のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■インターネットの功罪!?

ワシがインターネットをし始めたんが、確か6年前くらいやったはずですわ。
世界中を渡り歩こうと決意してそれを実行してた時なんやけど、
旅先で会う人からくまなくもらってたのが、メールアドレスでしたわ。
せやけど、当時ネットとEメールっちゅー言葉は知ってても、実際はパソコンすら触ったことあらへんかったさかい、
「メールアドレスもらっても・・・」
って気持ちはありました。
当時、メールアドレスを持つにゃ、インターネットサービス業者、要するにプロバイダに加入せんともらわれへんって勝手に思い込んでたさかい、
ワシとはしばらく縁あらへんやろな、と思ってましたんやわ。
せやけど、それを180度変えることになったんが、
ある日本人との出会いでした。
その名は、仮にS君としときまひょ。
S君は当時関西の某大学の経営情報学部で勉強してた学生で、ワシより3つか4つ年下でした。
シベリア鉄道の中で出会ったんが始まりで、お互い日本人に飢えてたせいか、一気に意気投合。
モスクワを一緒に回ってそこで分かれたんやけど、某国で偶然再会して、
それからは数ヶ月間一緒にヨーロッパを旅しとりました。
そして、彼との出会いがワシの今のネット生活のきっかけを作る大きなきっかけになりました。
彼はよーネットカフェに行ってたんやけど、理由を聞いたらメールチェックとのこと。
で、いろいろ話をしてたら、どーやらフリーメールっちゅー存在があって、
そこで登録したらパソコン持ってへんでも、プロバイダに登録せんでもメールできるとのこと。
それがHotmailやったんやけど、パソコンすら触ったことあらへんさかい、最初は彼に作ってもろて、
メールアドレスはそのまま本名をローマ字にしただけのシンプルなもの。
まあメールできたらそれでええわーと思ってたものの、
試しにそのアドレスで、旅先で出会った人たちにメールを送ってみたら、
1時間で3通の返事が返ってきたやないですか!
この、言葉ではよー書かれへん感動は、今でもはっきりと覚えとりますわ。
最初にメールアドを作った場所は、チェコのプラハやったんやけど、
当時はWinXPなんかあるはずもなく、日本語も文字化けするさかい、メールはすべてローマ字で送っとりました。
それからずっと、旅先でネットカフェを見つけてはメールやってたんやけど、
そこである不満が沸き起こりました。
そう、メールアドレスでございます。
こんな単純なメールアドレスなんかイヤじゃ~~!とは、作ってくれたS君には悪いけど、
彼も賢い人物で、ワシの不満を薄々察したらしく、
「兄貴(←S君はワシのことをこう呼んでました)、あのアドレスじゃたぶん満足してないでしょ? それなら新しいアドレス作ればいいですよー」
と言ってくれたさかい、ワシの罪悪感はその言葉で消えました。
メールアドレスの作り方は、S君が作ってくれた時に後ろからカンニングしてたさかい、
もう一人でも作れるよーにはなってましたわ。
そこでS君と別行動の際にネットカフェに向かって、新しいアドレスを作ることにしました。
そこで作ったのが、今でもつこてる「パルプンテのぶ」でした。
実は、今でもハンドルネームで何気につこてたり、このブログのアドレスでもある「パルプンテのぶ」の命名者はこのS君で、
そのきっかけは省略するけど、彼の何気ない一言がきっかけでしたわ。
その一言が今でもネットでつこてるとは、人生わからんもんやな。
それで新しいアドレスを作って、それで第一号にS君にメールを出してあげたんやけど、
それから数分後に、
「aniki! mou adresstukuttandesuka! haya!」
(兄貴!もうアドレス作ったんですか!早!)
ってなメールが来ました。後で聞いたら、彼もどーやら別のネットカフェでメールチェックしてたとこで、
偶然ながら手紙とは比べ物にならん激早レスで、これまたネットの凄さを思い知りましたわ。

その彼が、旅の途中で「ネットとは何ぞや」ちゅーことをずっと力説してくれてたんやけど、
いつも言ってたことは、
「ネットは産業革命に等しいですよ」
ちゅーことでした。
17世紀、イギリスで始まったと言われる産業革命で、人間の生活は大きく変わりました。
それと同じで、ネットで人間の生活が大きく変わる、ってことをS君は言いたかったんやろー、
おかげで、もうネットなしの生活なんか考えられまへんわ。そして、おかげで慢性寝不足状態になっとりま(笑
で、それから6年、パソコンどころかキーボードすらほとんど触ったことあらへんかったワシも、
こないな感じでブログながら自分の城を持つまでになってまいました。
* * *

ネットがもたらした効果は、メール以外にもいっぱいあるけど、
何よりの効果は、ネットを通していろんな人間のネットワークができたことでんな。
Webサイト、掲示板、チャット、そしてブログを通して、
日常生活じゃまず会うことはあらへん人との出会いを果たすことができて、
それもその出会いは国境を越えて世界中に広がっとります。
ネットを出会ってかけがいのない友達もできたし、彼女もできたし(今はおらへんで)、
ホンマに産業革命やなーと言う言葉を噛み締めとりま。
敢えて言うんやったら、人間同士のコミュニケーションの産業革命ってゆーた方がよろしいでんな。
今はプリウスつながりでいろんなネットワークを築かせてもろてるんやけど、
親子くらい、いや、それ以上離れとる世代の人とも、同じ話題である意味台対等に話せるよーになったっちゅーのも、ネットの思わぬ効果やと思いま。
顔が見えへんさかい、ネット上は溜め口でしゃべってても、会ってみたらオヤジと同い年くらいやった、ってこともあったけど、
それもそれでいとをかしでんな。

