のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2014年06月14日

■ 天王寺駅の怪 前編 (2014/06/14)

■■■天王寺駅の怪 前編

さて、好奇心のアンテナを限度いっぱいに広げとると、身近な場所や物でも、さりげなく「???」と思う謎があったりします。そして、それそれを掘り下げてみると、意外なものが見つかったり、わかったりすることがあります。
個人のことを例に取ったら、毎日通勤でさりげなく使っとるJRの阪和線。
ここにも色々と謎があったりしますんやわ。

以前、砂川奇勝とアレの奇妙な関係ってブログの中でチョロっと書いたんやけど、阪和線は以前は阪和電気鉄道って言う私鉄やったことに触れました。
「阪和電気鉄道」としての歴史は短かったせいか、地元の鉄道やのに意外に知らんかったことが多いんやけど、いつも使っとる駅も落ち着いて観察しとったら、「おや?」と思うことがあります。

例えば、阪和線の天王寺駅。
ここは元々阪和電鉄のターミナル駅として作られたもんで、当時は私鉄やさかい大阪環状線とかとはつながってませんでした。今でも私鉄のターミナル駅のような、終端式のホームが私鉄時代の面影を残しとります。
ここのホームに、ちょっとした謎が隠されとります。

阪和線天王寺駅

これは、7~8番ホーム。


阪和線天王寺駅5,6番線

これは今は降車専用になっとる5~6番ホームです。
ちと撮影角度が悪いせいでわからんかもしれへんけど、この2つのホームを比べてみたら、なんか変なんです。

そう、7~8番ホームと比べて5~6番ホームの幅が異様に広いということ。
これは、毎日この駅を使っとる人でも、意識せん限り疑問にすら思わんことやろーけど、このアンバランスは一体なんやろ?

そしてもう一点。

阪和線天王寺駅7番線

これは7番ホームから和歌山の方向を写したもんやけど、途中でレールがグニャッと不自然に曲がっとります。
まっすぐにした方が効率ええのに、何でわざわざこんな非効率な曲がり方しとるんやろ?
これも、毎日使っとってもなかなか気づかん疑問やと思います。
せやけど、こう書いたらなんか不思議に思いません?
俺はごっつい不思議に思うんですけどね(笑
で、思ったことは、

「こんな非効率な曲がり方には、何らかの理由があるに違いない」

ちゅーことでした。
そこで、名づけて「天王寺駅の怪」を解くべく、ヒマやさかい調べてみることにしました。


スポンサーサイト