のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■飛田遊郭&山王番外編 消えた遊郭・赤線の跡をゆく38

前回、2回に分けて「飛田遊郭編」を書いたんやけど、
あれからあれこれ調べとったら、ブログに書いてみよーかなー、って言う材料がまた見つかりました。
ホンマは既に書いとるブログにこっそり補足しとこかなーと思ったんやけど、
それももったいないなーと思って別に書くことにしました。
まあ、今回は身の毛もよだつ統計書の数字とかは出てこえへんさかい、気軽な気持ちで読んでくんなはれ(笑

先日、ちょっと天王寺に行く用事があった上に、予定がすんなり終わって時間が余ったさかい、
「飛田&あいりん地区の再再再再再調査(?)」
にでも行ってくることにしました。
今度は、図書館でGETした昭和35年の、飛田新地も含む西成区住宅地図を片手に。

12012901

天王寺に出来た「キューズモール」っちゅーショッピングモールです。
いやー、かなりデカい!いつの間に天王寺にこんなん出来てたんやろ?
天王寺は素通りとは言え毎日通勤で通っとるのに、最近までこんなん出来てたとは知りませんでしたわ。
「大阪府民」と名がついたとんだ田舎者のBJのぶです(笑

で、最近出来たらしいキューズモールの裏手には、再開発されたマンション群が立ち並んどります。
キューズモールの喧騒はどこへやら、マンション群はシーンと静まり返って人もあまり見受けられません。
というか、公園に人一人遊んでへんし。
なんぼ平日の昼間言うても、子供とそれを囲むママくらいはおるんちゃう?と思うんやけど、
静かというよりゴーストタウンやなこれじゃ(汗

とブツブツリアルツイッターしながらマンション群の奥に分け入ると、
そこには一段土地の高さが下がった区画があります。
そこが飛田新地。
前にも書いたけど、飛田新地の東側は「上町断層」という断層の関係で数メートル以上盛り上がっとります。
どれくらい下がってるか言うたら、マンションの地面部分が飛田新地の中の建物の「2階」部分になっとるくらいで、
それが新地東側の「嘆きの壁」になっとります。
つまり、そこは「天然の壁」になっとるわけで、そこが大阪市西成区と阿倍野区との境目ともなっとります。
というか、天王寺駅から飛田新地まで、歩いても全然行ける距離やん。

せやさかい、「嘆きの壁」の上から飛田新地を見たら、視線が2階になるわけで、

12012902

こんな写真やったら「嘆きの壁」の上から余裕で撮れたりします。
さすがに「安全圏」から撮ってるさかい、特に注意されたりはしません、通りすがりからは「何やってんねん?」と変な目で見られるけどそこは気にしたもん負け(笑
せやけど、思いっきり壁の上から覗いてカメラ向けたら怒られるかもしれへんさかい、そこは自己責任でお願いしまーす。

スポンサーサイト

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。