のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■中国ゲテモノ紀行

あるものの炒め物


これは、中国で食ったあるものの炒め物です。

さて、ここでクエスチョンです。
これは何の動物の炒め物でしょうか?

* * *
アメフラシ


正解はこれでした。
これ何やって?これは
アメフラシ
でっせー。
おいおい、こんなもん食えるんかよ!?って思うやろーけど、
事実中国じゃ、さすがに日常食やないけど食えたりしますねん。
このアメフラシも接待で出てきたんやけど、
客(日本人)と「これ何でしょうね?」と言って聞いてみたら、
最初は自分のリスニングが間違ってたんちゃうか!?って思ったくらいでした。
何回か聞いて確信を持ったんやけど、通訳しようかどないしよか迷いましたわ。


中国じゃ、日本の常識をはるかに超えた食い物が出てきたりします。

四つ足のものは机と椅子以外
空を飛ぶものは飛行機以外
そして海に棲むものは潜水艦以外

何でも食う

って言葉はけっこう有名やさかい、聞いたことある人はおると思うけど、
とにかく中国じゃ何でも食材にしては胃袋の中に入っとります。
中国では、客人をもてなす時にゃ、幹事がコネと金を使ってできる限りのゲテモノ料理を振舞う、
って習慣がありますねん。
逆にゆーたら、ゲテモノが多ければ多いほど客として優遇されとるってこっちゃやけど、
ゲテモノを振舞われる方は、ぶっちゃけたまったもんやおまへん。
何をどうして食ってええんか理解に苦しむもんが多いさかい、
とにかくどないして食うのを断ろうか、食事やのに頭フル回転してまいます。
「ホンマ白酒(アルコール50度は軽くいく中国ウォッカ)20杯で許してーな」
って思うけど、中国人はまず許してくれまへん。
とにかく食うまで宴会は終わりまへん。一回仮病つこてホテルにヒッキーしたこともあるけど、
余計な心配をしてくれたのか、次の日はゲテモノ漢方薬地獄が待ってましたわ(笑
ワシが実際に食ったことあるだけでも、上のアメフラシの炒め物の他にも、
・スズメバチ(らしい)のから揚げ
・サソリのから揚げ
・インドシナコブラの生き血
・クマの脳みそ
・ゲンゴロウの炒め物
・シロアリチャーハン
などなど、今思い出しただけでもゾッとしてまいますわしかし。
ホンマ昆虫系と内臓系だけは勘弁してくれ~~(涙

ちなみに、ゲテモノ文化は中国が有名ゆーたら有名やけど、タイもけっこうゲテモンが多くて、それも昆虫系が多かったりしまっせ。
そんなゲテモノ天国の中国でも、特にゲテモンのメッカと言えるんが南部の広東省。
ちなみに、ここで言う広東省は、広東食文化圏の香港も含みまっせ。

「中国人って何でも食うみたいやね」
って中国人に言ったら、
「広東人と同じにするな」
って回答が来ると思いますわ。
中国人の中でも、「ゲテモノ=広東省」ってイメージがあるくらい、それはもう身の毛もよだつゲテモノ天国でございます。

例えば、けっこうポピュラーなゲテモノにがあります。
中国人は犬を食う、ってのは実は広東省の人間のことで、
中国北方では犬は一切食いまへんねん。
北京とかでも「犬料理」の看板掲げとるとこはあるけど、
それは犬を食う習慣がある朝鮮族の人だけで、漢民族は死んでも食わんそーな。
これは、昔は食う習慣があった見たいやけど、モンゴルの元の時代から食えへんよーになったそうな。
(モンゴル人の先祖は狼って神話があるさかい、親戚の犬を食うのはご法度になって、それがそのまま現在に至ってる、と言われとりま)
広東人の犬好きはかなりのもんで、
中国最大の食い倒れ、街ごとレストランの広州なんかに行ったら、
レストランに犬がそのままぶら下がっとることも。
ローストになっとるさかい、一目見たら子豚と間違えそうやけど、
よーく見たら尻尾が長いさかい、わかる人にゃわかりますわ。
北京の有名な料理は「北京ダック」やけど、
広州は「広州ドック」と留学しとった時よくゆーとりました。
広州とかの広東省は、11月くらいになったら犬鍋のシーズン、
レストランのあちこちに、
「犬肉入りました!」
って看板が立ちます。
そう、広東秋~冬の風物詩が犬鍋ですねん。
「冬は犬に限るよな~。これ食わんと冬が来たって思わん」
と広東人がゆーとるかどーかは知らんけど、
とにかく広東中から犬が消えてまうくらい消費量が増えます。
いや、広東に野良犬がおりまへん。なぜならばそこらうろついてたら全部鍋にされてまうさかいにな・・・。
中国原産の犬に、チャウチャウってのがおるけど、
何を隠そうこのチャウチャウ、観賞用やのーて食い物用に品種改良された犬ですねん。
で、肝腎の味はどないなんやって?もちろん犬は食った(いや、食わされたか)ことあるさかい、味はわかるけど、
なんか臭い鯨肉って感じでんな。臭みを消すために香菜(シアンツァイ。パクチーとも言いまんな)を鍋いっぱいに入れとります。
ワシはこの香菜が嫌いやさかい、犬の臭さと香菜の臭さで食欲が余計に落ちてまいましたとさ。

