のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■中国とワシ

プリウスの記事ばっかしやったら飽きるやろうから、
ちょっと自己紹介代わりに観点を変えた記事を書かせてもらいま。

ワシの、ここのブログ見てると、中国とぜーんぜん関係なさそうな感じがするやろうけど、
実は実は、ワシと中国は腐れ縁ちゅーか、仲がええのか悪いんかわからんような関係なんやわ。
縁を切りたくてもなかなか切られへんうちに、こっちが根負けしてもーて、
「もうええわ。あんさんとは一生お付き合いさせてもらいますわ」
ってなってもーたってゆーた方が早いかもしれへんわ。

ちなみに、『中国』ゆーても 『中国地方』 ちゃいまんでw

中国とワシとのお付き合いは、もう12年にもなってしまっとります。
12年前、なんかよーわからんまま「中華人民共和国」の土を踏んでしもた、高校卒業したてのワシがおりました。
元々海外は好きやさかい、
「狭い日本は住みづらい。海の向こうにゃ広い大陸が待っている」
なんて昭和初期のスローガンそのまんまな感覚で行ったんやけど、
まさか×2中国に行くとは思わんかったわ。
ふつう、留学とかやったらアメリカとかイギリス、オージーとかを思い浮かべるやろうけど、
ワシの場合は何故か中国やってんやわ(-_-;)
今でこそ中国がいろんな意味で注目浴びてて留学したり働きに行く人が多いんやけど、
12年前ったらほとんど注目されてへん時期やさかい、
中国に留学するっちゅー人間ったら、かなりの天邪鬼か、中国に思いいれがある中国マニア、
そして学校のプランで半分イヤイヤ来てる人くらいやったわ。
中国留学っちゅーのも当時はメチャクチャマイナーで、
友達に「中国行くねん」ってゆーても信じてもらえず、
現地から手紙書いたりしたら、
「なんで『中国』やのにエアメールなん?」
って言われる始末。
挙句の果てにゃ、一時帰国した時にお土産にお茶こーてきたら、
「何で『中国』やのに土産がお茶やねん。『中国』ゆーたらもみじ饅頭やろ!」
て怒られたわ。これ、ウソのような実話でっせ。
そう、みんな『中国』ゆーたら「中国地方≒広島」思てたみたいやな。
それくらいマイナーでしてん、中国行くっちゅーのは。

せやから、よく言われんねん。
「そんな時に中国行ったんやから、よっぽど中国に思いいれがあったんやろね」
答えはノー
中国に行く時、中国なんか全くキョーミございませんでした。
今は、たいていの人は、中国語で「こんにちは」は「ニーハオ」って言うのは知ってると思うんやけど、
当時のワシは中国に対する知識なんかぜ~~んぜんあらへんかったさかい、
「ニーハオ」なんてぜ~んぜん知りまへんw
「中国語で「こんにちは」って何て言うんやろ?・・・まあええわ」
ちゅーアホそのまんまの勢いだす。
よーそんなんで中国に、それも一人で行ったなーなんて言われるんやけど、
それをいっちゃん実感しとるんは、当の本人でございますw
当時は18歳やさかい、勢いのまんま海外へ飛び出したんやけど、
冷静に考えたら人生最大のギャンブルやがな。

↓続きありまっせ~。
* * *
で、初めて中国に着いた時の感想なんやけど、
大阪空港(関空は開港してへんかったから伊丹の方ね)から上海の国際空港、今の虹橋空港にたどり着いた時、中国を見た感想は、

 「しもた!来る国間違えた・・・_| ̄|○ 」 

国際空港やっちゅーのに、出口でいきなり子供に小便させてる親がおるわ、
いきなり白タクの運ちゃんが十数人群がってくるわ、
(これはある意味あまり変わってへんかも)
空気はオレンジ色やわ(これはむしろひどくなってる)、
空港ロビーでタンとかツバを吐くわ、
もうそれはカルチャーショックの百家争鳴状態やったわい。
12年前とはゆーても、あの時のショックははっきり覚えてま。
折り返しのJALの便でホンマ帰ろうかと思ったわ。

せやけど、自分から中国に行くゆーて親に無理ゆーたさかい、
こんなんで帰るわけにもいかへんさかい、まずは3ヶ月くらい様子見て、
それで慣れへんかったら日本に帰ろって思て3ヶ月様子見たんやけど、
これがこれが、中国に見事にFITしてもーて、現在に至ってるんやわw
その慣れよう、
「お前ほど中国が似合っとる奴おれへんわ」
って留学の同期に冷やかされたくらいやったらしゅーて、
同じ日本人留学生にゆわせたら、完全に同化しとったらしいわ。
なんか、やりたい放題、ある意味無法地帯の中国がよっぽど肌におーたらしいでんなw
中国語も、なんかよーわからんけど口におーたらしゅーて、
今でも中国語でメシ喰うてるようなもんだす。
そして、舞台を上海から南の広東に本拠地を移して、
広東飲茶三昧に舌を肥やしながら中国ライフを満喫してましてん。

結局、通算で7年くらい中国に住んでもーたわけやけど、
中国がイヤになった時もありましてん、それも2回3回やおまへん。
それで、「もう中国飽きたわ~」って日本に帰った時もあったんやけど、
その度に中国に引き戻されてま。
中国との根競べが続いてたわけなんやけど、結局ワシが根負けしてもーたわけなんですわ。
もう、ある意味一生のお付き合いでしょうなー。

ってまあ、まだ語ってへんとこはあるけど、こんな感じですわ。
中国がある意味庭っちゅーのもあるさかい、またちょくちょく、
「現実の中国」
ちゅーのを語っていきま。
こんな奴やけど、改めてよろしゅーたのんまっせ(^^)/
スポンサーサイト

テーマ:中国マナー
ジャンル:海外情報

コメント

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/47-6aeb858f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。