スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた遊郭・赤線跡をゆく 下関稲荷町・裏町遊郭編

「下関遊郭シリーズ」は懲りもなく続いとるけど、
今回がある意味本命の稲荷町遊郭の巻です。
下関と言えば、今から1000年前に源氏と平氏が戦った「源平の戦い」のハイライト、「壇ノ浦の戦い」の地でもあります。
学校で習った通り、この戦いで一時の栄華を誇った平氏は正式に滅び、源氏の天下が確定したんやけど、
平氏が連れてきた数多くの女官が戦いの後で残りました。
男が海の藻屑と化して残された女官たちのその後は、戦前までの女性もそうやったみたいに、生活のために「春を売る」しかなし、
そんな女たちの戦場が稲荷町遊郭の起源と言われとります。
せやさかい、ここが「遊女発祥の地」と言う人もおったりします。

近代以降の遊郭の遊女は公式には「公娼」と言うとったけど、世間一般には「女郎(じょろう)」と言うとりました。
舞鶴の龍宮遊郭で遊郭時代を知るおじいさんに偶然会っていろいろ話を聞いたけど、
(詳しくは「消えた遊郭・赤線跡を訪ねて 舞鶴龍宮編」をどーぞ)
そのおじいさんの口から出た「女郎」って言葉には、少し見下げた感覚を感じました。
この「女郎」って言葉の起源がこの下関にあり、高級の女官のことを上臈(じょうろう)と言うたんやけど、
壇ノ浦で庇護者を失って浮浪者同然になった平家の高級女官らは、こっそり平氏の菩提を弔うために、そして最初は人のツテを頼っとったものの、最後は生きていくために春を売るしかなく、彼女らを「上臈」と呼んだという伝説があります。
『売笑婦論考』(道家斎一郎 著)にもその言われが書いとって、漁夫相手に春を売ってた「上臈」たちは、それが習慣になって地元で「上臈=売春婦」と呼ばれるよーになって、それがいつしか訛って「じょろう」と言われ、当て字で「女郎」になったって説があります。
また、戦前の下関や小倉の遊郭では遊女の最上位、つまり吉原や関西では「大夫(だゆう)」と呼ばれとったのを「上臈」と言うとったそーで、
嘘か真かはさておき、平家伝説がホンマに戦前まで残ってたってことですな。

江戸時代、稲荷遊郭は吉原とか京都の島原、大阪の新町に並んで遊郭の免許地になり、元禄時代(1700頃)に書かれたという『傾城色三味線(けいせいいろじゃみせん)』っちゅー浮世草紙には、稲荷遊郭は前頭12枚目に位置しています。
また、「諸国遊所競」っちゅー、1840年代に作られた全国の遊郭の番付表には、稲荷町遊郭は東前頭5枚目にランクインされとります。
ちなみに、この時の大関(当時の最高位)は東は島原(京都)、西は新町(大阪)で、西の前頭5枚目は四谷新宿でした。
「あれ?吉原は?」と思った方もおるやろーけど、吉原は「行司」になっとります(笑

また、井原西鶴の『好色一代男』にも稲荷遊郭のことが書かれていて、実際にここにも立ち寄ったっちゅー記録も残っています。
また、平家伝説が由来っちゅー稲荷遊廓は非常に格式が高かったらしく、遊女が客の上座に座るのは普通、白足袋も許された「高級」どころかその前に「超」がついてもおかしくないような感じでした。


そんな格式の高さを売り物にしとった稲荷遊郭も、明治に入ったら方向転換を余儀なくされます。
あまりに格式が高すぎたんか、客足は明治後期になってから鈍り始め、より大衆的というか「お手軽」な豊前田や新地遊郭に客の足が移ってしもたみたいです。
おまけに、下関駅の開業などで人の流れが180度変わってしもたせいか、特に新地遊郭の急激な発展ぶりとは裏腹に、稲荷・裏町遊郭聯合(?)は「娼妓中心」から「芸妓中心」へと方向転換したよーです。
端的に言うたら、一発向けの人は新地や豊前田などへ移り、稲荷町や裏町は「祇園化」していったってことですやろな。

