のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■境港の遊郭跡 消えた遊郭・赤線跡をゆく23

「消えた遊郭・赤線跡を訪ねて」の鳥取県シリーズが続いとるわけやけど、
鳥取衆楽園米子倉吉という鳥取県ビッグ3の都市を歩いたさかいもう鳥取県にゃ用はない・・・
さて、忘れてませんか?

鳥取県の遊郭・赤線は4ヶ所でした

ってことを。

今回は、今まで倉吉新地遊郭以上に話題にされることもなかった超ノーマーク遊郭、境港の遊郭の話を。

その昔の日本の港町にゃ、風待ちとかの都合で長期間待機する船も多かったさかい遊郭があったとこが多かったんやけど、
境港は古くからある港町やさかい、ここに遊郭があっても全然おかしくないということ。
むしろ、あって当然とも言えると思いますわ。
俺も「米子にあって境港にないんはおかしいやろ」とは思ってたんやけど、倉吉と同じで確たる証拠が全然ない。
バイブルを探ってみても境港の「さ」も書いてへん。
ネットで検索してもどうも完全ノーマークらしくデータは全くなし。
せやけど、今まで遊郭跡を探してきたカンと境港の地理的状況を鑑みると、境港には絶対あったはずや!という確信はありました。

そして、ふとWikipediaサーフィンをしとったら、境港市のとこで気になる記述が。

桜町(現・栄町)の遊郭より出火「境町大火」 全焼338戸。

やっぱりあったんやん!
せやけど、それ以上の情報はググっても全くないし、Wikipediaの方が間違ってる可能性があるということもアリエール。
これは現地で情報手に入れるか、と早速向かってみました。

せやけど情報も何も持ってへんさかい、まずは現地の境港市立図書館で情報収集。
「遊郭の情報おまへんか?」
と大阪弁丸出しで聞いても、やっぱし「はぁ?」みたいな反応。まあそりゃしゃーないか、わざわざ大阪からこんなとこまで来て調べる物好きはそうそうおれへんと思うさかい。
そして、境港の歴史資料をあれこれいじくり回してたら、非常に断片的ながらいくつか記述が見つかりました。

スポンサーサイト

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■BJのぶ、ミイラ取りがミイラになるの巻

最近、ちょいと遊郭の話が続いとるさかい、ここでコーヒーブレーク代わりに全然ちゃう話題を。

俺が東京に行く時、必ずと言うてええくらい立ち寄る店があります。それは・・・

「てんや」

っちゅー天丼版吉野家のよーな天丼専門のチェーン店。
東京とかの関東圏じゃ店がいっぱいあるさかい、関東人からしたら「てんやか、それがどうした?」的な存在の店なんやけど、
これが関西にゃありそーでないんですわ。
っちゅーか、大阪って天丼とか天ぷらの専門店ってあんまし聞いたことがない。
偏見が70%くらい入ってるけど、東京行ったら絶対って言うてええくらい「てんや」で天丼食ってるさかい、大阪で天ぷらとか天丼ってイメージがあまり沸かん。
天下の食い倒れの大阪やけど、大阪の方を贔屓目に見ても天ぷらと天丼だけはトキオの方が美味いと思われ。
ん?俺が美味いもん食ってへんだけやって?(笑

関西人的には「てんや」は東京旅行のネタになるさかい、てんやのHP見ながら「てんや」で天丼いかがっすか~?

で、話は変わって。
ある日、mixiで「東京に『てんや』って天丼のチェーン店がありまっせ。関西にはない店やさかい是非どうぞ~」的に天丼について熱く(?)語っとったら、

腹減った_| ̄|○

天丼食いたい・・・

「天丼 地元の町」でググってみる

美味いと評判の店発見!

おお、すぐ近くやん♪

GO!!


