のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■非接触式ICカード

非接触式ICカードって、いきなり難しいタイトルで始まったこのブログやけど、
一体それって何やねん!?

聞き慣れへん名前やけど、何気にとこてる人多いんちゃいまっか?
そう、関東圏のSUICAとか関西圏のICOCA、
そしてお財布携帯に入ってるでおなじみのカードですねん。
これらのカードの正式名称を

非接触式ICカード

って言いますんやわ。
これ、実は日本の発明品でもありますんやわ。
ソニーが開発したこのカード、日本でもかなり普及しつつあるんやけど、
実は法律の関係で導入が遅れてた日本を尻目に、海外では早くから導入されてましてん。
ワシの記憶が確かならば、最初に導入されたんは香港ですわ。
香港に行ったことある人なら知ってると思うけど、
オクトパスカード、中国語で「八達通(パーッタットン)」ちゅーのが1999年から出てて、
やっぱり便利なせいかものすごい勢いで普及しましたんや。
ワシも、香港とは目と鼻の先の広東に住んでたせいか、公私でよー香港に行ってて、
香港渡航歴はパスポートのスタンプの数数えたら150回以上を誇るけど、
このカードができた後はホンマに楽でしたわ。
あまりに普及しすぎて、現地の人と観光客の区別の仕方に、
「オクトパスカードを持ってるか持ってへんか」
が追加されたくらいですねん。
(観光客は持ってなくて、地下鉄とかに乗る時、切符を買ってます。
それを見て、ワシなんかは「あ、観光客やな」って思ったりしましたんやわ)
元々は地下鉄とかの交通機関だけに使われとったこのカード、
次第に他の分野でも使われだして、今ではマクドやスタバなんかのファーストフードはもちろん、
コンビニ全部でも使えるし、自動販売機でジュースも買えます。
これは日本でもそうやん、って思うけど、香港は4~5年前からそうやったんやわ。
今では学生証にもオクトパスカード内蔵になってて、大学の出欠にもこれが使われとるとかなんとか。

そないな意味じゃ、日本より進んでましたわ、当時の香港は。いや、今でもICカード普及じゃ日本より進んでると思いま。

この非接触式ICカード、中国でも爆発的に進んでますわ。
まずは上海。
上海は「上海交通カード」っちゅーもんがあるんやけど、名前そのまんまで上海の交通機関で使えるカードだす。
この上海交通カードのええとこは、タクシーでも使えるってこっちゃでんな。
上海だけやのーて、中国は全般的に物価が日本と比べてバカ安いさかい、
タクシーも気軽に使えたりします。
それで、上海ではいち早くタクシーにカードを使えるよーにして、
今では全部のタクシーで使えるよーになりましたわ。
ワシも上海に住んでた頃はもっぱらタクシーやったさかい、いちいちお金出さんでもカードをかざしただけで、精算終了~。
ホンマ楽でしたわ。
上海の周りの都市、蘇州とか杭州、無錫とかにも同じよーなICカードが導入されとるんやけど、
近いうちに上海交通カードと共通化する予定だす。まあ中国のことやから、「近いうち」は数ヵ月後かもしれへんし、100年後かもしれへんけどね(笑

で、香港に近い中国広東省でも、この非接触式ICカードの普及が始まっとります。
広東省の省都の広州では、「羊城通」ちゅーカードが広まってて、バスとか地下鉄で使えるよーになっとりま。
この名前の「羊城」とは、広州の別名で、まあ大阪を「浪速(なにわ)」ゆーよーなもんでんな。
これははるか昔、稲穂をくわえた5匹の羊を引き連れてやってきた仙人が、
広州に稲作を伝えたって伝説によりまんねん。
ちなみに、「城」は日本の城やのーて、中国語では「都市」とか「街」って意味だす。
せやさかい、広州の別名は他に「穂」とも言いますねん。
また、香港との国境都市である深センにも、まだそれほど普及はしてへんものの、
「深セン通」って言うカードがありますわ。
この広州と深セン、地下鉄も通ってるんやけど、この地下鉄の切符も実はICカードですねん。
ゴム製のコインみたいな丸いのが切符なんやけど、その中にICカードのチップが入ってて、
改札口に入れんでも、かざすだけで反応しますんやわ。