明治16年(1883)の「山口県統計書」によると、


         貸座敷数   娼妓数   芸妓数
稲荷遊郭    13軒     48人    32人
裏町遊郭    13軒     11人     4人



と、どっちも娼妓優位の数になっとります。

明治30年になったら、


       貸座敷数   娼妓数   芸妓数
稲荷町    10軒     48人    75人
裏町      11軒    27人    48人

※出典:「赤間関市統計書」



娼妓と芸妓の数がここで逆転しとります。
そして、明治30年以降のデータやと、芸妓優位は変わらずそのまま推移しとります。

統計書の数字を、金にもならんのに(笑)せっせとでExcellで編集しとったら気になったんが、
明治45年(=大正元年)から大正2年にかけての、稲荷町&裏町遊郭の客数の激減ぶりでした。

☆明治45年の客数
稲荷町:9,737人 裏町:8,312人

☆大正2年の客数
稲荷町:3,807人 (前年比-5,930)  裏町:4,258人 (前年比-4,054)

☆大正3年の客数
稲荷町:3,047人 (前年比-760)  裏町:3,111人 (前年比-1,147)

※出典:山口県統計書



客足が2年間で約3分の1、この数年間はかなり閑古鳥もんやったことでしょう!?
さて、この数字の減りっぷりをどない説明すりゃええのやら、と頭抱えるとこやけど、
明治45年→大正3年の2年間は、下関の他の遊郭も客足が減っとって新地遊郭だけが激増、新地遊郭の一人勝ちみたいな状態なんやけど、
この2年間に減った客足は、他の遊郭は大正3年→大正4年の増減を見たら元に戻っとります。
せやけど、稲荷町と裏町、そしてここの隣の西ノ端遊郭の客足は明治時代の数字に戻らず、そのままズルズルと稲荷町なら3000人台に留まっとります。
豊前田遊郭などの客足は元に戻っとるどころか、むしろ発展しとるよーな数字やのに、稲荷町などはそのまま。
世界情勢を見てみたら、大正3年に第一次世界大戦がヨーロッパで勃発、日本が戦争景気になって「大正バブル」でにわかブルジョアが大量発生して「成金」って言葉も生まれた時期、
そんな「バブル」な時に客足が伸びへんとは、これは何が原因かわからへんけど、何か原因があることやろーと思います。

また更に、『関の廓盛衰史』っちゅー本には、20世紀が始まったばかりの明治34年(1901)~明治38年(1905)の客数の増減が書かれとりました。
それによると・・・


        稲荷町     裏町
明治34   17,375     17,315
明治35   19,532     18,561
明治36   6,610      5,550
明治37   8,632      7,762
明治38   7,632      7,989




と、見てわかるよーに、明治35年を境に客足がどちらも3分の1に落ち込んどることが目に見えてわかります。
明治37年にはいったん回復しとるけど、それでも往年の数には及びもしません。
上に書いた『山口県統計書』の明治45年のデータと照合すると、稲荷町・裏町遊郭の客足の激減ぶりは明治35~36年に始まったと言えますな。
その原因は、明治34年に開業した下関駅と関係があるかもしれまへん。
要するに、下関駅が開業することによって山陽鉄道(今の山陽本線)が全線開業、レールだけなら東京から下関が一本でつながったわけで、
鉄道の利用者がかなり増えたと思われます。
それによって客の流れがガラリと変わった、そう推定できないこともない。
同じ統計資料で新地遊郭・豊前田遊郭の客数を見てみましょう。

         新地     豊前田
明治34    13,338      18,124
明治35    13,564      19,002
明治36     41,268     41,659
明治37    43,519      41,484
明治38    36,740      38,393

※出典:『関の廓 盛衰史』


と、稲荷町・裏町に反比例するかのように客足が激増しとります。
これは何故か?俺は下関駅の開業で人の流れが変わって、駅から近い両遊郭に客が移ったんちゃうかな?と思うんやけど、
それにしては同じ資料でより駅に近いはずの竹崎・今浦両遊郭の客数がほとんど伸びてへんさかい、
これはちょいと宿題やな。

それでも、格式の高さっちゅーかプライドの高さは相変わらずやったみたいで、
これまた下関市立図書館に残っとった新聞記事からなんやけど、稲荷町・裏町のプライドの高さを残す記事やさかいここに書いておきます。
大阪のどっかの芸妓300人が特別列車をチャーターして別府温泉に旅行に行くことになりました。
それを聞いた稲荷町・裏町の芸妓・娼妓全員が下関駅に大集合、大阪の芸妓をお出迎えすることになりました。
当時の新聞記事はこう書いています。

