のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■鉄分豊富な小旅行 ~つわものどもが夢の跡~

今日はオフも延期になったし、どないしよかなーーと思っとったんやけど、
前々から行きたいと思っとったとこに、今日こそ行ってみよーと思て実行してきました。
天気がちょっと怪しかったけど、まだ雨は降ってへんさかい強行!と家を出て5分後、いきなりの大雨・・・。
なんでワシが出たらいつも雨やねん!
まあ天気予報も今日は雨やったけど、何もワシが出るタイミングを見計らって降る必要もあらへんやろーに(怒

060617 阪和線快速

雨に濡れながらもなんとか駅に到着、着いた快速に飛び乗っていざ針路を南へ。
そして、乗った快速は・・・途中の日根野止まりでした(涙
そして、目的地に向かう列車は約30分後やって。大阪やのにここからえらいローカルになってまいます。

ヒマやなーとホームでボケーっとしとったら、

060617 紀州路快速

待っとるホームの向かいに、和歌山から来た紀州路快速が止まっとりました。
そして、何かを待っとるようでございます。

060617 関空快速

数分後、向こう側から関西空港発の関空快速がやってきました。
紀州路快速が待っとったんは、この関空快速でした。

快速合体!

060617 関空紀州路快速

関空・紀州路快速に変身しました。
二つは合体したまま大阪市内へ向かいます。

こないなもんを見てヒマを潰すこと30分近く、やっと電車が来てくれて更に進みます。
そして着いたとこは・・・

060617和歌山駅

和歌山でした。
せやけど、今日は和歌山駅は中間点に過ぎまへん。
今日の目的地は、
「かつての和歌山駅」
ですねん。
かつての和歌山駅とはどーゆーこっちゃねんって?それは続きをどうぞ。

* * *
060617 和歌山市行き

今の和歌山駅から更にローカル線に乗り換えます。
2両編成、おまけにワンマンカー、いきなり超ローカルになってまいました。
1時間に1本、土日でも30分に1本しか走ってへんさかい、乗り遅れたらえらいことになってまいます。
乗ってきた阪和線の快速との接続時間はたった2分、ダッシュで飛び込みました、っての写真撮る余裕はあったりして(笑

060617 紀和駅1

列車に乗って数分、一駅乗ったら、やけにローカルな駅に到着します。
なんや、えらい手抜きな駅やなーと思うことでせう。
これが実は、県庁所在地の名前をかつていただいてた駅の成れの果てですねん。
和歌山から南紀白浜へと続く鉄道は紀勢本線ってゆーんやけど、
特急とかは全部阪和線を通って大阪まで行ってまうさかい、
和歌山市まで続く鉄道は化石のよーにひっそりと走って、鉄でもあらへん限り見向きもされへん路線やけど、
ここもれっきとした「紀勢本線」でございます。

そして、今は2両分のホーム一本しかあらへんよーになった紀和駅
これがかつての和歌山駅ですねん。
ここは元々和歌山のターミナル駅やったんやけど、南海の和歌山市駅と阪和鉄道(今のJR阪和線)の東和歌山(今の和歌山駅)に挟まれて平凡な駅に格下げになってまいました。
せやけど、和歌山っちゅー県庁所在地の駅名はそのまま残った上に、かつては急行とか寝台列車(1両だけやったけど)の始発駅にもなった、
昔は規模がデカかった駅でしてん。
今はJRの方は和歌山駅がメインになっとるけど、和歌山駅が終点の阪和線も建設計画時点じゃこの紀和駅に通じることになっとりましてん。
(なんで結局、当時何もあらへんかった「東和歌山駅(しつこいけど今の和歌山駅)」をターミナルにしたんかはわかりまへん)
せやけど和歌山市と和歌山駅が栄えるのに反比例してここあたりは時間が止まったかのよーに昔のまま残り、
ついに「和歌山」ゆー駅名も東和歌山駅に譲って、誰にも知られることなくローカルな駅として余生を送っとりました。

060617紀和駅2

大正時代に建てられた昔の紀和駅は、去年の12月に高架化のためについに取り壊しになって、
今はか細い骨組み丸出しの仮駅だけになってまいました。
大昔にこの紀和駅に下りたことがあるけど、それはそれは「旧和歌山駅」にふさわしい貫禄がある駅舎で、
当時は駅員もおって機関車も駅に止まっとったり、まだ活気がありました。
この紀和駅を撮りに行こうかと思たんがメイン目的やったんやけど、
期待もむなしく跡形もなく取り壊されとりました。。。_| ̄|○

せやけどかつては駅員がいっぱいおって活況を呈しとった「和歌山駅」も、末路はローカルな駅、
線路も貨物も扱っとった関係で4~5本駅構内に走っとったはずなんやけど、
今は全部撤去されて一本だけ。
線路の跡は、工事中で立ち入り禁止になっとるか、短い雑草が生えてるだけの更地になっとりました。
工事中の駅の敷地だけがただむなしくデカいだけでした。

「夏草や つわものどもが 夢の跡」

って詠んだんは松尾芭蕉やけど、昔のターミナル駅がこれだけ小さくなって都会の片隅でひっそりと余生を送っとる姿は、
まさにこの一句の鉄道版みたいな感覚を覚えましたわ。
昔の紀和駅の情景を知りたい方は、このサイトがわかりやすいですわ。取り壊される前の駅と今の仮駅が一緒になった画像もあります。


