のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■今日のプロジェクトX

今日のプロジェクトX見とりましたか?
トヨタのクラウン誕生秘話やったんやけど、
なんか感動しましたわ。

日本初の国産車のクラウンの開発主任やった人が、
30年以上ずっとあることの研究に没頭し、
その研究を元に作られたもの、それがハイブリッドカーやったんですわ。
「日本は資源が少ない。資源を有効活用できる、日本らしい車を作りたい」
というコンセプトで研究しとったらしいんやけど、
その研究データとプログラムで作られたんがプリウスちゅーわけや。
つまり、この開発主任はんがプリウスの間接的な生みの親っちゅーわけでんな。

これ、再放送で前の放送も見てたんやけど、
再放送してくれてありがたかったですわ。
前の放送がうろ覚えやったさかい、初代クラウンを作った人の事実上の遺作がプリウスってことが断言できへんかったんです。
再放送を見て記憶にほとんど間違いなかったのを確認して、
少しホッとしてま。

でも、純利益1兆円のトヨタ様も、昔はジリ貧の時があったんですな。
そんな時に外国メーカーとの提携をも蹴った技術者魂、
ソニーも同じく提携を蹴って国産にこだわったメーカーやけど、
それに通じるものがありますな。日本人の技術に対する根性ちゅーかなんちゅーか。

技術の結晶とも言える今の車、特にその中でも最大の結晶とも言えるハイブリッドカーに乗ってる身として、
なんか誇りにさえ思いますな。
もちろん、ワシが頑張ったわけやないんやけどね。
スポンサーサイト

テーマ:
ジャンル:車・バイク

コメント

■ あちゃー

見逃したんでっか!?
そりゃ犯罪でっせー。プリウス乗りは必須でっせー。
事実上のプリウスの生みの親が主人公やったさかいなー。

まあ、NHKのこっちゃやからまた再放送やるし、
活字化された本やったらたぶん売ってまっせ。
2005/08/24 URL のぶ #- 

■ ええのんやっとったんかいな~

クラウン誕生秘話!え~見たかった~~~!!!!!
じだんだ!ジダンダ!
しかもハイブリッドカーとつながってる話やて!
ざんねん!!
2005/08/24 URL omiidon #u5zqAUl. [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/24-454be446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。