「因に下関芸妓はこの美人団に優(ま)して、きらに飾れるさま一段光彩を放ち、
いささか大阪芸妓より見栄えしは下関芸妓以て鼻を高うしたり」
(明治44年10月3日 馬関毎日新聞より)


これを書いた新聞記者は、大阪芸妓に対抗しとる下関芸妓のプライドの高さに半分呆れた調子で書いとって、
言うなれば「そこまでせんでええやん」的なことを書いておりました。


そして、更に気になるんは、毎度お馴染みの『全国遊廓案内』に稲荷町遊廓のことが載ってへんこと
このブログを書いとって、「さて、『全国遊廓案内』にゃどう書かれとるんかな?」と見てみたら、
「・・・あれ?あらへんし」
ちゅー有様。
上に書いた平家の「上臈」伝説は書いとるのに、その「子孫」的存在の稲荷町遊郭の「い」もない。
てっきり書いてると思い込んどったさかい、これはちょいとビックリでしたわ。
裏町遊廓のことは、サラっと1行だけやけど書いてるさかい、ここで考えられる仮説は、

仮説その1
稲荷町遊廓が裏町に吸収されて「裏町遊廓」として合併した

仮説その2
稲荷町に娼妓や貸座敷がなくなり、純粋な「花街」になった

仮説その3
『全国遊廓案内』に云う裏町遊廓=稲荷町+裏町のこと

仮説その4
著者(か編集者)が単に稲荷町のこと忘れてたor調査不足

なんやけど、仮説1と2は『全国遊廓案内』発行の前年(昭和4年)に内務省警保局(今の警察庁的なとこ)で内部発行された全国の遊郭資料にはちゃんと「稲荷町遊郭」「裏町遊郭」が別々に記載されとるさかい、仮説その1と2はボツ。
いちばん可能性が高いのは「仮説3」の方で、この2つの資料を照らし合わせたら、

☆内務省警保局の資料(昭和4年末現在) 稲荷町+裏町遊郭の数
・貸座敷数:18軒
・娼妓数:16軒

☆『全国遊廓案内』 「裏町遊廓」としての記載
・貸座敷数:12軒
・娼妓数:約80名



娼妓数はえらい開きがあるけど、貸座敷数はまあ近いかなと思うさかい、やっぱり『全国遊廓案内』の云う「裏町遊廓」は稲荷町+裏町遊郭のこと言うとるんかな?と。
まあ、『全国遊廓案内』は誤字脱字が多いさかい、「仮説その4」もアリエールやけどね(笑

[消えた遊郭・赤線跡をゆく 下関稲荷町・裏町遊郭編]の続きを読む

スポンサーサイト

一つの疑問が解けた

会社に、独学で中国語を勉強中の人がおります。
まだまだ「初心者」どころか「入門者」のレベルやけど、中国語をメモったノートを持ち歩いて、疑問に思ったことは常に俺や周りの中国人に聞いたりしているそうです。
最近、「自分さえよければいい」「今が楽しければいい」という20代が多い中、なかなか向上心があって感心感心。

「入門者」から見た俺は、自分で書くのも恥ずかしいけど、
「次元が全く違う」「(ゲームの)RPGだったら、レベル1と50くらい違う」だそうで、自分が通訳で話してると、横についてしっかり「お勉強」しとるようです。
俺も、中国語の通訳になると、「ちょっと聞いておきなされ」と彼を呼んで横で、仕事してるフリさせといてお勉強させるチャンスを与えとります。
また、ネイティブに聞いてもわからないようなビミョーな疑問をサラッと簡単に答える俺に、「中国人に聞いても誰もわからなかったのに・・・感動です!」と感動しきりでした。
外国語に関して、日本人が持ってるステレオイメージっちゅーか外国語音痴の原因ちゅーか何ちゅーか、そういうのに、