という思考パターンに。この間20秒足らず、相変わらず脳内思考が直列回路な俺(笑

■■■人生、どうなるかわからん

東日本大震災の死者が1万人を越えました。
まだ行方不明者が2万人以上おるということで、被害は甚大やないですね。

ここに亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

で、そこでふと思ったことが。
実は、今から8ヶ月くらい前になるんやけど、リクナビを通してある会社さんから「是非うちで働きませんか?」というスカウトが届きました。
それも、「プライベートオファー」言うて不特定多数に出すもんやなくて、会社が求めとる人個人に対してピンポイントに出すオファーなんやけど、
不特定多数に出す「オープンオファー」は、2週間に1回はリクナビのレジュメをメンテしとるさかいその度に届くんやけど、プライベートオファーってやつは正直滅多に来ない。俺みたいな能力も経歴も中途半端やと1年に数回来るか来ないかかな。
内容はここじゃ控えとくとして、待遇や仕事内容が面白そうやったさかい、一次面接代わりに話を聞くことにしました。
俺は大企業とかそんなんにはあんまし興味なし、そんなとこで十把ひとからげの存在として扱われるよりも、小さくても自分の実力と能力が発揮できたらそれでよし。だから嫁さん来ないのか!?(笑
会社の人事担当の役員さんがわざわざ大阪まで来てくれ、堅苦しい面接っちゅーより喫茶店でまったり雑談しまひょみたいな感じでした。スーツも「要りません。履歴書と職務経歴書だけで結構です」との回答やったし。
経歴やキャラなんかを雑談みたいに話してたら、どうも俺のキャラを気に入ってくれたみたいで、「オファー出した甲斐がありました!是非社長とお会いして欲しいです!」と。
要するに一次面接はクリア、あとは社長自ら行う二次面接ってわけなんやけど、自分の能力と経歴を高く買ってくれた上に待遇も仕事内容も文句なし、俺は金より仕事内容や自分の能力を認めてくれること、つまり名誉の方が嬉しいので、会社のアプローチは嬉しかったものの、当時は今の仕事にも未練があったし、いろいろ考えた結果二次面接は辞退させていただくことにしました。

で、その半年後に起こった東日本大震災・・・。
実はその会社は被災地どころか津波で街全体が壊滅したところにあって、跡形もなくなってしもた街並みをニュースなんかで見てショックを受けました。
わざわざ仙台から飛行機で、俺に会うだけのために(?)大阪まで来てくれた会社の方や会社自体がどうなったんか、大丈夫やったやろか?と心配であります。

もし採用されてそっちに行ってたら・・・もしかして自分も津波に呑まれとって、こないしてブログ書いてることなかったな、と思うと、運命ってどうなるかわからんな、と思う次第です。
もしかして、あの面接が人生の選択やったんかもしれませんな。

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■米子の遊郭跡をゆく 消えた遊郭・赤線跡をゆく22

さて、鳥取・倉吉と続いたら・・・もうお次はご想像の通り米子です。
誰や、「こめこ」って読んだんは。「よなご」やっちゅーねん(笑


米子は鳥取県第二の都市やけど、その歴史は意外に(?)古くて、戦国時代に吉川元春(毛利元就の次男ね)の子供の吉川広家がここを本拠地にしたことから始まるんやけど、「米子」という地名はその前からあったことが当時の文献に残ってます。
江戸時代の一時期は米子藩が置かれた時代があったんやけど、結局鳥取を治める池田氏の家老が治める所になって、江戸時代は商業都市として栄えた所でした。
鳥取県を日本全体に例えたら、鳥取市は東京に対して米子は大阪や博多みたいなもんですわな。

