のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■秦の始皇帝

今日は、久しぶりに見ごたえがあるテレビを見とりましたわ。
19:00~21:00までテレビ朝日系列でやってた、秦の始皇帝の謎みたいなんやったけど、
こないな番組はけっこう血が騒ぎますねん。
何でかゆーたら、
元々生まれ育った家の隣人が考古学者のおっちゃんで、家族ぐるみのお付き合いしてたんやけど、
よー石器とか土器の話をしてくれてましたんやわ。
おかげで小学校1年で考古学の本(もちろん子供向けの)読んでたマセガキやったけど、
古代のロマンっちゅーのに魅せられてまいました。
それでメシ食おうなんかは思わんかったけど、それでもまともに日本の大学に入ってたらわからんかったかも。

中国の歴史は、中国に行ってから勉強したんやけど、やっぱり博物館とかに行くと昂奮しますわ。
台北の故宮博物院で甲骨文字見た時は、もう上半身勃起状態やったわ。骨に書かれた文字で萌える人間も珍しいわな(笑
ワシは、書物よりフィールドワーク派やさかい、実際に現地の遺跡とかを見んと気が済みまへん。
せやさかい、いろんなとこに行かせてもらいました。
ちゅーわけで、「三つ子の魂百まで」みたいな感じで、現在に至っておりますです、はい。

秦の始皇帝は、まあ学校の授業とかで習ったりして、名前くらいは知ってると思うんやけど、
この人がまあ永遠の命を願ってすごい宮殿を造りましたんやわ。
その名も秦の始皇帝陵
ここは、まだ発掘はされてへんのやけど、地下にすごい面積の宮殿があるってことは、
最近のハイテク機器をつこた調査でわかっておりますねん。
始皇帝陵ゆーたら、有名なもんは兵馬俑でんな。
これは始皇帝陵から1.5kmくらい離れたとこにあるんやけど、
そんな離れたとこに、とんでもない数の、陶器でできた兵隊が出てきましたんや。
1.5キロ離れたとこにこんなんがあるってことは、近いとこにゃもっとすごいもんがあるんちゃうか?って思うやろーけど、
事実より始皇帝陵から近いとこから、これまたすごい数の陶器人形が出てきました。
せやけど、この兵馬俑、実際に見たら圧巻ですわ。よーこんなもんを2000年前に作ったなー、って思いますで。
これでおもろいのは、兵馬俑の人形を今の中国の技術で作ろうと思ったら、不可能なこと。それくらい精巧な人形ですねん。
この兵馬俑の謎は、あの司馬遷が書いた膨大な歴史書、史記に一言も記述がないってことですわ。
こんなすごいもんを何故司馬遷が書かんかったのか、もしくは知らなかったのか、
始皇帝陵のことは詳細に書いてるのに、何故兵馬俑のことは一文字たりとも書いてへんのか、
司馬遷自身に聞いてみんとわからん歴史の謎ですわ。

秦っちゅー国は、元々中国の西の方にあった小国なんやけど、
国内をまとめて富国強兵をすすめて、数ある国の中で中国統一を成し遂げた国ですねん。
その秦の王の座についたんが、秦王政、つまり始皇帝のこっちゃですな。
その政の時にどんどん他の国を征服していって、ついに紀元前221年に中国を統一します。
そん時、王の上に就く位として「皇帝」ゆー称号を使い始めます。
これが「皇帝」の始まりで、中国では以後皇帝が天下を治める者の称号として君臨します。
つまり、中国、ちゅーかアジアでは、皇帝>王って概念になって、
事実中国の周りの国は、皇帝を名乗らず王として中国の配下になってたって感じですわ。
それに待ったをかけて皇帝を名乗ったんは、日本とモンゴルですわ。
皇帝は「世界」に一人だけっちゅー考えの中国はもちろん激怒したけど、
日本の場合は征伐したくても距離が遠すぎ、
モンゴルの場合は逆に中国を占領してもーたんは歴史が物語っております。
それが相当屈辱やったんか、今でも中国人の中では「アジア」というと日本とモンゴルは入っておりまへん。
(日本っても、沖縄は「アジア」だそうな)
せやさかい、中国で「アジア一の○○」って言ったら、たいてい日本とモンゴルは入ってまへん。
アジア一の大きさ!とか中国で誇らしげに宣伝してても、
「日本やったらもっとデカいのあるんやけど」
って思うことは何回かありましたわ。

始皇帝の話に戻るけど、始皇帝は中国の統一後、前はバラバラやったもんをどんどん統一していきました。
文字もそのうちの一つで、今の漢字の楷書体とか隷書体は、秦の時に統一された文字を基礎にしておりま。
秦は結局15年で滅んでまうんやけど、その影響ちゅーのは大きなもので、
秦が統一した中国の領土っちゅーのが、今の中国の国土の基礎になっとります。
もちろん、英語のCHINAも「秦(中国語じゃ「チン」と言います)」が基礎になってます。