「ネイティブに聞いたら何でもわかる」

があります。
結論から言います。わからんもんはわからん(笑
言葉って我々日本人も知らん間に日本語覚えていくもんで、理屈で覚えていくもんやありません。
極論言うたら「日本語話せんとメシ食えない、生活できない、コミュニケーション取れない」から覚えるのであって、
日本人が持ってる明らかな間違いである「外国語ネイティブ万能論」が正解やと、日本人全員が
「『私は』と『私が』の違いを述べよ」
と外国人に聞かれて全員答えられることになります。
さて、この疑問に即答できる日本人は何人いるでしょうか?
ちゅーか、「ネイティブ万能論」に染まってる方、答えられますか?
海外に住んでると、こんな質問はもちろん、「武士道とは何か、一言で説明してくれ」とか「明治維新は何で成功したんだ?」、「浄土宗と浄土真宗の違いは何か?」はたまた「日本はなぜ多神教なんだ?(神道のこと)」とかなんとか、
これ、実際に海外で聞かれた質問やったりします。
答えられへんと、ヨーロッパなんかじゃかなり「非国民」扱いされます(笑
こちらも日本について真剣に勉強せんとあかんし、自分らがいかに自分の国を知らんのか痛感させられます。

これは外国人にも同じことが言えて、我々が思ってる質問に案外答えられへんことが多い。
「ネイティブに聞いたら何でもわかる」っちゅー考えは俺に言わせたらとんだナンセンス、むしろ外国語を「外国人」として勉強した人間の方が、レベル1どころかレベル0から始めたさかい答えられたりします。
「岡目八目」って言葉があるけど、外国語やその国を第三者として見た方が、ネイティブには見えへんものが見えたりして、
日本オタクと言われるくらい日本語もベラベラの外国人の方が日本に詳しく、日本を正しく評価してくれるのも頷けることでもあります。

そして、彼に

「いやいや、俺も10年以上前はあなたと同じく、発音練習から始めたんで、(中国語勉強してる)日本人がどこでつまづくか、どこで壁を感じるかすべて経験済みだし、他の留学生も数百人は見てきたからわかりますよ~。『日本人』だからこそ答えられることもあります」

と言うと、「のぶさんもそんな時あったんですね!」と。
そりゃありましたって、俺いちおう純正の日本人なんやから(笑

[一つの疑問が解けた]の続きを読む


よろしく!






blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

  • Author:BJのぶ
  • 大阪の道路を、黒いプリウスで変態燃費走行する、泉州が生んだとんだ変人・・・。

    その名はBJのぶ。

    BJとは「ブログジョッキー」、もちろん俺の造語です。「ブログジャンキー」じゃ決してございません(笑

    今日も明日も明後日も(?)大阪弁パワー全開!?
    ブログで暴走しまくるアホ~な俺を優しい目で見守って適当にかまって下さい(笑

最近の記事

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

プリウスリンク

プリウス関連のブログやサイトリンクだす
プリウスオーナーの方のリンク追加もお待ちしとりまっせ!

プリウスマニア

プリウスライフ

PRIUSな日々 SNS

みなさんの燃費

1000マイルクラブ

お茶処 プリウス(仮)

PRIUSなomiidon

trumprius

プリウスとポプリの気ままな日々

ポプリとプリウスの気ままな日々~ジオログのページ

プリウスな日々

kamesan's Prius

【ユウ】のプリウスとPCとラーメンの日々

Pearl PRIUS(まおたろーはん)

EPV's Hybrid dream

歩けとサイクリング(nobuはん)

PRIUS,PRIUS.com

ごゆるり☆ECOlife(saiはん)

中影(あかかげ)の PRIUS 燃費とFAQ

Priki Diary

PRIUS People

プリウス界の市街地燃費帝王へのいばらの道

プリウスコミュニティ岡山

ぷりうす燃費記録帳

のんびりプリウス日記

Prius DIY

プリウスいじりの間(めいたはん)

ぷるプリ(静@新潟ご夫婦はん)

ほぼ休止中なプリウス雑記(椎茸はん)

プリウス オフ会回想(ドラエもんはん)

バサラとプリウスな日常

g-mon

靖柳庵HP(靖柳庵はん)

PRIUSへの道程

ほどほどの日記(Take@志摩はん)

知らんPri(sasa@盛岡はん)

ショコラの別荘

【あん。ぶろぐ】

鏡華水月(かぐらはん)

プリの助のハイブリッド日記・・・と趣味の部屋

HV乗りのConiの雑記

えんじょいマリウス

プリウスでGO!GO!(仮)

キューのつれづれなるままに

花とプリウスと・・・(プリキはん)

赤い彗星My PRIUS Life

ぶろぐNAO-TOMATO

ブロとも申請フォーム

ナイト2000

■■■■■■■■■■■■■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。