あと、台湾の台北でも、「悠々カード」ちゅー名前のもんが出てますわ。
ワシが見た時はまだ試験導入段階やったけど、今はけっこう普及しとるやろな。

他にも、シンガポールではEz Linkっちゅー名前やったと思うんやけど、そんなカードが広まってるし、フランスのパリの地下鉄にも導入されとるって話を聞いたことがありま。
これは世界的にもどんどん広がると思いまっせ。

せやけど、日本の場合は、いろいろな縛りがあるのはもちろん、
各交通機関がいちいち自分の利害を主張するあまり、
各会社で独自のICカードを作ろうとして、全然利用者の気持ちになっとらんってこともあります。
海外やったら、全部1枚のカードでいけるよーにあらかじめ対応しとるし、
(中国は国とかのトップダウンでやっとるさかい、スムーズに導入できるっちゅーのはあるけど)
そこんとこは日本は不便やなーと思いますわ。理論的には、日本共通どころか世界共通もいけるのに。
料金精算とかの問題もあるけど、関西のICOCAとSUICAの共通利用も始まったし、
関西ではPiTaPaゆー、JR包囲網を組んでる私鉄共有のカードも出とりま。
今は、確か阪急と京阪だけやけど(阪神はやってたっけな?)、地下鉄もようやくICカード対応の改札口ができたさかい、来年くらいに導入されるんちゃうかな。

そして、某研究機関で働いてる友達がゆーてたことなんやけど、
将来的には、いちいちICカードが入った財布なんかを出さんでも、改札口を通っただけで反応する方式も研究してへんことはないらしい。
つまり、電車の改札口版ETCってやつでんな。
まだいろんな問題があって実用化はされてへんけど、10年後にゃこれが当たり前になってたりして。

近い将来、ICカード付きのクレカ1枚で、世界中の交通機関に、「ピ」だけで乗れる日もあるんちゃいますかな?
スポンサーサイト

コメント

■ 

>MJはん
台湾から帰ってきたみたいでんな。よかったですやろ、台湾は。

台湾のMTRは、シンガポールとか香港の地下鉄をモデルにしとるさかい、切符も共通ですねん。リサイクルできるよーになってて、何回でも使えま。中には相当ボロい切符も出てくるし(笑

>悠遊カード
そうそう、これですわ。字が間違ってたみたいでんな(笑
これ1枚あったら便利でっせー。思わず実験やのにモニターやってみたけど、すっかりICカードコレクターになってまいました。

ちなみに、台湾のMTRの車両、日本、それも大阪で作ってるの、知ってました?
2005/11/24 URL のぶ #- 

■ 

毎度です
今朝ちょうど台北のMRT乗って来ましたで
せっかく台北へ来たんやからと朝、早よ起きてホテルの近くにあった「山中国中」から20元で切符買うて「忠孝復興」まで乗って来ました。普通のキップはテレカみたいな接触式のカードでしたが改札機には悠遊カードのセンサーありましたわ。驚いたんは、キップ1枚ずつ色もデザインも全く違うのと全面が広告?になってる事日本では考えられまへんな。
そやけどキップに広告載せて、電車賃安なんねやったらええかも知れまへんな
2005/11/24 URL MJ #- 

■ 

>広島のワシはん
できたら、社員証をICカード方式にしてくれたらなーと思いますわ。個人データとかはさておき、社員証をいちいち取り出してスキャンするんが面倒くさい性格やさかい、「ピ」だけで済まんのかよ、と数年前から考えてました。
できたら、入り口を通るだけで反応するETCみたいなもんがいいんですが、贅沢ですかね?(笑
でも、もしかして広島のワシはんは、ICカード関係の関係者でっか?(笑
2005/11/24 URL のぶ #- 

■ 非接触ICカード

広島のワシです
ソニーが開発した非接触式のICカードはFERICAのことですね。
今は個人情報保護法の施行とともに 各企業でセキュリティを中心としたICカードシステムの導入も進んでます。
 社員証 入退室 PC 購買(金融と連動したもの)etc
私個人的には、社会の中で利用するカードシステムには利便性が感じれれますが、各企業の中といった個のなかでのみ利用するICカードシステムは使うがわから見れば、一長一短あるかなと。(管理する側は良いでしょうが)
今日、お忍びで出勤しましたが、ICカードを忘れてPC利用できず泣く泣く 取りに帰りました。おかげで往復8KMの道のりを2回往復し良い運動になりました。
 ICカードシステムのノウハウを勉強しても、これを売って初めて仕事として成り立つので、営業は嫌なモンです。 
2005/11/24 URL 広島のワシ #jRInP/OQ [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/188-48e94e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。