060617紀和駅前

これがホンマに昔の和歌山駅なんか!?
ゆーくらい寂れた紀和駅前を歩いて、雨がどんどんひどくなっていく中、
足は自然と東に向かっていきました。

060617和歌山周辺地図

和歌山周辺の鉄道路線図なんやけど、これは今の路線図やおまへんでー。
たぶん今から40年前、少なくても昭和43年以前のやけど、
地元の人か鉄な人は、駅名もさることながら線路が余計に一本多いな、と気付くはず。
地図に赤丸をしたーる部分は、今の路線図にはない、かなり昔に廃止された路線だす。
今日は、この廃止された路線をたどって紀伊中ノ島駅に到着しました。

060617紀伊中ノ島駅1

紀伊中ノ島駅は、かつて私鉄ながら超高速列車を走らせとって、戦前の評定速度記録(事実上戦前の最高速度)を樹立して30年破られへんかった阪和電鉄(今の阪和線)の駅として開業され、
私鉄時代は特急、国鉄になっても快速が止まっとった駅やったんやけど、
今は無人駅になって、和歌山市内ゆーのにひっそりとした駅になっとりま。
周りに何故かビジネスホテルとか、古めかしい旅館があるんが、昔栄えとった名残かもしれまへんな。
1日の乗降客600人のとこに旅館なんか営業しとっても客なんかこえへんやろに・・・。
ちなみに、画像の駅舎は開業当時(昭和10年)からそのまんまだす。
なんかやけに個性的な駅舎やと思いまへんか?
やっぱ昔は重要な駅やったんか、駅の作り自体はかなり立派ですわ。

060617紀伊中ノ島駅2

今は無人駅になってもーたらしゅーて、かつての改札口と切符売り場は閉鎖されとります。
奥に自動券売機とICOCAの接触機があるんが妙にアンバランスですわ・・・。

060617紀伊中ノ島駅3

今の和歌山線は、田井ノ瀬から大きくカーブして和歌山駅へ線路が延びとるけど、
昔はまっすぐ線路が伸びて、ここ紀伊中ノ島から紀和、そして和歌山市へ列車が走ってましてん。
この路線は昭和49年に廃止になってもーたけど、ホームはまだはっきり残っとったりします。
駅の、老朽化でかなり錆びが目立つ昔の改札口をくぐったら、前に白い柵があります。
そこの奥だけもっこり盛り上がった部分があるけど、
そこがかつての和歌山線のホーム跡だす。
画像を見たら、はっきりホームの形になっとることがわかると思いま。これは紀和駅方面を向いて撮っとりま。
ググったら、同じよーに廃線跡を訪ねて歩いとる人のサイトは山ほど出てくるんやけど、
別サイトによると構内はかなり広くてホームもかなり長いらしいです。
画像左の団地はJRの社員団地になっとって、制服着て出勤する若いにーちゃんがおったりしました。
雨さえ降ってへんかったらもっと画像を撮っとったんやけど、雨が止むどころかひどくなる一方やさかい、
これ以上の散策は断念、むなしく家に帰ることにしました。

今日回った紀和駅にしても紀伊中ノ島駅にしても、
昔は主要駅として輝かしい歴史を持ちつつも、今は地元の人と鉄な人しか知らん駅になっとる、
まさに「つわものどもが夢の跡」の鉄道版にふさわしい駅の散策でした。
数々の人間がここを乗り降りし、出会いと別れを繰り返したことでしょう。
今は、その思い出を壁に遺しながら、遺産のように余生を過ごす両駅でした。
そしてちょうど紀伊中ノ島駅をブラブラ見とる時、偶然MP3プレーヤーのBGMが「いい日旅立ち(鬼束ちひろバージョンやけど)」になって、余計にノスタルジックな気分になってまいました。

まあ、今日は雨につきこれだけの旅やったんやけど、
たった2駅ながら、何故かおなかいっぱいな旅でしたわ。



<おまけ>

060617中村屋?

紀和駅から紀伊中ノ島駅に行く途中で見つけた、古いけど風雅な香りがする旅館だす。
(大)雨、それも傘なしやったさかいダッシュで紀伊中ノ島駅まで駆け抜けたんやけど、
この旅館を見てアンテナがピンと働いて立ち止まってまいました。
せやけど雨宿りするとこが全然あらへんさかい、写真だけ撮ってとっととさいならしました。
くそ~!(大)雨さえ降ってへんかったらな~。
今度はプリ出動でリベンジじゃ~。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行
ジャンル:旅行

コメント

■ 

和歌山に来られてたんですか。。。
ご一報くだされば(^^;;
土曜なら暇で和歌山駅周辺をうろちょろしてましたで。

最後の「ピンときた」は正解です。
中之島-紀和の間は○線がありました。
区画整理がされてどんどん追いやられてましたが中之島ロータリーと旧国道24号線の間に道が開通するまではけっこうありましたよ。

Takeさん 貴志川線の1200系?は姿を消しましたよ。
今は現在の全部冷暖房付きの南海色の電車に置き換わってます。
2006/06/18 URL trump@和歌山 #NcDS4lkQ [編集] 

■ 

 紀和駅とは懐かしいですね。
 中学&高校の6年間、この路線で通学していました。通学しだしたころは、まだ電化されておらずディーゼルカーでした。
 かつてあった2番線と3番線のホームも電化されましたが、電化されて数年でまったく使われなくなり、架線やレールがはずされた記憶があります。
 確かにのぶさんがすきそうな古い駅舎でしたね。
 ちなみに和歌山駅から出ている貴志川線には乗らなかったのですか?かなり古い車両が使われていたかと思いますが。
2006/06/17 URL Take@志摩 #u8NJbzl. [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/518-20f4f844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。