前の鉄道を物語る数少ない建造物になるやろな。
ひっそりでええからずっと残して欲しいもんですわ。

なお、この天神橋駅がある地域、つまり天六は、戦前から「天六」とか「天神橋六」とか言われてとって、
事実近くの市電の停留所の名前は「天神橋六」で、「天神橋」ちゅー駅名は明らかに浮いてますねん。
東京でゆーたら、原宿に「新宿駅」が、秋葉原に「浅草駅」があるような感覚って思ってくれたらええと思いま。
そんなところに何で「天神橋」ちゅー名前の駅なんか、
その由来は実は不明なんやって。
近くに天神橋ちゅー橋があるんちゃうんか!?
って言う人もおるかもしれへんけど、肝腎の天神橋は駅から2キロ先だす。
一説やと、当時の新京阪鉄道は本気で天神橋の近くまで路線を伸ばすつもりやったんやけど、
結局大阪市と国の邪魔が入って断念、その悔しい思いが駅名になったっちゅーわけって言われてま。
当時、大阪市は「大阪市モンロー主義」ちゅー政策を交通手段に対してはとってたんやけど、それは一体何かとゆーと、
「大阪市内中心部には、大阪市営交通以外の交通手段は一両たりとも入れない」
ちゅーことですわ、一言で言うとね。
この「大阪市モンロー主義」は明治から、昭和40年前後に阪急の天六から地下鉄に乗り入れやおけいはんの淀屋橋延長で崩壊するまで一貫して貫いてましたんや。
大阪の各私鉄は、大阪市内を縦断することもできずに、
大阪市内中心部ギリギリのとこにターミナル駅を作らざるを得なかったってわけですねん。
つまり、JR大阪駅と近鉄上本町駅と南海なんば駅、おけいはんの天満橋駅、そして天六の駅を線で結ぶと、大阪市が定義する「大阪市内中心部」がわかりますわ。
ここから中が大阪市以外の車両は一切入れなかった「聖域」やったらしいでんな。
事実、近鉄と阪神がタッグを組んで相互乗り入れしようって計画があったんやけど、
(※近鉄と阪神は仲がええらしい)
大阪市に潰されて、そのルートは今地下鉄千日前線になってま。
そう、元々は野田で阪神と、難波か上本町で近鉄と合流するはずやったんだそうな。
でもその「復讐」はきっちり近鉄東大阪線で返されておりまんな。
(※今の近鉄東大阪線は、地下鉄中央線延長計画のはずやったんやけど、
近鉄が猛反対して、延長部分を「近鉄」にするってことで話がついたんですわ)
新京阪の「天神橋」まで伸ばす計画もたぶんこれで潰されたと思うさかい、
名前だけはせめて「天神橋」にしてやれ、って感じやったんかもしれまへんな。

天六3

話がすっかり外れてもーたけど、
散歩しとる時に偶然見つけた、天六にひっそりとたたずむ麻雀屋だす。
名前が「新京阪」になってまんなー。
この麻雀屋は、かつての天神橋駅が大阪随一のターミナル駅やったことを、
名前だけ残してる貴重なもんでんな。
今、「新京阪」ゆーても、ほとんどの人が「なんじゃそりゃ?」ゆーやろうから、この名前は個人的に重要文化財やな。

