のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■ヤムチャ

中華料理と言われてすぐ思い浮かぶんが、
・チャーハン
・ギョーザ
・麻婆豆腐

とかでしょうな。
確かに上の中華料理ゆーたら、日本人が大好きな中華の王道みたいなもんですやろな。
せやけど、これは当たり前かもしれへんけど、日本の中華は日本人に味を合わせてるってゆーても良くて、
中国で食ったら、ちょっと味がちゃいますんやわ。
おまけに中国ゆーても地方によって味も様々で、昔から

北は塩辛い
南は甘い
東は酸っぱい
西は辛い


ちゅー味付けなんですわ。
確かに、北(北京とか)は、日本でも東北地方の料理は塩辛いのと同じく塩辛く、
東(上海とか)はお酢をふんだんに使って酸っぱいし、
南の広東とか香港のコーヒーなんか、甘すぎて飲めたもんやありまへん。
特に辛さが引き立ってるんが、西の四川省でございます。
北京とか上海とかに比べて、四川省に行った人はかなりマニアックな部類と思うけど、
ここの四川料理の辛さは有名で、麻婆豆腐もここが発祥で、中華の鉄人、陳健一氏のお父さんが日本に持ち込んで、日本人の味に合わせたのが今日本人も大好きな麻婆豆腐やと言われとります。
せやけど、本場の麻婆豆腐ゆーのはとにかく辛い!辛いを越えてるかもしれまへん。
中国では、実は「辛い」には、塩辛いの他にももう2種類あって、

・辣:純粋な唐辛子の辛さ
・麻辣:舌が痺れるくらいの辛さ


っちゅーのがおます。
(麻:痺れる・マヒする、っちゅー意味だす)
四川料理は下の「麻辣」の部類に属してて、唐辛子だけやのーて山椒もふんだんに使うさかい、
もう舌が痺れてしゃーありまへん。
本場の麻婆豆腐も同じく「麻辣」に属してて、食べてると舌に感覚がのーなって、
その後何を食っても味がせーへんくらいになりますわ。
辛いの大好き♪って人も、さすがにこの「麻辣」には参るみたいですわ。
蛇足ながら、「麻婆豆腐」の起源は、今から百数十年前に、陳さんっちゅーあばた顔のおばちゃんが作った料理で、
名前もそのまま

麻:あばた
婆:おばちゃん
豆腐:豆腐(料理)

(ここでの「麻」は「あばた(顔)」っちゅー意味だす)

ちゅーことなんですわ。中華料理ゆーても名前のつけかたは単純なんですわ。
で、この陳さんの子孫は今でも四川省で麻婆豆腐専門店をやってて、
その名も
「陳麻婆豆腐店」
・・・ってそのまんまですわ(笑
ここの本家本元麻婆豆腐、四川省に行ったら一回食ってみなはれ。
辛いのに弱い人は、心臓に悪いくらい「麻辣」やさかい控えめにした方がええと思うけどね・・・。
ほな、中国一辛い料理は四川かゆーたら、実はそうでもありまへんねん。
こんな舌が痺れるくらい辛い料理を毎日食っとる四川人も、
「ここの料理は辛くて食えるか!」
ゆーとる地方がおます。それが中国南部の湖南料理
毛沢東の故郷でもあるんやけど、確かにここも辛いっちゅー次元を越えとりま。

本題からずれそうやさかい、話を元に戻しま。
隠れた中華料理っちゅー感じで隠れた人気があるんが、

ヤムチャ

ですやろな。
ドラゴンボールのヤムチャやおまへんで(笑
ヤムチャゆーのは、日本人は中華料理の一部と思われて、中国のどこでも食えそうな錯覚持ってそうやけど、
ヤムチャゆーのは元々中国の南部、広東省のみにある習慣で、
食前食後にお茶を飲んでのんびり談笑するっちゅーことから始まったことですねん。
事実、ヤムチャを広東語で書いたら「飲茶」
北京語で書いたら「喝茶」になって、発音も全然ちゃいます。
せやさかい、北京とか上海の人に、ヤムチャゆーても、何が何だかさっぱりわからんと思いますわ。
そして、そのお茶飲んでワイワイしゃべる際のおつまみとして出てきたんが、
ワシら日本人が言う「ヤムチャ」になったっちゅーわけですわ。
これは中国語で「点心」って書いて、広東語で「ディムサム」(北京語やと「ティエンシン」)って言いま。
このディムサムは英語にもなってて、dimsumと書けばヤムチャとかのおつまみなんだそうな。
せやさかい、中国に行って、「ヤムチャ食べたい~」(厳密にゆーたら「ヤムチャした~い」)って言っても、
高級広東料理店にでも行かんと食えまへん。
上海やったら、香港からやってきたヤムチャ点心専門店のチェーン店があるけど、
それでも本場広東のレベルからゆーたら詐欺みたいなマズさですわ。

