のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■グリル塞ぎの効用

グリル塞ぎ2006 その3


グリル塞ぎ2006 その2


上の画像のよーに、マイプリにゃグリルを塞いどります。
上グリルも下グリルも、ほとんど全部塞いどるわけやけど、
こないなことしとる理由は、まあワシは諸先輩方のマネしとるわけやけど、
冬にグリルから入ってくる冷気を遮断するためにやっとるわけですわ。
プリウス乗りでも、こないなことしとるんは少ない方やろーけど、
某地方やとこれがまるで標準装備かのよーに、みんなつけとったりします(笑
それによってエンジンとかの冷えを抑える、
先には燃費を上げるのが目的っちゅーわけやけど、

「こんなんで効果あるんやったら、メーカーが標準装備にしとる」
「やってもやらんでも同じ」
ちゅー声もオフ会とかでチラホラ聞いとります。
せやけど個人的には、もし効果があらへんかったら、いろんな実験をしては効果を確かめとる研究熱心で分析好きな諸先輩方のこと、
グリル塞ぎの効果が期待できへんかったら、とっととこないなもん捨ててもっと効果あることしとるやろー、
と思っとります。
まあぶっちゃけ、ワシもグリル塞ぎしてどないな効果あるんやろか?
とは思ってるんやけど、
前の笠岡オフの帰りに、気候的なもんと高速道路を走るっちゅーことで、
グリル塞ぎしとる時としてへん時の水温と吸気温の変化を意識して見てみました。

ちなみに、条件は、

1.高速道路を、時速80~85km/hで30分走ってみる。
2.気温はだいたい13~14℃
3.暖房は、つける時とつけない時で変化を見てみる
ってな感じだす。
* * *
1.グリルほとんど100%塞ぎの時

まずは、真冬の時と同じよーに、グリルをほぼ完全に塞いだ時の状態で走ってみました。
水温は見る見るうちに上昇、15分もしたら90℃を軽く突破
そこから、ちょっとSuperMID T-1(水温計)を見んうちに、一気に99℃になってまいました。
そこから暖房をつけてみて熱を逃そうとしたんやけど、
一時は95℃まで水温が下がったものの、ちょっとアクセルを踏んで速度を上げたら、また99℃になってまいましたわ。
ちなみに、こん時の吸気温は25~27℃くらいでした。

2.上グリルを外して走行

このまま99℃のまま走っとったら、オーバーヒートの危険性があるさかい、PAに寄って上グリルすべてを外してみました。
ちょっとPAで休憩しとったさかい、再スタート時の水温は77℃まで下がっとりました。
そしてまた80~85km/hをキープして走ってたら、またいつものよーに水温が上昇してきたんやけど、
暖房なしやったら92~93℃くらいが上限で、そこから暖房をつけたらだいたい88~90℃でほぼ安定しとりました。
吸気温は、グリル塞ぎしとる時と比べておおむね8~10℃ほど低下しとりましたわ。

ワシがSuperMID T-1をつけた時は既にグリル塞ぎをしとった上に、季節はさむ~~~い真冬、
グリル塞ぎしとる時としてへん時の比較はロクにせーへんかったけど、
水温と吸気温の関係を見てたら、あれだけでもけっこう変化はあるみたいでんな。

060213隙間塞ぎ1

060213隙間塞ぎ2

書き忘れそうになったけど、上下グリル塞ぎだけやのーて、ボンネットの隙間もゴムで塞いどります。
プリウスのボンネットの隙間、ゴムスポンジで埋めることできるくらいに、意外と空いてたりしとりまっせ。

せっかくガソリンをつこて暖めたエンジンを、冷気で逃がさんためにも、これは燃費道のために通るべき道なんかもしれまへん。

せやけど、水温の変化を見てもろたらわかるよーに、
高速道路を走ってたりしたら簡単に水温99℃いってまうさかい、
オーバーヒート
にゃくれぐれも気をつけてくんなはれ。
スポンサーサイト

テーマ:ハイブリッドカー
ジャンル:車・バイク

コメント

■ NoTitle

こんばんは。先日東京へ行ったときに下グリル塞ぎ外しましたが、また今日塞ぎました。それでも、燃費走りすると、水温が下がる下がる。今日は88℃から一気に55℃まで下がりましたよ~。
そのときの燃費は36.0Km/Lでした。36Km走行。
GW過ぎたら1000マイルにチャレンジしてみっかな?
2006/03/04 URL 【ユウ】 #- 

■ 効果の程は?

