のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■【後編】八日市延命新地をゆく 消えた遊郭・赤線跡をゆく34

前に書いた消えた遊郭・赤線跡を訪ねて 八日市延命新地編 前編の続きやったりします。
あまりに前すぎて、どこまで書いたんか書いた本人も忘れてまいましたわ(笑


前編に引き続いて滋賀県八日市市にあった遊郭、「延命新地」を回ってみます。


11112405

延命新地の今は、半分住宅地、半分飲み屋街のよーな感じになっとるんやけど、スナックのよーな呑み屋の跡がなかったら、どこにでもありそうな住宅地でんな。


11112406

今は主がおれへんっぽい呑み屋跡やけど、ここにゃ延命新地の復元地図によると「平政楼」か「清定楼」ちゅー妓楼があったそうです。

11112407

何とも言葉にできそうにもない建物も(汗
シャッターに「すき焼き部」「小売部」とか書いとるけど、これ、一体何やったんやろか???


スポンサーサイト

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■ニートには痛い話!?

最近、こんなんを買ってしもたBJのぶです。

11112201

何や、ラジカセか・・・。
いや、ラジカセなんかもう古い!
これは昨日発売のSONYのZS-R110CPというラジカセ・・・ならぬ「ラジオSD」で、SDカードにラジオ番組を録音できるものであります。
これでNHKの語学講座をどんどん録音して、本格的に勉強しよーと思った次第なんやけど、
さすが値段が高いだけあって、ラジオの感度がかなりええ感じ、我が家で聞いたら付属のAMアンテナなしでもノイズレスではっきり聞けたりします。
FMもアンテナ立てんでも感度は良好であります。
で、これにゃソニーお得意の「スピードコントロール」「イージーサーチ」なるものがあって、
前者はCDとか録音した番組の音声を速くしたり遅くしたりすることが出来る機能、後者はボタン一つで一定秒数の巻戻しが出来る機能でやんす。
最初は「こんなん要らんわ」と思ってたんやけど、語学の勉強じゃこれがけっこう使える機能やったりします。
スピード遅くしたら聞き取られへんかった単語もかなりはっきり聴き取れるし、
ボタンひとつで3秒前に自動巻き戻し出来るさかい、同じフレーズをボタン一発で何度も聞いたりすることもできます。
「これはいいものだ」byマ・クベ


で、小咄はこれくらいにして、本題に入ります。

■■■聖徳太子は予言者だった!?

まずは、何か懐かしい「特命リサーチ200X」という、昔テレビでやっとった番組をどうぞ。






今から11年前にテレビでやっとったこの動画のお題は

「聖徳太子には予知能力があった!」

ということ。
聖徳太子が残したという予言書が残っているそうですが、
そこには、聖徳太子が亡くなった千年後の未来のことが書かれていた、ということ。

この「特命リサーチ200X」の内容だけを見たら、
「そうなんや、聖徳太子すげー!」
となるんやけど、「テレビが言うとることはすべて正しい」なんておめでたいことを言うとる人に、
「ちょっと待った~!」
と敢えてケンカを売ってみます(笑


中国古典の『論語』には、孔子と弟子のこういうやりとりがあります。

子張問う。十世知るべきか。
子曰わく、殷(いん)は夏(か)の礼に因(よ)る。損益するところ知るべきなり。
周(しゅう)は殷(いん)の礼に因(よ)る。損益するところ知るべきなり。
其の或いは周(しゅう)に継ぐものは、百世といえども知るべきなり。

(為政第二―23)



『論語』は2500年前に書かれた書物(と言われている)ですが、
この文を現代っぽくかつ俺の勝手な解釈で訳したら、
弟子が「百年後の未来を予測することは出来るんですか?」と質問したのに対して、孔子は「ちゃんと過去の歴史を数百年分調べたら、百年先どころか千年先の未来でもだいたい予想できるよ」と答えたものです。

動画の2:55くらいで語られている、聖徳太子の言葉の
「過去1000年のことがわかれば、未来1000年のこともわかる」
というのも、

『論語』のパクリやん!