米子の遊郭は、商業都市っていう人が集まりやすい土地柄もあってか、鳥取には遊郭がなかったくせに(出来たのは明治時代)米子には江戸時代から遊郭が認められとりました。
その遊郭の場所は灘町という所にあり、今もその地名は残っています。
そして明治時代になっても場所を移動せずそのまま残ってたんやけど、米子遊郭に転機が訪れたんが大正時代のこと。
それまでは遊郭と言うても芸妓もおる所やさかい、数少ない町の娯楽として町と共存しとったんやけど、明治後期から始まったキリスト教団体による廃娼運動の火が米子にも点火、
遊郭に対する風当たりは強くなる一方で、大正2(1913)年に郊外の「新地」と言われた場所に移動しました。
当時「新地」と呼ばれた所は今の花園町で、『全国遊廓案内』にゃ米子遊廓は灘町にあるって書いてるけど、これは間違い!
・・・ではなくて、花園町って名前に変わったんは昭和10年(1935)のことで、それまでは「灘町2丁目」でした。
つまり、『全国遊廓案内』が発行された頃はまだ灘町やったわけで、ここの記述は正解みたいですわ。
ここじゃ、いちいち名前換えたらややこしいさかい遊郭があったとこを「花園町」っちゅー表記で統一します。

遊郭が移る前の花園町は「高砂」と呼ばれとったらしく、これって「たかさご」と読みたいとこなんやけど米子の場合は「たかずな」と読んだそうです。
名前のとおりここあたりは畑すらなく、一面砂丘が広がっとった荒地で、いちばん高い砂丘の家に神社が建ったそうやけど、その神社は花園町の隣にある糺(ただす)神社として現存しとります。

11041402

これは大正13(1924)年の米子市の地図のアップなんやけど、今の花園町に「遊廓」と書かれてるんがわかると思います。
遊郭が花園町にあったって証拠なんやけど、その移転を巡っておかしな記述が。
図書館で見つけた『米子界隈』っちゅー、地元の人が書いた米子の思い出話があって、そこにゃかなりの紙面を割いて灘町のことを書いてるんやけど、
矛盾その① 「移転の時期」

★鳥取県史:大正2年

★米子界隈:大正3年


矛盾その② 「移転形式」

★鳥取県史:灘町にあった遊郭をそのまま移転

★米子界隈:灘町とは別に新しく「新地遊郭」が出来た


矛盾①の方は、まあ1年の違いやさかいそこらへん細かいことは言わへんけど、
矛盾②の方はどうも内容は全然ちゃうし。
せやけど、俺は『鳥取県史』の方が正解とみた。当時の経済的に米子に二つも遊郭を作る必要ないし、『米子界隈』はあくまで米子市民の回想やさかい、そこらへん記憶違いもあるかもしれません。
そして、『米子界隈』には「(遊郭が花園町に移ったのは)市内各地に散らばってた私娼街の整理」という建前もある、と書かれとります。
ここからは『米子界隈』にある記述もベースにした俺の推定やけど、箇条書きすると

1.灘町遊郭は芸娼妓混合遊郭で、芸妓も何だかんだで「二枚鑑札」が多かった

2.当時の米子には私娼がいる界隈が市内に散在しとった
(事実、米子駅周辺には「南新地」と呼ばれた私娼窟があった、と『鳥取県史』に書いてました)

3.私娼の整理も含めて灘町の娼妓だけ花園町に移った。

4.灘町には芸妓だけが残って「花街」を形成した


うーん、どーでしょう?

昭和に入り、米子遊郭は危機的状況を迎えます。
それは、カフェーの進出。
新しい風俗産業であるカフェーの進出で女の子がカフェーの女給に取られてしまい、公娼という縛りがキツい上に交通の便が悪い僻地にある遊郭は行く客も働く女性もどんどん減るばかり。
更に、これは記録に全くないさかいあくまで想像やけど、いったん整理された私娼窟も昭和の不景気で復活し始め、それも遊郭を圧迫したんちゃうか、と思ったりします。
そこで、鳥取や倉吉と同じく「公娼の私娼化」を米子も昭和9(1934)年に始めました。これは『鳥取県史』に「カフェーに対抗するため」と理由がはっきり書かれとって、それだけ遊郭側も焦ってたことがわかります。