続きは↓
* * *
そしてこの天六は、日本を揺るがす大事件の舞台にもなりましてん。
これも戦前の話やけど、天六交差点を交通整理していた警官が、
赤信号を無視した車を止めました。
運転手は軍人で、彼はもちろん信号無視で警官にしょっぴかれたわけやけど、
「じゃかましい!警官に軍人を捕まえる権利なんかあるかい!」
と暴れて両者がケンカになりました。
そこへ憲兵っちゅー軍人を捕まえる軍人(軍隊の中の警官って思ってくんなはれ)がやってきてさあ大変。
こんなのタダの小競り合いなんやけど、この憲兵が、
「警官がこともあろうに軍人を殴り飛ばした」
って報告したから、タダの小競り合いが軍隊と政府を巻き込む大騒動になりましてん。
これを聞いた軍隊は大激怒。
「天皇陛下の軍隊に警官ごときが手を出すなど、天皇陛下を殴るようなものだ」
警察も負けじと、
「お前らが陛下の軍隊なら、こっちも陛下の警官や!」
と大反論。
最初は大阪に駐留する第四師団と大阪府警のケンカやったんやけど、
マスコミがこの騒ぎを全国ネットで報道したさかい、
陸軍vs内務省(戦前は警察は国家直轄の管理でしてん)の対立になり、
一般人を「地方人」と呼んで差別してた軍隊に嫌気がさした市民は、
警察を大声援したりして、
もしこれが今起こったら、ワイドショーの絶好のネタやろな。
そしてこの事件から5ヶ月、最後はこれを聞いた昭和天皇が、
「お前ら何やってんねん!?」
と兵庫県知事を指名して仲裁を指示し、
両者和解でめでたしめでたし・・・・といきたいんやけど、
この仲裁の内容は一切公表されず、
結局警察が軍隊の威圧に折れたっちゅーのが真実みたいでんな。

この事件は

 「天六ゴーストップ事件」 

ゆーんやけど、この事件から警察が軍人を取り締まれなくなってしまいました。
つまり、軍服を着た軍人が警官の目の前で無差別殺人してても、
警察は何も取り締まれず、捕まえたりしたら、
「天皇陛下を侮辱するようなもんや」
と逆に捕まってまうような事態に陥ってしまいました。
ここから軍隊の横暴や、軍人だけを取り締まるはずの憲兵が平気で一般市民を取り締まるようになったきっかけの事件として、昭和史に燦然と輝く事件だす。

天六4

ちなみに、写真の交差点が、まさに「天六ゴーストップ事件」の現場だす。
巡査が軍人をしょっ引いた派出所は今でも現在地にありまっせ。
(建物は変わってるけどね)
スポンサーサイト

テーマ:大阪
ジャンル:地域情報

コメント

■ 

>則香はん
おおきにですー(^^)地元の人に言われると嬉しいですv-221
2005/09/20 URL のぶ #- 

■ 

さすが、のぶさん!お見事やねv-63
2005/09/20 URL 則香 #- 

■ 

>西風はん
コメント抜けてました、すんまへんm(__)m

天六は、あの商店街の独特の雰囲気がよろしいでんな。
安い食べ物屋もいっぱいあるし、下町の雰囲気も残ってるし、都心からちょっと外れてる割には賑やかやし、住むにしてもええかもしれまへんな。
2005/09/19 URL のぶ #- 

■ 

>I.Z.はん
せやから「天六」って通称知ってはったんですな。
大阪にゃ、地名やないのに地名になっとるとこが多いんですねん。
天六もそうやけど、野田阪神とか喜連瓜破なんかもええ例でんな。
喜連瓜破の人なんか、平気で「喜連瓜破に住んでま」って言うもんなー。(それ、地名やのーて駅名やん)
2005/09/18 URL のぶ #- 

■ 

関西に住んでいた頃、吹田の自宅から大阪中心部にクルマで出る時にはこの「天六」交差点から折れていました。
右折ばかりしていましたから、あまり建物は見ていなかったですね。

ところで「天六」って、「天神橋筋六丁目」なわけですが、実はそんな住所はないんですよね。
実際にあるのは「天神橋六丁目」。
ほんの200m四方足らずのエリアなんですよね。

関西に住んでいる間に一度は行っておけばよかったなぁと思っている場所です。
2005/09/17 URL I.Z. #- 

■ 

お見事!!
内容は何回か読まないと理解できないな・・
天六かぁ 何気にいいところだよな
天神橋筋商店街に うなぎの安い店あるな。。
また 散策にいこっと

やあ こんばんわ 西風でした ども
2005/09/17 URL 西風 #QnkmuDNs [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/72-691ad214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。