ということがわかります。
儒教は仏教と同じ時期に日本に伝来したと言われとります。仏教が日本に伝来したのはちょうど聖徳太子の頃、というのは中学校の社会の授業レベルの一般常識ですね。
その時に、『論語』が日本に入ってきても何ら不思議やない。
というか、聖徳太子が作ったと言われる『十七条憲法』の有名なフレーズの「和をもって貴しとなす」って、『論語』にも同じことが書いていて、聖徳太子めカンニングしたな(笑)、ということがわかります。
聖徳太子はもちろん大陸からの先進的な知識である『論語』も読んでいて、
「和をもって貴しとなす」はもちろん、「過去1000年のことがわかれば、未来1000年のこともわかる」という部分も「我が意を得たり!」と思ったのか流用させていただいた、
という見方もできます。
今やったら「それ我らのパクリアルよ!」と締め上げられそうやな(笑

じゃあ、聖徳太子の予言と言われる書物にゃ色々当たってることも書いてるやん!
という反論もあるかもしれません。

でも、これは「先見性」があれば何百年先はさておき、「ちょっと先のこと」なら読めたりします。

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■ロシア語、はじめました

「冷やし中華」はあまりお好きやないBJのぶです(笑

いちおう語学でメシ食ってる人間として、
「短期目標」「中期目標」、そして人生全部を賭ける「長期目標」があるつもりやけど、
その中の「中期目標」に、

「日本を囲む国すべての言語を勉強する」

というのがあります。
日本の東側と北側にゃ、韓国・中国・ロシアがひかえ、南は台湾、そして隣とは言いがたいかもしれへんけど、太平洋を隔ててアメリカがあります。
この周りの国の言語・文化を勉強する、40歳までに全部会話できたらなーって目標が実は昔からあって、英語と中国語は実際これでメシ食ってる、韓国語も海外旅行くらいならまあ何とかなる、ってレベルになり、
そして残るはロシア語のみ!
要するに自分の「中期目標」にリーチがかかってる状態なんやけど、
日本人って、何故か「隣国」って言うたら中国や韓国を思いつくことが多い、ロシアを思いつく人は意外に少ないんですわ。
あの~、ロシアも「お隣さん」なんやけど、無視したったらかわいそうやん(笑
そして、中国語や韓国語に比べたら、ロシア語やロシア情勢に興味を持ってる人は案外少ない。
正直、今俺がピカピカの大学生やったら第二外国語は迷わずロシア語を選択しますわ。
学校にロシア語講座があったらの話やけど(笑

で、お前の『長期目標』は何かって?
それは敢えて言いまへん♪
こーゆーのは秘密にしとく方がおもろいし、「大志はこっそりと抱け」と福沢諭吉大先生も言うております。
これを知るのは、将来の嫁さんくらいか!?結婚できるか知らんけど(笑

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■タカラヅカのブスの25箇条

突然やけど、女性にケンカ売っとるつもりはありまへん(笑

タイトルの「ブスの25箇条」って、知ってる人は知ってると思うけど、
かの宝塚歌劇団(以下タカラヅカ)の学校や舞台裏の、誰でも目が届く所に貼られとるもんやそーで、
誰が、いつ言い出したかは知らん、自然発生的な自戒の文だそうです。

1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.精気がない
5.目が輝いていない
6.いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さく、イジケている
11.自分が正しいと信じ込んでいる
12.愚痴をこぼす
13.他人を恨む
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人に嫉妬する
17.他人に尽くさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなく傲慢である
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことに傷つく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.人生においても仕事においても意欲がない
25.存在自体が周囲を暗くする




改めて見てみたら、この「ブス」は顔やのーて「性格」のことなんやろな、と感じたりします。
この「ブスの25箇条」は、要するに
「性格歪んだら顔もブサイクになりまっせ」
という戒めであり、逆読みしたら、
「美人になりたかったら、心もきれいでないとあかんのやで」
ということ。
タカラヅカに美人が多いんは、元もきれいなのはもちろん、中身もこれを見て常に自分を戒め、ドロドロとした心のヘドロのお掃除を定期的にしとるからちゃいますかね~。
もちろん、タカラヅカの女優全員がそーとも限らんとは思うけど、少なくても輝いとるトップスターなんかは常に自分に厳しくしとるんやと思います。
才色兼備の女優を産出するタカラヅカの奥義はここにあるんやと思いますな~。

で、これを実行さえすれば「ブス脱出」とも限りません。

1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない

やと、「笑顔やったらいいんでしょ!」「お礼を言ったらいいんでしょ!」と無理やり+イヤイヤそうする人がおるけど、そんな単細胞な考えこそが「ブス」なんやって、と気づく本人はおらんと思います。
そういう意味じゃ「美人」の条件は頭も良くないとあかんのやけど、
「社交辞令」「愛想笑い」「心がこもってないお礼」はむしろ逆効果、本心の卑しさを自分から晒すことになります。知らぬは本人ばかりなり、見抜く人は見抜いとりますし、見抜けます。