せやけど、ネットはええことばっかし影響を与えたばっかやおまへん。
今でもあるけど、一時期出会い系サイトで人を誘って、
会ったら金品を奪ったり殺したりする事件が多かったし、
いきなり「口座に○○万円振り込んで下さい」とかいうメールが来たり、
まあいろいろあるわけなんやけど、
ネットはカメラつこてチャットする時みたいな特殊な状況は別として、
普段は顔が見えへんさかい、それにかこつけて人を無意味に罵ったり、誹謗中傷したりすることが多くなってまんな。
Face to faceでしゃべる必要あらへんさかい、目前やと言われへんこと、言う必要なんかあらへん、人を傷つけることを平気で書く人がおりまんな。

もちろん、書いとる人がどんな人かわかりまへん。
せやけど、掲示板にしろ、ブログにしろ、書いてる人は人間やさかい、
コンピュータが勝手に書いとるわけやおまへん。
人間同士である以上、マナーが必要やと思うし、それなりの礼儀もわきまえんとあきまへん。
せやけど、ネットやと何書いてもええ、っちゅー風潮が出来たんか、
人の顔に平気でドロを塗る人間が、ネット上で多くなっとるよーな気がしてたまりまへん。
「言論の自由があるんやから、何書こうが自由や」
と幼稚なこと書く人間もおるけど、権利やどーだ言う前に、
まずは義務を果たさんとあきまへん。義務を果たして初めて権利ゆーのが生まれるんやと思っとりま。
確かに、個人的にゃ何書いてもええとは思うんやけど、
それには人間同士である以上、人間同士の暗黙の了解みたいなもんをわきまえんとあきまへんな。
人を平気で誹謗中傷する輩には実際にオフ会とかで会ったことはあらへんけど、
ネット上でもロクにコミュニケーションも取れず、人の揚げ足ばっか取る人は、たぶん現実でもロクにコミュニケーション取れてへんのちゃいますやろか。それかメチャクチャ神経質な人かでんな。
たぶん、そないな人はオフ会とかにはこえへんちゃうかなー。
どっちゃにしても、あんましお近づきにはなりたくあらへん人種やけどね(笑

ちょっとある掲示板を見て、ずっと思ってたことを書いてみたけど、
ネットは諸刃の剣やなーってことを思い知らされた次第ですわ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

コメント

■ 

>椎茸はん
パルプンテを知らんっちゅーことは、ドラ○エやったことありまへんってことでんなー。ドラ○エ絶頂期が中1の時やから、椎茸はんは・・・やめときます(笑

でも、そういわれてみたら、何気ない一言で人を傷つけてることは多いと思いますわ。口で言われたらどうってことないけど、文字で書かれたらかなりむかつく時あるし。ワシは「ふ~ん」って書かれたらキレまっせ~。「ふーん」ならかまへんのやけど、なんでやろ?
2005/12/16 URL のぶ #- 

■ 

>ポプリはん
ワシもよー落とし穴に嵌りましたわ、最初は。
無法地帯のネットは自己防衛・自己責任が基本でんなー。
2005/12/16 URL のぶ #- 

■ 

パルプンテの意味がわからなかったのでググって調べてみました。そうかそういう意味だったのか。わはは。
まあこうやって調べものが非常に楽になったのもネットのおかげです。

それはさておき

子供の頃は「喧嘩両成敗」という考え方に理不尽なものを感じていましたが、最近ようやくそういう考え方に馴染んできたところ。大人になるというのはそういう事だろ?と漠然と思ってみる。

明らかに悪意がある場合ではなくて、自分で気が付かないうちに人を傷つけてしまう事ってのも世の中にはありまして、ネットの世界では姿が見えない分その危険性も増えるわけで。
A氏に傷つけられたと思ったBさんがいるとして、それはまあA氏の不徳には違いないんだけど、A氏本人にはそういう意図は無さそうなので、まあBさんも大人になって寛大な心で許してあげましょうよ。まったり行きましょうよ。日本人なんだから・・・
という接し方がどこかの掲示板の住人には多い気がします。みんな大人だなあ。本来はA氏のほうが何かを改めるべきではありますが。そういうところを飛び越しちゃう事もあるんですね。

さて「A氏」の部分を「私」に置き換えてみると、まあそれとなく当てはまる節が有るような無いような。イマイチ大人になり切れてないのかな?と漠然と思ってみる。
2005/12/16 URL 椎茸 #T403ikhU [編集] 

■ 

ネットは便利でのめり込んでしまうけど、運悪く落とし穴に落ちる事も・・・。
万が一の場合に、こんなお助けHPもお気に入りに追加してあります。

ネット被害対策室
http://www002.upp.so-net.ne.jp/dalk/higai2.html
2005/12/15 URL ポプリ #mQop/nM. [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/235-e6d82cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。