広州で是非行って欲しいんが、やっぱり市場でんな。
どこの国でも、市場に行ったら地元の人が何食っとるんかよーわかっておもろいんやけど、
広州の市場は、それはそれはヘタなペットショップ、いや、動物園よりすごいかもしれまへん。
「おいおい、こんなもんホンマに食うんかい!?」
と思ってまうよーな食材が豊富に揃っとりまんで。
犬・猫・兎・サンショウウオ・イモリ・スッポン・ヘビ・ゲンゴロウ・ダチョウ
・・・まあこれくらいならまだゲテモノ初心者編、
もうここでは恐ろしくて書かれへんもんまで売ってたりしますわ。
さすがに「これホンマに食うんか?」って聞いたことあるけど、
「美味いぞ、食ってみろ」と言われてビックリするもんもあります。
さすがにパンダは食ったら死刑やけど、中国人のこっちゃやから、絶対ヤミで食っとるに違いない。

そう、中国料理はチャーハンとか餃子だけが中華やおまへん。こないなゲテモノも立派な中華料理なのです(汗

せやけど、お国変われば見方も変わるもんで、
中国人に言わせたら日本人もけっこうゲテモノ食いみたいでんな。
さすがの中国人でも絶対食えへんけど、日本人が大好きなもんに、海産物があります。
ワカメとかコンブとかノリとかはさすがの広東人も口にせーへんみたいで、
中国人に言わせたらゲテモノなんだそうな。
生魚を食う習慣も広東と福建しかあらへん習慣で、北京とか上海人は、生ものなんぞゲテモノやん、って言います。
ちなみに、広東人は大昔から生魚、フグも食ってたって記録もありますねん。
(大連でも食うけど、これは日本人が遺した習慣なんだそうな。そして台湾はここじゃ別の国として扱いまっせ)
1000年前の中国の歴史書に、
「南方の奴らは生魚を食うそうな。なんとお下劣な奴らなんだ」
って報告があるくらいで、
中国語は実は最近まで「刺身」って単語がなかったんやけど、
(単語は台湾から輸入されました)
昔から魚大好きな広東人は「魚生」っちゅー独自の単語があります。
ちなみに、広東に行ったらフグは絶対食わん方がよろしいでっせ。
日本みたいにフグ調理の資格あらへんさかい、素人が調理して毒に当たって死ぬ人が続出しとるみたいですわ。

そして、ゲテモノってわけやあらへんのやけど、
中国をブラブラ旅行しとった時のこと。
外は吹雪な夜の田舎のレストランで日本人5人で、
「寒い時はやっぱ鍋に限るな~」
とばかりに鍋しとりました。
一通り食べ終わった後、なんかもったいないさかい、5人で話し合って雑炊しようってことになりました。
ご飯いっぱいと醤油持ってきてくれ~とオーダーしたら、
レストランの店長は「こいつら一体何すんねん!?」っておっかなビックリ、
ワシらが鍋にご飯入れて醤油を入れとるのを見て、目が点になりながら呆然としとりました。
そして、生卵をかけてみんなで突っついとる姿に、
「に、日本じゃこんなもん食うのか?」
と恐る恐る聞いてきました。
「おう、美味いさかい食ってみー」
と差し出したら、悲鳴をあげて逃げていきましたわ。
ワシらにとっちゃ鍋の後の雑炊は当たり前みたいな感じやけど、
中国人にとっちゃ「ゲテモン」なんやろな。

まあそんなわけで、中国じゃ何食わされてもおかしゅーおまへん。
食ってもある意味ネタになるさかい、中国に行ったらゲテモノ一ついかが?
スポンサーサイト

テーマ:中国
ジャンル:海外情報

コメント

■ Re: タイトルなし

>カズハゼさん

はじめまして、コメントおおきにですm(_ _)m

> 広州・・・・すごいですね。広州ドックで笑ってしまいました。

広州ドッグはもちろん俺の造語やけど、中国人にもウケたりします(笑
2012/06/17 URL BJのぶ #- 

■ 

始めまして。カズハセと申します。アメフラシのことを調べててこちらの記事にあたりました。
広州・・・・すごいですね。広州ドックで笑ってしまいました。
2012/06/01 URL カズハセ #mQop/nM. [編集] 

