のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■新・半ハイブリッド状態解消法!?

プリウスは電気とガソリンで動く車なんはもうわかってると思うけど、
それによって、エンジンが動いたり止まったりしますねん。
まあプリウスオーナーやったら既に経験しとることやけど、
ある程度走ってたら、いきなり動いたりします。
ちょっとワシもどない説明したらええんかわからんけど、
これを

半ハイブリッド状態

ってプリウスオーナーの間では言われとりま。
これは、冷却水温が59℃以下でPOWERオンし、その後水温が72℃以上になったら発生しまんねん。
ちょっとややこしいけど、似たような言葉に

アイドリングチェック

って言いますねんけど、これは半ハイブリッド状態の時にエンジンが動いとる「動作」を表し、半ハイブリッドはエンジンが動いてる「状態」を表しますんやわ。
実はワシもちょっと前までは同じ言葉やと思ってたんやけど、ちょっとニュアンスがちゃうさかい、混同したらあきまへんで。

この「半ハイブリッド状態」(またはアイドリングチェック)を解消するには、一般的に以下の動作を行うことが解消法と言われとりま。

1.停車したらPOWER OFFして、3~5秒待つ。それからもう一回POWER ONしてREADY状態にする。

2.61km/h以上に加速する。一時的にアイドリングチェックが解消される。

3.EVモードにする。EVボタンを押して一時的にエンジンを止めれば、EVボタンを押してる限りアイドリングチェックが起こらない。

4.完全停止して、ひたすら5秒くらい待つ。


せやけど、これに新たな解消法が見つかりそうだす。
それは・・・

5.クリープ走行でアクセルを外して、惰性で走行

昨日とおとといで、アイドリングチェックに関するある実験を行いましてん。

Ⅰ.アイドリングチェック発生(半ハイブリッド状態になる)
Ⅱ.解消せず、そのまま走行
Ⅲ.完全停車
Ⅳ.そのままの状態なら自然に解消されるが、解消しないようにEVモードにしてエンジンストップ
Ⅴ.信号が青になると同時にEVモードを解除、クリープで走る。
Ⅵ.するとアイドリングストップ(半ハイブリッド状態)が解除される


これでも、アイドリングチェックが解消されましたんやけど、
そのほかに、Ⅵの場合に少しだけモーター走行しても解除されると思います。
これはおとといに偶然、エンジンがかからん程度にアクセルを踏んでモーター走行で走ってたら、
エンジンが解除されました。
これはいまいち確証が持てんさかい、また今日あたりに走って証明してみますわ。

これは、元々群馬の茶打はんが書き込んだことなんやけど、いちおうワシが実際にやってみて証明してみました。

せやけど、まだ証明すべきもんが残っとります。
それは、

アイドリングチェックが起こった場合、
ある程度まで速度を落として、クリープ走行(またはモーター走行)にしても解除されるのか?


ってことやけど、また車があらへんとこで実験してみますわ。
* * *
http://member.blogpeople.net/tback/04175
スポンサーサイト

テーマ:ハイブリッドカー
ジャンル:車・バイク

コメント

■ 

のぶさん、こんばんはー。

川越へ向けて雨の中、お気をつけてください。

>その後水温が72℃以上になったら発生

これは71℃で発生します。

>2.61km/h以上に加速する。一時的にアイドリングチェックが解消される。

これは58km/hでOKですね。(プレミアム以降の車)

重箱の角をつつくつもりはないのですが、一応気が付いたので。
失礼しました~
2005/11/12 URL ブラピー #hbEJgXEU [編集] 

■ 

>茶打はん
ここでははじめましてー。ようこそ我がブログへm(__)m
まあ、正直停止して解除できるに越したことはあらへんけど、
たまにEVボタン押したりして忘れる時もあるさかい、知識として覚えといたらええと思いますわ。

明日のオフは参加できへんみたいやけど、またどこかのオフでお会いしましょう!またうちのブログをちょくちょく覗いてやって下さい。
2005/11/11 URL のぶ@大阪 #nz5q6xfQ [編集] 

■ こんばんは♪

こんばんは、こちらへははじめましてです(^^ゞ
実験お疲れ様でしたm(__)m

>ある程度まで速度を落として、クリープ走行(またはモーター走行)にしても解除されるのか?

解除されます。細かい速度の条件はわかりませんが(おそらくクリープ発生速度まで落とせば?)先日某BBSに書いた首都高での解除時は一度も停止してしない状態でした。

実験だからこそそうしたんでしょうが、もちろん停車中に解除できればそれが一番いいと思います。あとちょっとって時には後ろの車からの圧力回避にクリープでの解除を使いましょう♪
2005/11/11 URL 茶打 #mQop/nM. [編集] 

■ 

>ポプリはん
たぶん他の車でもあるとは思うけど、常にアイドリングしとるさかい、気付いても手の施しようがあらへんと思いま(笑

せやけど、アイドリングチェックはプログラムミスでもないみたいやし、何か意味があるんでしょうな。その意味がまた謎やからプリウスってのは奥が深いでんな~。謎も多いけど、それを探求していこうとする皆さんもすごい。トヨタのエンジニアもここまでは考えてなかったでしょうね~(笑
2005/11/10 URL のぶ@大阪 #nz5q6xfQ [編集] 

■ 

アイドリングチェックが水温で発生するなら、今までのガソリン車でもあったのかしら?
瞬間燃費を見る事のできなかった車は、ただ走るだけのものでした。
プリウスのコンピュータは、オーナーがどこまで謎を解けるか試して楽しんでいるみたいです。(笑
そんなオーナーを得たプリウスは、まさにサラブレッド。(*^^)v
2005/11/10 URL ポプリ #mQop/nM. [編集] 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/172-f0c8ea0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語

ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語碇 義朗定価: ¥ 1,575販売価格: ¥ 1,575人気ランキング: 65448位おすすめ度: 発売日: 1999-11発売元: 光人社発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
2007/10/11 おじさんのアフィリエイト奮闘記
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。