スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた遊郭・赤線の跡をゆく 藤沢編

先日、ちょっと野暮用でトキオ・神奈川方面に飛んでたBJのぶです。
久しぶりの関東やったけど、お土産もなしで大阪に帰ってくる・・・わけがないのがわたくしBJのぶ。
スケジュールの合間を縫って回るところをまわってまいりました。

で、ヤボ用会場の交通アクセスを考えて神奈川県の藤沢ってとこに宿を取ったんやけど、

「藤沢に赤線(跡)なんかあったりして♪」

な~んて冗談半分で調べてみました。

そしたら・・・幸か不幸かタイミングよくあったりするんですわな(笑
正直、そんなつもりで藤沢を宿泊先に選んだわけやないんやけど、やっぱし見えない何かの力が働いとったかもしれへん・・・と言うしかあらへん偶然でした。
何せこんな状態やさかい藤沢の遊廓・赤線のことはまったく白紙の状態やったけど、これも何かのご縁やろうと慌ててネットで情報収集して、やりたくない休日の早起きをして(休みの日くらいゆっくり寝させろ)、時間を無理矢理作って探索してまいりました。

12072202

藤沢駅の北口です。
「藤沢新地」と言われた藤沢の遊郭は駅前すぐのとこにあったそうです。
八王子の時もそうやったんやけど、こんな駅前を見ると「こんな都会に遊郭・赤線の跡なんか残ってるんかいな!?」と不安な気分に陥ります。まあ空振り上等、あったらラッキーって気持ちでいくのがいちばん。



12072203

その藤沢駅北口に、「さいか屋」ってデパートがありました。
ほう、「さいか」ねー。
と、頭の中にふと浮かんだのが、「雑賀」
雑賀は「さいか」と読んで、実は今の和歌山市と海南市、及びそのあたりの古い地名やったりします。
そして、戦国時代に詳しい人やったら、「さいか」ときたら連想ゲームのように「雑賀」→「雑賀党」とくるはず。
「雑賀党」とは上にも書いたよーに、和歌山北部を拠点に活動しとった戦国時代の豪族連合みたいな組織で、今の政治組織にたとえたら、アメリカやドイツのような連邦制国家が和歌山にあったよーな感じです。
そのすぐ北には貿易で巨万の富を得て栄えた、「香港か、はたまたシンガポールか」の堺もあったさかい、戦国時代の日本は「連邦国家」に「自由貿易港」、加賀の一向宗のあれを含めたら「共和国」まであったバラエティーあふれる個性の時代とも言えますな。
その雑賀党の「連邦大統領」ことヘッドが鈴木重秀という武将でした。鈴木重秀でピンとこえへんかったら、鈴木孫一って名前やったらピンとくるかもしれません。

その雑賀党が戦国の乱世に突然現れ、その名を知られるようになった理由は、当時最新鋭の武器やった鉄砲でした。
鉄砲が種子島に伝来してうんぬんはもう書くまでもない常識やけど、そこに雑賀の隣にあった根来の僧侶がおったそうな。根来は根来寺というお寺で有名なとこやけど、そこの旅の僧侶が鉄砲という得体が知れない武器を見て興味を持ったようです。
「ちょいとその武器ちょーだいな」とばかりに鉄砲の技術が根来に伝わって、彼らとつながりがあった雑賀党にも早くから伝わったことは歴史の事実、彼らは鉄砲の腕をものにして全国に鉄砲の傭兵として派遣されました。いわば「鉄砲屋」として全国各地の会社ならぬ大名から引く手あまた、今日はAという大名に、明日はAと敵対する大名Bに味方して、ということもあったことでしょう。
雑賀党は、最新兵器やった鉄砲を自在に操る技術者を排出した、日本でもかなり特異な集団やったんです。
いわば、鉄砲をかついで全国の戦場を駆け抜けた「戦闘派遣社員」やったってことです。

