のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■これ読むべし -プリウス開発物語-

プリウス開発物語


風邪で寝込んでたけど、やっぱ寝られへん時もあるさかい、
ずっとこの本を読んでました。

これは今の20型プリウスやのーて、世界初の量産型ハイブリッドカーやった10型の開発物語なんやけど、
この本を読んどったら、たかが車一台でえらいいろんな人が動いて、苦労しとるねんなーと思いますわ。
特に、ハイブリッドカーっちゅー、今まで作ったことあらへんよーな、見たこともあらへん車を作る喜怒哀楽がよーくわかりますわ。
数年前に、プロジェクトXで日本初の純国産車のクラウン開発物語をやってたけど、
プリウスもこれに等しいくらいに、いろんなことがあったみたいですわ。
せやけど、技術者、つまりエンジニアって、こないな時にごっつい萌えるんやろなーと思いますな。技術的に難しいと言われる局面を、一つずつ着実に打破していく姿は、エンジニアっちゅーより職人でんな。

今、ワシを含めていろんな人がプリウスをはじめとするハイブリッドカーに乗ってるわけやけど、
この本を読んどったら、こりゃとんでもない車に乗ってんやなーと、ひしひしと感じますわ。
今プリウスに乗ってて、停止しとる時にエンジンが止まるんは当たり前さえ感じるけど、
これ一つにしてもかなりの苦労があったっちゅーんが、この本を見たらわかりますわ。
そして、最近
「ハイブリッドカーをプリウスに独占させんと、
カローラとかクラウンとかの売れてる車にハイブリッドシステムを載せたらええやん」
って声がチラホラ聞こえてきてるんやけど、
実はワシもそう思っとりました。
せやけど、そんなほかの車にホイホイ転用できるシステムやないんやなーと、いつもの単純思考に少し反省。
タダでさえいっぱいいっぱいなエンジンルームに、更にハイブリッドシステムに必須ないろんなもんを載せるとなると、それだけで限界なんやそうな。
プリウスも、それだけのことで相当の苦労を強いられたみたいでんな。「なんとかして詰めろ」ゆーんは、素人的わがままかもしれまへん。
ハイブリッドシステムゆーんは、ホンマにエンジニアが汗と涙と時間と労力と金、そして熱意を全力でつぎ込んだ結晶みたいなもんやっちゅーんも、この本を読んだらよーわかりますねん。

これはあくまで10型プリウスの本やけど、システムの基本はほとんど変わってへんさかい、20型プリウスに乗ってる人も一回読んでみたらよろしいと思いま。
それ以上に、エンジニア、日本の車の技術の結晶が詰まったこの本、
ワシらは何気なく乗ってて不満の3つや4つは出るけど、これを読んだらそんなちっぽけな不満なんかどーでもええ、ちゅーくらいな高揚感に溢れてきま。
少し技術用語が多くて、素人にゃチンプンカンプンなとこもあるけど、
それを飛ばしても一台の車に対する熱意っちゅーんは十分に伝わってくる本だす。
この本、本屋で売っとる所は少ないさかい、ヘタに本屋を回るよりはネット書店とかでGETした方が早いかもしれまへん。
プリウスに乗ってる人は、一度ご覧あれ。関西近辺やったら、本貸しまっせ。
スポンサーサイト

テーマ:
ジャンル:本・雑誌

コメント

■ 

>すりっぱはん
本屋で注文したらええとは思うけど、良かったら貸しまっせ。ギブアップしたらメール一本下さいな。
でも、手元に置いてても損はない本ですわ、プリウス乗りにとっちゃ。
2005/11/10 URL のぶ@大阪 #nz5q6xfQ [編集] 

■ 

>I.Z.はん
プリウスだけやのーて、1台の車を作るのにこんなに苦労するんか、って言う典型的な本やと思いま。
何気に走ってるけど、それはすごい制御システムが働いてるんやなーと感じましたわ。
いやはや、プリウスは奥が深いですわ。
これを読んで、I.Z.はんもプリウス買いましょうよ~、MCもしたことやし(笑
2005/11/10 URL のぶ@大阪 #nz5q6xfQ [編集] 

■ 

>プリウスに乗ってる人は、一度ご覧あれ。関西近辺やったら、本貸しまっせ。
現在探しまくってますが(ネット購入はあまり好きじゃないので…)
まだ見付ってません(^^;
まだしぶとく探す&注文してみるを試してみますが、それでもアウトなら借りに行かせて頂きます(笑)
2005/11/10 URL すりっぱ@大阪人 #Nht8GqZI [編集] 

■ 

自分の愛用しているモノの、こういった開発秘話みたいなことが書かれている本というのはいいですよね。
プリウスなどの場合は、先駆的商品なので読みどころ満載といったところでしょうか。
クルマの場合、購入前よりも購入後の方が、そのクルマを特集した雑誌や書籍を購入する傾向にあるのだとか。
一度所有したら、購入前よりももっとそのクルマのことを知りたくなるんでしょうな、世論や専門家の批評も含めて。
東京モーターショーでも、ハイブリッド車のバリエーションが確実に増えていました。
エコカーがさらに増えていくために、いい資料となるのではないでしょうか、この本は。
ボクも機会があったら読んでみます。
(魅了されて、購入したくなったらどうしましょ)
2005/11/10 URL I.Z. #- 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/171-f2169efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。