■ 

>静@新潟はん
ワシはもう見慣れて感覚がマヒしてもーとるけど、
あの姿は衝撃的ゆーたら衝撃的ですもんね。

>全部買い占めて逃がしても
全部は無理やけど、かわいそうに思て、犬と猿を買ってきてそのまま飼ってた日本人留学生がおったけど、
やっぱり相当弱ってたんか、両方とも4日くらいで死んでまいました。どっちにしても死ぬ運命やったんでしょうな。
2006/02/16 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

以前テレビで中国の市場の特集をしていましたが、
思わずチャンネルを変えてしまいました。
狭い檻に猫や鳥がギュウギュウ詰めになっていました。
食文化の違いとは言え見ていられませんでした。
全部買い占めて逃がしても元の木阿弥なんでしょうね
2006/02/16 URL 静@新潟 #- 

■ 

>やまはん
アメフラシの味は、まずまずでしたで。
ちゃんと味がついとるさかい、アメフラシって言われへんかったら
別に違和感おまへんで。
ワシも昆虫系だけは勘弁して欲しいですわ(汗
レストランの水槽にゲンゴロウが泳いでる姿見て、
客(中国側)が(ワシがゲンゴロウ)食べたいんちゃうか?と気を使って(明らかに誤解して)
ゴンゴロウのから揚げ頼んでくれた時は、
マジで生きた心地せーへんかったですわ(笑
2006/02/16 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

>コテハンはん
確かにカタカナにしても漢字(中国語)にしても、
そのまま「ドッグ」に「狗」やさかい、
ホットドッグの現物見たことあらへん人やったら、
犬肉のあれやと思ってもしゃーないでんな。
2006/02/16 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

>信ちゃんはん
中国は、生卵に限らず火を通さん食べ物に抵抗ありますねん。
日本人は刺身大好きやさかい、よー刺身食ってたけど、
中国人に言わせたらかなりクレージーらしいし。

>無錫は大丈夫なんやろか
大丈夫でしょう、そんなにゲテモンは出てこえへんと思いまっせ。
あそこは湖があるさかい、魚が多いとは思いますわ。
まあ、「そんなに」のレベルとは思うけど(笑
2006/02/16 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

Take@志摩はん
生卵を食う習慣があるんは、恐らく日本だけかもしれまへん。
あと、タコも食う地域は案外少ないですし。
キリスト教世界では、地中海沿岸地域を除いて
タコは死んでも食わんそうでっせ。
たこ焼き大好き!ってゆーとるドイツ人の知り合いも、
タコはきっちり抜いてるし(笑
2006/02/16 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

写真のアメフラシは味どうなん?(笑)
なんか動物系の下手物はまだ食えそうやけど
虫系は絶対ダメだと思う(^^;
2006/02/16 URL やま #- 

■ 

ホットドッグ(熱狗)を犬の肉と勘違いしてる西安人がいました。
決して食べようとしなかったです。
2006/02/15 URL コテハン #g/0sS8o6 [編集] 

■ そう言えば

最近、中国の研修生がよく来日されます。わが社の独身寮に泊まるのが通常ですが、朝食jに生卵が毎朝出てくるのには閉口したそうです。周囲では日本人が生卵をご飯にぶっかけてうまそうに食うのをみて気分がわるくなったこともあるそうな。

昔、ブラジルでアルマジロを食べさせらたことがありますが、これ見るとゲテモノレベルが違いすぎですねぇ(笑

無錫は大丈夫なんやろか・・・ちょっと心配(^_^.) 
2006/02/15 URL 信ちゃん #i9cCLlOw [編集] 

■ 

 海藻を食べない国は多いようですね。
 生卵もだめな国が結構あるという話しも聞いたことがあります。私らは卵ご飯を喜んで食べますが。
 しかし、中国の高級食材として有名なツバメの巣は、海藻を材料にして出来た巣だと聞いたことがあるのですが、海藻そのものはだめなのですか。意外です。
2006/02/15 URL Take@志摩 #l/XKnrVU [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/357-b94c2eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 日本人とくじら食文化--クジラ(鯨)の部位--

縄文時代から食生活の一部として鯨の肉を食べ、骨を生活の用具として利用していたことが、各地の遺跡から明らかになっています。室町時代には高級食材とされていたため、一部の権力者だけしか食べることができなかった鯨肉も、江戸時代には庶民に広がり、貴重なタンパク...
2007/04/13 くじらネットブログ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。