のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■もの言はぬ娼妓たち 消えた遊郭・赤線跡を歩く特別編

また久しぶりの更新になってしもたBJのぶです。
・・・って言葉を何度聞いたころやら、とそろそろ呆れられそうやけど、数々のコメントをいただいてこんなちっぽけなブログでもファンというか、楽しんでくれとる人がおるんやな・・・と強く反省し、書くエネルギーが湧いてきた次第です。
今回は心から反省しとるさかい、気を取り直して書いていこうと思いますm(_ _)m


以前のブログで敦賀の遊廓についてちょいと調べてみる、と書いて終わったんやけど、その調査にとある所に行ってきました。
全国の図書館の蔵書を調べて、何か琴線というか、インスピレーションに触れるもんをピックアップしていく、ということもある意味研究の一つやと思っとります。
これもけっこう宝探しみたいで面白いんですわ。お前暇人やなーと思わんといて下さい。暇人なんは認めるけど(笑


で、向かった所がここ。


奈良県立図書館

奈良県立図書館でやす。

「敦賀は福井県やのになんで奈良県やねん!?」

ってツッコミを食らいそうやけど、まあまあ、話はちゃんと最後まで聞きましょう。
理由は単に敦賀まで行くんが面倒くさい・・・やなくて、ここにちょいと参考になりそうな資料が、俺の図書館蔵書検索で引っかかったってことなんですわ。
現地という本丸にいきなり突入するのもありやけど、「宝」っちゅーのは本件と関係なさそうな、人の意表を突くようなところに潜んでたりするもんなんですわ。
そして、本丸に突入する前に、外堀からじっくりと埋めていく。焦らず急がず、じっくり弱火でコトコトと煮詰めていきましょう。研究は強火で焦がしてはいけません。


せんとくん

そして、図書館に入ると悪夢・・・もとい夢に出てきそうなマスコットキャラ、せんとくんがお出迎え。
これでも私、ゆるキャラなんです(笑

図書館内はどうも撮影禁止みたいやさかい、写真には撮らんかったんやけど、予想をええ意味で裏切るホテルのような現代的な内観と、広々としてゆったりと余裕のある館内。金かけてますなー感がびっしり詰まった図書館って感じでした。まあこういうのに税金を使うのは全然OK牧場。
まあ、唯一の不満を言わせてもらったら、駐車場が有料なこと。「公営」なんやから3時間くらいは無料にしてくれ~(笑
昔の建物をリフォームしたような感じをイメージしとった俺は、これまたええ意味で拍子抜け。
なんか「県立図書館」とくれば、どうも我らが大阪府の中之島図書館のイメージがこびりついてしもとるみたいで。
(※マニアックな資料てんこ盛り(?)の大阪府立図書館中之島分館は、明治時代の建物やさかい)

そして、さすが県立図書館、蔵書もなかなかのもの。
特に奈良県立図書館の目玉は、太平洋戦争関連の資料・蔵書が集中的に揃っとることです。それも全国的な戦争資料が揃ってるみたいで、陸軍の歩兵操典や、「生きて虜囚の辱めを受けず」で有名な『戦陣訓』の原本までありました。
いちおう「昭和史」もライフワークの一つのせいもあるさかい存在自体はもちろん知ってたけど、「現物」を目の前にして実際に触ったんは初めてのことですわ。
敦賀の遊廓のことも、実はこの戦争資料のどこかに書かれとったことを知って、はるばるここまで来て閲覧となったんやけど、その内容はいつか書くやろう『消えた遊郭・赤線跡をゆく』の敦賀編までお預け(笑


せやけど、わざわざ奈良県立図書館まで来た理由は、実は他にもありました。
県立図書館の蔵書検索をしとった時に、

「おや?」

と興味深いもんを見つけました。
せやけど、インターネットの文字列だけじゃ、その「おや?」がどんなもんかわからん。なかなかレアなもんっぽいことは確かやけど、これはもののついでに現物を拝んでみたい気分になりました。

そして、図書館のおねーさまに「見せて~♪」とお願いして数分。
おねーさまが持ってきたものは、何やら木箱に入った紙。そして大きな油紙。
木箱の中に入っとったもんは、ちょっと息を吹きかけたら破れて穴が開きそうな手紙のようなものでした。言い方変えたら「ボロボロ」ということです。
おねーさまにも「取り扱い要注意につき、くれぐれも乱雑に触らないように」と注意を受け、同じく持ってきた油紙をテーブルの上に敷いて、その上でのみ閲覧可という代物でした。

中身を見てみると、確かにけっこう貴重というかレアもんの資料っぽい。
とりあえずコピー取って、家でじっくり見てみるか・・・と思ってお願いしてみたら、

「取り扱い要注意資料につきコピー不可」

と冷たい返事。つまり、コピーにも耐えられへんくらいボロボロということですわな。
それなら、以前大阪市立図書館でやったことがある、コピー不可もんのボロボロ資料を「デジカメコピー」するという手はどないでしょ?と聞いてみたら、
「ちょっと聞いてみます」
とおねーさまは館内の奥へ。
待つこと数分、

撮影OK

の許可が出て館内の奥へ。
やっぱし公共の閲覧する場所であからさまに「デジカメコピー」はちょっと・・・ということで(そりゃそうやわな)、別室でどうぞというわけで、図書館の大奥・・・もとい奥の作業室らしき所までご案内~。
そこでなら時間制限なしで、あなたの気が済むまで、著作権フリーやさかい何枚でも撮影どうぞ~♪
というお墨付きをもらって写真を撮らせてもらいました。ほな、気が済むまで籠城させていただきます(笑

スポンサーサイト

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。