のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■見せてもらおうか、アップルのiPhone4Sの性能とやらを

突然やけど、ケータイをiPhone4SにしたBJのぶです。
ずっと3GSを1年半使ってたんやけど、酷使しすぎたかバッテリーが限界点に達してしもて1日ももたへんよーになったさかい、
「そろそろ機種変のシーズンやな・・・」
と思ってて、ずっと新しいiPhoneの登場を待っとりました。

今年6月、新しいiPhone出るか!?と思って発表を待っとったんやけど、
残念ながらハズレ。
そして待つこと約4ヶ月、巷の噂じゃ"iPhone5"だの持ち切りのまま発表を待ちました。
そして発表されたのが!!

iPhone"4S"

てっきり「5」やと思ってた俺はガックリ。_| ̄|○ ←こんな気分でした(笑
今回は見送りか・・・せやけど3GSのバッテリーがもう玄海灘~~(涙
やったけど、一日経って冷静になって4Sのスペックとかを見てみたら、
「なかなかいいんじゃない?」
と思うよーになりました。
要は、目に見えへん脳みそ部分の「デュアルコア」がどういう威力を発揮するかが今回のミソやけど、
「一足先に触ってみました!」的な記事を見てみたら、かなり絶賛の模様。
「まあ、3GSよりかは性能上がってるし♪」という、当たり前やん(x_x)\(-_-;)って考えで、7日に早速予約に行ってきました。

しかし!
地元のソフトバンクショップに行ったら・・・予約開始の午後4時の5分後に来たのに、もう待ちが27件も(笑
4S発表後のネットアンケートで、(次のiPhoneを買おうとしてた)60%の人が「今回は買わない」やったのに・・・あのアンケートはウソやったのか(笑

で、待つこと・・・何十分か忘れたけどかなりの時間待ってやっと俺の番。
早速ショップのおねーさまから一言。
「何ギガの何色にされますか?」
あ、そこ考えてへんかった(x_x)\(-_-;)
俺:「みなさん、何ギガの予約してます?」
SB:「みなさん64ギガを予約されてます」
そこで俺が出した回答は
「32Gの黒で!」
「アホやな~!64Gにしとけばええのに」と思うんやけど、これにはある読みがありました。

みんなが64GBを予約する→64GBは入荷量多くないはず→64GBにしたら14日とかに手に入らん可能性→32GBが出荷量がいちばん多いはず→でもホワイト32GBにも予約集中するはず→よっしゃ、俺は天邪鬼に32GBの黒
(※16GBは眼中になしって前提で)

と脳内コンピュータが弾きだしたのが俺の読みやったんやけど、
後でiPod touchの白を見たら案外良かったさかい、「やっぱ白にしとけばよかったか?」と思いました(笑
せやけど、この読みはまんざらでもなかったみたいで、GETした後に別のSBショップの知り合いにこの読みを話した所、
「すごい読みですね!それ正解です!」
とお褒めの言葉をいただいてまいました。
おまけに、これはショップに行くまで知らんかったんやけど、
3Gや3GSから機種変したら「残り代金全部チャラ」という大盤振る舞いで、俺の3GSの残り代金2万円強がチャラになるという「徳政令」付きときたもんだ。

まあそれはさておき、あとは14日を待つまで寝るか状態やったんやけど、
mixiのコミュを見たら続々と「14日入荷の連絡あり」という報告が上がってくる中、俺には何も連絡なし。
しまった・・・田舎のSBショップで予約するんちゃうかったか!?とストレスが溜まるばかりやったんやけど、
その14日の昼に、
「入荷しました~。いつでも取りに来て下さいね♪」
というTELが。

キターーーーーー(゜∀゜)ーーーーーー!!

この顔文字が頭の中でLED電光掲示板のように流れていきました(笑
14日は仕事やったさかいすぐには行かれへんかったけど、次の15日は幸い休みやったさかい、ルンルン気分で取りに行きました。


スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■【前編】八日市延命新地をゆく 消えた遊郭・赤線跡をゆく33

突然やけど、先日うちの爺さんの法事で滋賀県まで行ってきやした。
あちき、生まれも育ちも大阪やけど本籍は実は滋賀県やったりして、更に戦国時代くらいのご先祖様は山形県。
ま、これで日本史に相当詳しいマニアックな方はあちきの血筋の経緯かわかるかも!?
まあそれはさておいて、
法事に参加するよーになった俺、ふとあることが頭をよぎりました。
法事は八日市ってとこでやるんやけど、待てよ、確かあそこにゃ遊廓があったはず・・・。

よし決めた!