そないなわけで、古代ゆーのははるか昔のことやけど、遺跡を発掘してそこから出てくる遺物からいろんなもんを想像することによって、
人間がどうやって進化してきたのか、そしてこれからどう生きていくべきか、
いろんなことがわかりますねん。
人間って意外にアホやなーと思うんは、人間の基本的なことは2000年たっても大して変わってへんなーってことだす。
それは、古典とかを裏読みしたらよーわかりますわ。
始皇帝のドラマも、人間の憎悪や不信など、ドロドロしたとこがいっぱいあって、人間臭いドラマとして史記なんかを読んだら、
おもろいと思いまっせー。
歴史なんかおもろないわ、って言う人は、一回史記を読んでみたらええと思いま。
一人ひとりの人間のロマンが溢れた、歴史書っちゅーカビ臭いもんとは全然違う武勇伝、成功・失敗伝、そして一大伝記などなど、
もう読み出したら1年くらいかかる本ですわ。
幸い、漫画の三国志を書いた横山光輝氏が史記の漫画も書いてるさかい、それでもええとは思いますわ。
スポンサーサイト

テーマ:歴史
ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

■ 

>まおたろーはん
まおたろーはんとは話が合いそうでんな(笑 ブラピーはんも好きそうやし、次のオフは歴史の話になるか!?
ワシも司馬小説とかは好きですわ。司馬遼太郎は「街道をゆく」から入ったけど、今や本棚が司馬本で埋め尽くされとりま。大阪には司馬記念館もあるんで、大阪に来た時は是非立ち寄って下さい。
兵馬俑の情報おおきにです。やっぱ3連休で愛知県周りしてこよーかな。でもそれを忘れて燃費ロードしてたりして(笑
2005/12/06 URL のぶ@大阪 #nz5q6xfQ [編集] 

■ 

私も歴史は大好きです。特に古代史。中国、エジプト、日本がとくに好きかなぁ。世界史は大得意科目でした。

三国志も良く読みました。陳舜臣の書いたのてず。
日本史は司馬遼太郎のはしっかりと読んでいます。

ところで、兵馬俑は、愛知県の美術館に展示しているところがあります。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~bj_mori/

ここは、燃費ロードでもあるので、E-1の遠征ついでに立ち寄られてはいかがでしょうか?

18日にセントレアに行くのなら、足をのばせば行けますね。好燃費間違いなし!

愛知はおもろいとこ、よーけあるでよー。
2005/12/06 URL まおたろー #HS4dq94Y [編集] 

■ 

>ポプリはん
ワシも好きでっせ、三国志。もっとも中国に行ってから読み出したんやけど、ワシは曹操が好きですわ。小説とかじゃ悪役やけど、あんな才能に恵まれた人物も珍しいですしね。
2005/12/06 URL のぶ #- 

■ 

私は三国志が好き。
特に、諸葛孔明。
2005/12/05 URL ポプリ #mQop/nM. [編集] 

■ 

>ブラピーはん
秦の始皇帝が定めた度量衡は、20世紀まで使われてたっちゅーから驚きでんな。それだけ秦の影響ゆーんは強いってことですな。

兵馬俑は、ちょくちょく着てるみたいでんな。ずっと昔に大阪城で見たこともあるし。せやけど、これは実際に見たらすごいでんなー。ワシの背よりデカいんもあったし(兵士の実物大やさかい)。できた当時は、色も塗られてたってゆーから、どんな時間と労力かけたんやろな、って思いま。始皇帝陵の中がすごい気になりますわ。
レプリカが中国で売ってたけど、レプリカでも数万円してましたわ。一個欲しいなーって思ったけど、家に置く場所あらへんし、どないして輸送したらええねん、って考えた結果、やめました。
2005/12/04 URL のぶ #- 

■ 

のぶさん、まいど~

始皇帝は全国統一するにあたって、計量単位を統一していったことも有名ですね。長さ、重さ、体積などだったと思います~。

兵馬俑は一部が(全部は当然不可能)以前日本にも来ました。10年くらい前に世田谷美術館に来たので、見に行った覚えがあります。
感動しましたね~。人が乗った馬車もありました。
色も鮮やかで、でかい。こんなもんを紀元前に作ったわけやから信じられないというここと、今でもよう作らんでーというぐらいおったまげましたね!

中国ネタまた待ってます~
2005/12/04 URL ブラピー #hbEJgXEU [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/210-f47b950b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。