のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■たかがトーチカ、されどトーチカ

以前、

「ロシア語勉強します!」

と高々に宣言したBJのぶです。
しばらく何の音沙汰もないさかい、もう飽きたんやろ?と思われるかもしれへんけど、確かに飽き症ではあります(笑
せやけど、12年もの「準備期間」を経て始めたもの、一度動き出したら、いやー止まりません。
ロシア語なんか日本の一般人(?)はなかなかやる気がせーへんと思うし、何より日露戦争から、いや終戦間際のソ連の騙し討ちで日本人の奥底には根深いロシア不信が残っとることは確か。
みんな、「日本の隣国」と言うたら、韓国とか中国、あるいは台湾とかを思い浮かべる人が多いけど、あのー、ロシアも立派な「お隣さん」なんですけどね~。
大阪から、「お隣」のはずの中国の上海との距離より、ロシアのウラジオストクの方が距離が近いんですけどね。
せやけど、「近いけどはるかなるロシア」なのが日本人の一般的な感覚のはずです。

おまけに、言語的に見ても「ロシア語は難しい」という先入観も根深い。
まあ実際にやってみたら、確かに骨が折れる言語でもあります。言語学じゃ「親戚」な英語とはある意味全く違います。
俺はロシア語を勉強する前に色んな言語をつまみ食いして、10年以上をかけて「ロシア語を勉強する体力」をつけたから、いざ勉強してみたらけっこうスイスイきたものの、外国語を英語しか知らんかったら、こりゃ言語の迷宮に迷い込んだ感じやと思います。少なくても「英語の親戚」とナメてかかるととんだカウンターパンチを食らうと思います。

せやけど、それだけに面白いことも確かです。
ロシア語って、一言で言うたら
「昔のヨーロッパの言語の『灰汁(あく)』が残ってる」
という感じです。
その『灰汁』とやらが何かは今回は書くのを控えるけど、『灰汁』をヒーハー言いながら我慢して呑み込んでいると、英語って実にシンプルにできてるよな、と感じたりもします。
厳密に言うと、英語も1000年前は、我々日本人から見ると文法は今のロシア語よりはるかに複雑怪奇、日本語の古文もそうやけど、
「これって同じ英語なのか?」
というくらい違います。
ヨーロッパのはるか北側、というか欧州というより北極に片足以上突っ込んだアイスランドという国があります。そこで話されとる言語はそのままアイスランド語なんやけど、その言語、1000年前のゲルマン系の言語、つまり英語や北欧の言葉がタイムカプセルのように残ってると言われとります。
つまり、今のアイスランド語を見たら「英語の古文」がどんなもんかわかるということらしい。
ホンマかどうかはさておき、仮に1000年前のイギリス人が現代にタイムスリップしてきたら、今のイギリス人とは全く会話が出来へんけど、アイスランド人やったら日常会話くらいならコミュニケーション取れるやろう、というくらい近いといいます。
まあ逆に言うと、文法がとんでもなく複雑怪奇、言語界の伏魔殿・・・とは言い過ぎやけど、少なくても現代英語の文法が昔と同じなら、英語嫌いが今の数千倍に増えて・・・いや、英語を苦に自殺者まで出てたかも!?
その複雑怪奇な文法が、時代という荒波に揉まれて、殻がツルツルになった貝の如く「シンプル」になっちゃったのです。英語が今の英語にかなり近くなったんは、だいたいシェイクスピアが活躍しとった時代(日本じゃ秀吉~関が原~江戸幕府成立の頃)です。シェイクスピアの有名な『ロミオとジュリエット』の台本を当時の英語で見ても、「ちょっと綴りがおかしいよな?(例えば、「眠る」の"sleep"が"sleepe"になっとるとか)」くらいで、現代英語の知識だけで見てもちょっと違和感があるくらいやさかい。
そして、リアルタイムに生きてる我々にはわずかしかわからへんけど、英語は今でも文法や発音など、徐々に変化をさせながら生きています。まるで生き物のように。
というわけで、英語じゃとっくの昔に抜けてしもた『灰汁』が、ロシア語にゃまだ残っとるということなんですわ。そこがロシア語を複雑にしとる所と言うてもええと思います。
まあ、お隣のポーランド語やチェコ語はもっとややこしい、ということを小耳にはしとるんですけどね・・・。ロシア語でもヒーハーものやのに、もうこれ以上文法ノイローゼにさせんといてくれ(笑


スポンサーサイト