俺は法事までは別行動。現地集合現地解散、はい決定。
と勝手に決めて親に電話。
まあ、どっか行くにしても家族旅行でも志願で「俺だけ別行動→現地集合」が多かったさかい、
(他の兄弟は方向音痴で放置できへんかった+「かわいい子には旅をさせよ」という親心もあったらしいけど)
親も毎度のことなのか「またかよ!」って感じでした。
俺は寅年のしし座のせいか知らんけど生態が完全にネコ科、親も「あんたはほっといても勝手に出かけてどっかでメシ食って知らん間に帰ってくるから世話がかからん」と言われとるさかい(笑

で、夜行強行軍で適当なSAで「ホテルプリウス」(※車中泊のこと)し、朝に遊郭跡探索→図書館で郷土資料調べつつ図書館のおねーさんを困らせる→法事
という行動計画を立てて、いざ出発。
法事の前に
「一仕事」
やっつけて参りました。

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■堺-乳守遊郭 消えた遊郭・赤線跡をゆく32 

                 ~まえがき~
このブログ、元々は2010年の6月にアップしたもんなんやけど、
今回地元堺市立図書館で資料を物色しとったら、かなり詳しい資料が出てきました。
普通やったら新しくブログ書いて追記するとこなんやけど、せっかく以前書いたブログ、エコな時代やさかい「資源のリサイクル」ということで、
うちのブログ始まって以来の、フルバージョンアップによる「age」とさせていただきます。
まあ、お店の改装後の「新装開店」みたいなもんと思ってくんなはれ(笑




もう数年前になるんやけど、
消えた遊廓・赤線跡を訪ねて 大阪府南部編
で大阪南部、泉州にあった貝塚と堺の遊廓・赤線の跡を歩いてみたことがあるけど、
何せ地元やし堺は何というても俺の生まれ故郷、生まれ故郷やからこそ気になる堺の遊廓・赤線。
ブログを書いた後もセコセコと調べながらコッソリブログの内容を変更して内職しとりました(笑

で、堺の遊廓は龍神とその隣の栄橋だけなんかなーと思っとったんやけど、
あれこれ深く掘り下げていったらここだけやのーて、違った場所に遊廓があることがわかりました。
その上、「もう一つ」の方が龍神・栄橋より歴史が古い遊廓やったりしました。
やっぱ「これで調査終了!」で終わらせるんやのーて、引き続き掘り下げて行ったら色々見つかるもんですわ♪

で、その「もう一つ」の遊廓とは・・・


テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■奈良郡山-東岡町遊郭 消えた遊郭・赤線跡をゆく32 

「消えた遊郭・赤線跡を歩く」大和郡山編のアンカーを務めるのは、東岡町遊郭です。

洞泉寺遊郭の「古めかしさ」に比べて、東岡町の方は新しいってイメージがあるけど、
どうもどっちもいつ遊郭が出来たんか確かな資料はないみたいで、
両方とも同じ時期に作られたと見なしてええと思います。
『奈良県統計書』のいちばん古いデータにも、洞泉寺遊郭と東岡町の両方が載ってるんやけど、
いちばん古い明治12年(1879)のデータによると、

貸座敷数:16軒
娼妓数:61名

(明治16年の出来事:大正天皇誕生、琉球藩廃止、沖縄県設置)

と、数字がひっくり返ったような数字になっとります。これ偶然!?
ちなみに、同時期の洞泉寺の方は

貸座敷数:12軒
娼妓数:61名


と、若干ながら数字だけやったら東岡町の方が栄えとることがわかります。
「上方」って昭和初期に発行されたらしい雑誌に書いてた「大和の遊廓」ちゅーコラムによると、
明治初期の頃は洞泉寺の方は娼妓専門やったのに対して、東岡町は芸妓と娼妓の「二枚鑑札」やったと書かれとります。

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■旧川本邸へ潜入! 消えた遊郭・赤線跡をゆく特別編

前回書いた洞泉寺編の続きでございます。
ホンマは洞泉寺編の直後に書きたかったけど、ちょっと別方面に寄り道してまいました(笑


ある日、ふと色々ググっとったら、

「大金魚博覧会」

っちゅーのを見つけました。
普通やったら「ふーん」とスルーしそうなんやけど、それが行われとった場所を見たら!

「おお~~~!」

こ、これは・・・

遊郭跡の建物やないですか~!

それも入場無料、金魚っちゅー大義名分で滅多に見られへん遊郭建築の中を見れるビックチャンスやないかいな。
それもタダで。もうヨダレが(汚
これは行くっきゃない!止めてくれるなおっかさん、雨が降ろうと人工衛星が降ろうと俺は行く(笑

というわけで、休みの日の予定を急ブレーキかけて急激に変更して、「大金魚博覧会」が終わる数日前の8月26日に行って参りました。

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