私もこの冬グリル塞ぎに挑戦しました。今日のブログに写真載せました。下グリルは跡が残らず簡単に外せるようにエアパッキンをケーブル結束バンドでとめてあります。

効果の程は・・・わかりません。アイドリングが止まることもなく、燃費も昨年より悪いし・・・-10度を下回る真冬ではあまり効果が見られませんでした。暖かくなってきた最近はエンジンが早めに止まるようになった気がしますが気のせいかも知れませんね。
2006/03/04 URL sasa@盛岡 #mQop/nM. [編集] 

■ NoTitle

>めいたはん

>人間だと、夏も冬も同じ服装ってのはあり得ないと
そない言われたら説得力ありますねー。犬も夏毛と冬毛がありますし。
実験結果おおきにでした。きっちりやってるんですね(笑
せやけど、これだけ数字の差が出たら明らかにグリル塞ぎ効果以外の原因はないですね。
もちろんグリル塞ぎの程度にもよりますが(何しても隙間風は入るやろーし)、特に雪国やと寒冷地仕様で、ボタン一つでグリル塞ぎが標準装備になるとか!?(笑
2006/03/04 URL のぶ@大阪 #- 

■ NoTitle

>Take@志摩はん
T-1があるさかい、グリル塞ぎしてもかまへんと思いまっせ。上グリルは脱着可能にして外せるよーにしたら、まあオーバーヒートはおまへんやろ。

>ボンネットの隙間ぐらいはふさぎたくなってきています。
これやったら、ホームセンターのテープ付きゴムスポンジですぐ塞がります。
せやけど欠点は、2mやとわずかに足りん、3mやと余り過ぎになるってことですわ(笑
2006/03/04 URL のぶ@大阪 #- 

■ NoTitle

>やましんはん
レンタカーやとやっぱりいろんな人が乗っとるさかい、学習効果で多少悪ーてもしゃーないですやろな。そこを調教しなおす楽しみが増えるっちゅーことで(笑
前に試乗車に乗った時は、ペダルもハンドルもなんとなく重い感じでした。

グリル塞ぎしてへんかったら、止まってどっか行って30分後くらいに帰ってきた時の水温が全然ちゃうと思います。それでせっかく水温80℃いってたのに、放置で水温が下がってまた暖機・・・ってな無駄を防ぐためにも、これは有効やとは思いますわ。
2006/03/04 URL のぶ@大阪 #- 

■ NoTitle

人間だと、夏も冬も同じ服装ってのはあり得ないと思うので、冬になるとそれなりの対策をするのはアリだと思っています。
富士山とかの長~~~い下り坂だと、下っているうちに水温が59℃を下回っていて、いつの間にか3ステージに戻ってしまいます。

「アイドリングチェックは済んだはずなのになんで復活したんだー?」とか悩んだりする訳で、冬の間はした方が良いかと思っています。
勿論何らかの形で水温チェックは欠かせませんが(汗

2年前の実験ですが、7キロ下って温度チェックをしたことがあります。その時の結果だと、

    標高  距離km 防寒あり  防寒なし
スタート(335)   0    91℃    91℃
中間点 (157)  3    84℃    80℃ 
終着点 ( 74)  7    76℃    65℃

でした。これの実験は5月頃でした。真冬とか、もっと距離があると差が更に開くかも。。。
2006/03/04 URL めいた #EBUSheBA [編集] 

■ NoTitle

グリルふさぎ、私も興味はあるんですよね。
 T-1をつけていると、下り坂などでどんどん水温が下がるのが分かりますし。
 次の冬まではふさがないつもりでしたが、ボンネットの隙間ぐらいはふさぎたくなってきています。
2006/03/03 URL Take@志摩 #u8NJbzl. [編集] 

■ NoTitle

こんばんは、やましんです。今は関東へ出かけていて、レンタカーでプリウスを借りることができたので乗り回しています。私も自分の車はグリルふさぎ(上100%、下90%)をしているのですが、何もしていないレンタカーのほうは、慣れない道を走っていることもあると思いますが、1割ぐらい燃費が悪い感じです。同じ車でも自分の車のほうがなじんでいる感じがしますね。これが学習効果というものなのでしょうか。
2006/03/03 URL やましん #- 

■ NoTitle

>バサラはん
ワシの場合は、グリルほぼ完全塞ぎの場合、普通に30kmほど平地を走ってだいたい最高温度90℃(T-1による)くらいですわ。
たまーに92℃とかなる時はあるらしいけど、マイプリは体温高いのか!?(笑
2006/03/03 URL のぶ@大阪 #- 

■ 私の経験だと?

私のプリウスは普段上グリル100%閉鎖
下グリルは一番下の1スロットのみ開放です。
今の時期であれば高速の80km~100Kmの定速巡航でも
99度に達することはまずありえません。
通勤時も90度を超えたのも見たことがありません。
(軽い峠を越える?コースです
通勤時、私の場合ならグリル全閉鎖でも99度は無いと思われます。
気温は-3度~8度くらいです。
ただし急な峠を上ったら確実に99度に達するでしょう。

燃費的には高速走行ではさほど効果は無いような気がします。
ただし下道での燃費運転の場合は効果は絶大だと思いますね。
下りの長いコースだと気温低下による影響が上りよりはるかに大きくでます。
(気温低下=水温の低下ですので
2006/03/03 URL バサラ #- 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/393-d5686096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。