俺も30も半ばに入って「アラフォー」に片足突っ込んどる年齢に入ってしもたけど、
「社内恋愛すれば?」なんて言われることもよくあります。
確かに職場に女は多いんやけど、正直なところこれと言うた魅力的な女性がおらんのですわ。
この年になったら、ルックスより性格や考え方とかの「総合点」でじっくり判断するし、俺の嫁さんの絶対条件は「賢さ」、理由を書いたらまた長くなるさかい省略やけど、これは誰が何と言おうと絶対に譲るつもりはなし。その「賢い女」が職場にはおらへん有様。
口を開けたら他人の陰口か仕事の愚痴ばかり、「やったら仕事場を改善するよーに建設的な問題意識持ってみたら?」と言おうものなら逆切れ→次の日から無視、そもそも問題意識持つような知識も知恵もない(笑


その中に、ホンマ残念やなーと思う女の子がおったりします。
俺が入った頃はすごいべっぴんさんで、俺も「この女の子かわいいな」と思ったんやけど、
数年経った今、脂が乗って更にべっぴんさん・・・と思ったら非常にブスになっとります。
化粧が変わったとか髪型が変わったとか逆整形手術したとか(笑)、そんなんやないんですわ。
顔はほとんど変わってへんのやけど、内面からにじみ出るようなブサイクになっとる・・・いやブサイクやのーて「醜さ」と言うてええ程。醸しだす雰囲気が「ブサイク」というかそんな感じですわ。
周囲から甘やかされて育ったのか、少し贔屓目で見ても「ブスの25箇条」すべてに当てはまる、
タカラヅカ風に言えば「ブスの完全体」のいい見本。
あまりに当てはまるさかい、「1項目くらいはハズレな所あるやろ」と何度も考えてみても、やっぱロイヤルストレートフラッシュ。
25箇条全部に当てはまるのもたぶん人間としてはかなりレアもの、レアポケモンGETだぜ♪(笑


先日、前にその彼女と同じ場所で仕事しとって、働くフロアが変わって1年ぶりに彼女を見たある人が、

「彼女、えらいブサイクになったな~!」

と呆れた表情で言うとりました。
俺もそう思ってたさかい、淡々と「ついに性格の悪さが顔に出たんちゃいます?( ̄ー ̄)」と言うたけど、その人も「やね(笑」と納得しとったのには少し笑いました。
がははは、あなたもそう思ってたか。
ホンマ、ルックスとスタイルはええのに、性格ですべて帳消しどころか帳消しオーバーのマイナス計上になっとってホンマもったいないと思います。
これは彼女の悪口・陰口やありません、何ちゅーか、兄が出来の悪い頑固な妹に「お前は自分を見つめ直したら一皮むけて、もっとええ女になれるのに・・・」と心配しとる気持ちかな!?
出来たら、彼女本人にこのブログ見てもらいたいくらいやし。これ以上醜くなったらおっさん・・・やなくてお兄ちゃん悲しいぞ(笑


彼女の心の奥に潜むヘドロを、『論語』に書かれた人物鑑定法、
「視・観・察」
などを使ってプロファイリングしてみると・・・。
本来ある「7.自信がない」からか劣等感を持ち、自分が努力や問題解決せーへんことを棚に上げて「16.他人に嫉妬する」「12.愚痴をこぼす」
それが基盤になって視野のレンズが歪み始め、「11.自分が正しいと信じ込んでいる」「15.いつも周囲が悪いと思っている」せいで「なんであたしが反省せなあかんの!」と「19.謙虚さがなく傲慢である」となる。

人生の「甘い味」しか知らんさかい、苦言は「20.人のアドバイスや忠告を受け入れない」と感情的に拒否。これを俗に「甘ちゃん」と言います。
人生の「苦味」「渋味」を知らず「甘味」だけ摂り続けると、甘いものばかり摂ると太るのと同じく「心の肥満体」になる。それが顔にも出る。周りも厳しいこと言わず甘味ばっかし与えるor本人が「苦味」を拒否して「甘味」しか受け入れへんさかい、「9.自分がブスであることを知らない」ことにもなる。
そして、せっかくのアドバイスに「21.なんでもないことに傷つ」き、その人を敵とみなして「13.他人を恨む」ようになる。
結果、タカラヅカ風「ブス」のいっちょ上がり~♪


そんな彼女を見て思うんが、

心の歪みは顔に出る

はまさに至言、というか事実。
リンカーンの名言、
「四十歳を過ぎた者は、自分の顔に責任を持て」
も同じことを言うとって、俺もそろそろその40歳になりそうやさかい、「自分の顔に責任を持つ」べく自分に厳しくしとるけど、
上の彼女の例を見たら、40どころか20代後半にゃ「自分の顔に責任」を持たんとあかんどころか、「40」になって気づいても時既に遅しっちゅーことやな、と思ったりします。


ホンマ、この「ブスの25箇条」、さりげなく会社のホワイトボードに貼ったろかな(笑

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