「連邦国家」どころか「技術職の人材派遣会社」、または「戦闘タレント事務所」も兼ねとった雑賀党、その真骨頂は織田信長と本願寺が対決した石山本願寺の戦い。
この頃には郎党ごと浄土真宗の信者になっとった雑賀党は本願寺側の要請を受けて石山本願寺に籠城、織田軍をかなり手こずらせることになります。
世界史の籠城基準じゃ「日本史唯一の本格籠城戦」になった「石山合戦」は足掛け4年にのぼったんやけど、当時飛ぶ鳥を落とす勢いやった織田信長がここまで苦労したかという理由は色々あるけど、一つは戦国時代のサイヤ人のような雑賀党が本願寺の味方につき、得意の鉄砲で応酬したこともありました。
信長は羽柴秀吉、明智光秀などの、当時の「信長軍団オールスター」精鋭10万を雑賀党の本拠地に差し向けて攻撃するんやけど、そこでもかなり手こずったようです。
せやけど、こんな時に雑賀党が「織田派」と「本願寺側」に内部分裂してしもたみたいで、ゴレンジャーも5人が力を合わせてはじめて敵と戦える力を持つ、5人かバラバラになったら力も5分の1になるのと同じように、彼らの力は弱まっていきました。

そして、雑賀党にとどめを刺したんは豊臣秀吉。
織田信長の雑賀党退治に同行した秀吉は彼らの怖さを肌で知ったのか、それとも小牧・長久手の戦いで徳川家康に味方して散々手こずらせた恨みか、雑賀党は「雑賀」やった地名も「和歌山」に改められたくらい徹底的に潰され、雑賀党は全国に散らばって歴史の埃の下に埋もれてしもたけど、その活躍は確かに歴史の1ページにはっきりと刻まれとります。
ちなみに、和歌山って和歌浦の山側にあるって意味で「和歌山」ね。
で、6~7年前になるんやけど、仕事で和歌山市に行った時に、市の東の方でマンション建設中に雑賀党の時代の遺跡が出てきて、「見ていいですか?」「いいですよ」と仕事そっちのけで発掘調査を見学したことがあるんやけど、壺に入った銅銭とかがザックザク出てきたらしくて、雑賀党の経済力のすごさを垣間見たようなような気がしました。

司馬遼太郎が雑賀党に興味を持って『尻啖え孫市』っていう小説を書いたことがあるけど、そのきっかけは司馬さんの旧制中学時代に「雑賀」というクラスメートがおったことだそうです。そして彼がインパクト強かったんは、敬語を一切使わんかったということで、そもそも和歌山弁には敬語ってのがほとんどないのが特徴、教師にもタメ口でしゃべっとったんが非常に印象に残ってたそうです。
そして、「雑賀」って苗字は、俺が中学の時にも一人おりました。雑賀党の末裔から知らんけど、才色兼備な女の子やったさかい今頃はとんだおばはん・・・失礼、べっぴんさんになっとるやろなー、とこれを書きながらふと思い出してまいましたわ。

まあそれはさておき、延々と語った雑賀党と「さいか屋」って関係あんの?と思うことでしょう。
ここまでダラダラ遊郭・赤線に関係ないこと書いといて「実は関係ありませんでした、テヘ♪」なんてオチはないやろな?と(笑
「遊郭・赤線跡をゆく」をしばし忘れて手元のスマホをピ・ポ・パとググってみたら、どうも「さいか屋」の創業者は自称雑賀党の末裔らしゅーて、その出自を忘れんよーにしたんか、それともかつては全国にその名を知られた雑賀党のプライドか、屋号を「雑賀」にしたってことですわ。
その雑賀党の名前が関東で生きてる・・・なんか不思議な気分ですわ。

[消えた遊郭・赤線の跡をゆく 藤沢編]の続きを読む

スポンサーサイト

夢の国

俺は1年半くらい世界中を放浪しとって20代はほとんど海外におったせいか、海外の話を熱っぽく話しとったらまず3つの質問をされます。

まず一つ目は、

「何カ国くらい行ったんですか?」

いや~、わかりません(笑
というか、自分が何カ国行ったかなんて特に興味なかったりして。特に数えたこともないと思います。
行った国の数で軍隊の階級をつけられたら俺なんて世界ランキングで言えばやっと軍曹ってとこですわ、世界は広いんです。
それに、そもそも海外で何を見てきたのか、それを見て何を感じたのか、そしてそれが自分の人生にどんな影響を与えているのか、それがいちばん重要であって、「俺は100カ国行った」って行った国数を自慢するのがおるけど、「で、そんなけ行ってそんなことしか学んでこえへんかったんかいな?」と自慢が滑稽に見えたりします。行った国だけで判断されて王侯貴族になれるんやったら、今すぐ仕事辞めて全部の国へ行ってまいますわ~。
金だ?言葉だ?そんなものどうにかなりますって、これは旅した人生での経験則であります。
そして、そんな旅をしたら今度は日本には二度と帰って来えへんやろな。
日本人というのは捨てるつもりはないんやけど、ちゅーか30年以上日本人やってて今更アメリカ人にはなられへんわ(笑