ヤムチャの故郷の広東省広州やと、そこそこのレストランに行ったらどこのレストランでもやっとります。
食い物ゆーより習慣やさかい、ヤムチャがあらへんと1日が始まらん!ちゅーくらいみたいでんな。
この広州、中国の中でも自他共に認める「食い倒れ」の街で、
社会主義の中国でもここだけはずっと資本主義を貫き通してたっちゅー、ある意味中国のヘンなとこですわ。
「広州で是非行っおくべきとこはどこ?」
って聞かれたら、ワシは真っ先に答えます。
「レストランで死ぬまでメシ食ってこい」
ここ広州は、食って食って食いまくってなんぼの世界、広州一の観光名所は「レストラン」ゆーくらいですわ。

で、ヤムチャゆーても、時間帯によって3種類に分かれますねん。

早茶:モーニング飲茶。早いとこやと朝5時からやってる。
下午茶:昼食後、13:00~16:00の間の飲茶タイム。
    英語に訳したらそのまま「アフターヌーンティー」。
夜茶:夕食後の20:00~深夜に行われる飲茶。


レストランによって飲茶タイムをしてる時間帯がちごてて、
「早茶」をやってても「夜茶」をしてなかったり、「下午茶」だけやってたり、これはレストランに要問合せですわ。

飲茶2


飲茶1

本場の飲茶は、こないな感じで運ばれてきます。

チャーシューマン

これが、飲茶点心の王様とも言える

チャーシューマン(叉焼包) 

ですわ。アンマンとか肉まんの具がとろけるチャーシューなわけで、
今も昔も飲茶点心の人気ナンバーワンですわ。
これがあらへんレストランは、たぶんあらへんと思いま。

焼売

これは、本家本元の焼売(シューマイ)ですわ。
ギョーザは中国北方が起源やけど、焼売はここ広東の飲茶が起源言われてて、
「シューマイ」って言葉自体も広東語ですわ。
(北京語やと同じ漢字で「シャオマイ」って読みますねん)

鶏の足

これはちょっとグロテスクかも。鶏の足ですわ。
見た目はかなり食えんと思うけど、これも広東飲茶の王道。
一回食ったらやめられへん!って言う人もおりま。まあそりゃワシのことなんやけど・・・。
特に女性は食いたがらんけど、美容にええねんでーって言ったら飛びつきます(笑

広東風お汁粉

最後にデザートとしてお汁粉なんかどないですやろ?
これはレストランによってあるとことないとこがあるけど、
まさしく味も見かけも日本のお汁粉そのまんまだす。
敢えてちゃうとこは、中の餅が白玉団子なくらいですやろか。

他にも、たかがおつまみゆーても紹介しきられへんくらいの料理があるんやけど、
全部はさすがに紹介できまへんわ。

飲茶の魅力は、何も種類の豊富さとか美味しさとかはあるけど、
何よりも値段が安いんが魅力だす。
中国でこれだけの飲茶点心を食っても、数百円ってレベルで食えるんやけど、
日本で食ったら、たぶんヘタしたら1万円越えるくらいの値段するんちゃうかな?
物価が高い香港でも、セイロ1個分で200円くらいですわ。あんまり高いと「おつまみ」の意味ありまへんしなー。

これで、飲茶を食べたくなってきましたやろ?
さあ、明日旅行代理店に行って、中国広州か香港行きのチケットをどうぞ(オイ
スポンサーサイト

テーマ:中華料理
ジャンル:グルメ

コメント

■ 

>ポプリはん
月餅は、ワシも数ある中華料理(スナック)の中で唯一味が理解できへんもんですわ。
中華街のはまだ日本ナイズされてええんやけど、本場のは意味不明な味でっせ(笑
2005/12/30 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

中国におしるこがあるとは知りませんでした。
デザートは、オーギョーチとか・・・。
横浜の中華街で買った月餅、みごとに期待が崩れました~。お饅頭かと思ってたの。(^^ゞ
2005/12/27 URL ポプリ #mQop/nM. [編集] 

■ 

>omiidonはん
まあ中国は食に対してはすさまじいくらいの執着心やさかい、いろんな種類がありますわ。せやけど、日本も最近は一極集中でなんか個性がなくなりつつあるけど、昔はホンマ地方ごとに個性があっておもろかったんでっせ。
失くしつつある個性をよみがえらせる、これが日本復活へのキーワードやと思いますわ。おっと、食い物の話やのになんか政治的な話になってきましたな(笑
2005/12/27 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

>ユウはん
なんか目の毒ですんまへん。ネタあらへん時は食い物ネタってブログの相場が決まってるし(笑
まずは体を元に戻すことでっせー。まずはこの冬を乗り切りましょう。
2005/12/27 URL のぶ@大阪 #- 

■ 

そんなに味がいろいろ違うたら、旅行した人なんかは、これが本場中国の料理か!なんてセリフは、はけませんな~
中国ってほんまに奥が深いちゅうかなんちゅうか、食の歴史も古そうやし、地方によって全然ちゃうし、まさに大国ですね。
それを考えると、日本はこじんまりとしてるな~って感じてしまいます。ああ、なぜか安堵してしまった。
2005/12/27 URL omiidon #u5zqAUl. [編集] 

■ 

美味しそうですねぇ、よだれが・・
辛いの大好きです。
でも・・・8月から食べてません(;。;)シクシク
2005/12/27 URL 【ユウ】 #- 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/250-e073e9bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。