そして2つ目。

「どこが面白かったですか?」

うーん、これほど答えにくい質問はありまへん(笑
どこも、ええ意味でも悪い意味でも面白かったし思い出もあるし、やっぱし異国の体験はどこも捨てがたいもんです。
おまけに、ボスニア・ヘルツェゴヴィナとかグルジアって答えても「は?」って返ってくるだけやし(笑
せやさかい、俺はいつもこう答えとります。

「どこも良かったですよ。シンガポール以外は」

シンガポール・・・正直ここだけは好きになれませんでした。
なんか魅力がないというか何というか、多民族国家やけどマレーシアのクアラルンプルみたいに民族バランスが整ってへんし(シンガポールは中国系がほとんど)、街も清潔でサービスが行き届いてるけど、隅から隅まで届きすぎて逆に面白みがあらへん。何もかもがガッシリ固まりすぎて無個性な感じがしました。
隣のマレーシアはなんか人間的な泥臭さ、人間が住んでるな~という体温を感じたけど、シンガポールにはそれがありませんでした。国境越えてマレーシアに着いた時は何故かホッとしたさかい、余計にそう思います。
そして何より、「タバコが吸われへん」これは喫煙者の俺には非常に大きい。嫌煙者にゃ万歳三唱したいくらいの天国やろーけど(笑
なんでいちいちタバコ吸うのに国境越えなあかんねん!という煩わしさ。
シンガポールファンな方は異議を唱えるやろーけど、やっぱ国にも相性ってのがあるんやと思います。中国は「好き・嫌い」で言うと迷うことなく好きやけど中には嫌いな方もおるはず。アクが強い国やさかい余計に。俺はシンガポールはアクがなさすぎっちゅー意味で相性が合わんかったよーですわ。
強いて言うたら、ダシを取り忘れてなんだか水っぽい味噌汁みたいな感じです(笑

[夢の国]の続きを読む


よろしく!






blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

  • Author:BJのぶ
  • 大阪の道路を、黒いプリウスで変態燃費走行する、泉州が生んだとんだ変人・・・。

    その名はBJのぶ。

    BJとは「ブログジョッキー」、もちろん俺の造語です。「ブログジャンキー」じゃ決してございません(笑

    今日も明日も明後日も(?)大阪弁パワー全開!?
    ブログで暴走しまくるアホ~な俺を優しい目で見守って適当にかまって下さい(笑

最近の記事

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

プリウスリンク

プリウス関連のブログやサイトリンクだす
プリウスオーナーの方のリンク追加もお待ちしとりまっせ!

プリウスマニア

プリウスライフ

PRIUSな日々 SNS

みなさんの燃費

1000マイルクラブ

お茶処 プリウス(仮)

PRIUSなomiidon

trumprius

プリウスとポプリの気ままな日々

ポプリとプリウスの気ままな日々~ジオログのページ

プリウスな日々

kamesan's Prius

【ユウ】のプリウスとPCとラーメンの日々

Pearl PRIUS(まおたろーはん)

EPV's Hybrid dream

歩けとサイクリング(nobuはん)

PRIUS,PRIUS.com

ごゆるり☆ECOlife(saiはん)

中影(あかかげ)の PRIUS 燃費とFAQ

Priki Diary

PRIUS People

プリウス界の市街地燃費帝王へのいばらの道

プリウスコミュニティ岡山

ぷりうす燃費記録帳

のんびりプリウス日記

Prius DIY

プリウスいじりの間(めいたはん)

ぷるプリ(静@新潟ご夫婦はん)

ほぼ休止中なプリウス雑記(椎茸はん)

プリウス オフ会回想(ドラエもんはん)

バサラとプリウスな日常

g-mon

靖柳庵HP(靖柳庵はん)

PRIUSへの道程

ほどほどの日記(Take@志摩はん)

知らんPri(sasa@盛岡はん)

ショコラの別荘

【あん。ぶろぐ】

鏡華水月(かぐらはん)

プリの助のハイブリッド日記・・・と趣味の部屋

HV乗りのConiの雑記

えんじょいマリウス

プリウスでGO!GO!(仮)

キューのつれづれなるままに

花とプリウスと・・・(プリキはん)

赤い彗星My PRIUS Life

ぶろぐNAO-TOMATO

ブロとも申請フォーム

ナイト2000

■■■■■■■■■■■■■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。