で、米子の遊郭のことを調べようと『米子市史』を見てみたら・・・遊郭の「ゆ」の字もない(汗
まるで「遊郭なんてありませんでした」とばかりに華麗にスルーみたいで、『鳥取県史』にゃけっこう詳しく書いてるのに何で?
「隠れ遊郭」の倉吉ですら、半分くらいは『鳥取県史』の引用丸写しとは言えちゃんと書いてるのに、このスルーぶりは何?
と思ったりします。俺が見逃してるだけかもしれへんけど(笑
遊郭のことを調べるのに確実かつ手っ取り早い資料は、やっぱし遊郭があった所の公式歴史書である『○○市史』とかなんやけど、
これは編集者や地方自治体自体の意思が入ってることもあって、全部が全部書いてるとは限りません。
大阪府の枚方市史みたいに、一章を設けてけっこう詳しく書いてる所もあれば、ただ「遊郭がありました」程度の記述まで色々あったりします。
もちろん、まるで編集者が意図的に「黒歴史」にするが如くスルーの所もあったりするわけで、文句言うわけやないんやけど、歴史は「事実」を書けばいいのであって編集者の主観を入れてはダメなんです。
敢えて主観を入れるとすれば、最後のまとめあたりに一言二言書いておく程度で結構。
紀元前の中国で書かれた司馬遷の『史記』はそういう意味じゃ歴史書の傑作かつお手本なわけで、『史記』は司馬遷という個人が書いた中国の歴史書やさかい主観なんかいくらでも入るはずなんやけど、そこを一切排して自分の意見は「まとめ」に書かれてあるのみ。だから2000年以上も残って今でも読まれとる傑作になっとるわけです。
日本の歴史書も、なんぼ「黒歴史」でも事実は事実と認めて書かんとあかんわけで、公的な機関が税金で作ってる歴史書は尚更そうでないとあかんと思います。「あんたの主観なんか聞いてねー、俺が知りたいのは事実と真実やって」と言いたい気分ですわ(笑
遊郭・赤線ハンターはこういう資料を丹念に調べてわずかな点を探し、点を集めてそれを線や面にしていくという、「何でこんなことしてるんやろ?」と気が遠くなるような作業をせなあかん時もあるけど、
それによって知らんかったことを知るのがまた快感なわけで、逆に快感にならんとこんなことやってられるかい(笑

で、米子遊郭は終戦を経てそのまま赤線になったんやけど、
売防法施行前の米子のデータは、

業者数29軒 接客婦数77人
(出典:『鳥取県史』)

となっとります。
遊郭時代は、

貸座敷(揚屋)数:33軒 娼妓数:69人
(出典:『賣春婦論考』 大正12~13年)

貸座敷(揚屋)数:33軒 娼妓数53人
(出典:『全国遊廓案内』 昭和5年)

やさかい、まあ対して変わってへんことがわかります。
良くも悪くもそんなに大きな変化がなかったってことですやろな。

戦後の赤線時代については手元に資料がないさかい、これ以上書きようがないんやけど、
昭和30年に書かれた『全国女性街ガイド』におもろい記述があります。

「朝日町なるパン宿散在す。(中略)おもしろいのは、その宿に『風俗飲食業』の看板がかかっている。考えたものだ」

まず、花園町は一言も載ってへんさかい、知らんかったかスルー。確実なんは「何も書いてへん」ということ(笑
もう一つは、朝日町っちゅー風俗街があったということ。
朝日町をちょいとググってみたら、なるほど、今もスナックが軒を連ねる米子一の夜の街みたいやね。
ここにあったのは果たして赤線か?青線か?俺の興味はずばりこれ。
キーワードは『全国女性街ガイド』に書かれとる最後の言葉、「考えたものだ」。
この言葉からして、「風俗飲食業」ってのは朝日町の「パン宿」が勝手に作った言葉で、それを著者が「考えたものだ」と書いたもんやと想像しとります。
よって、朝日町は青線やったという可能性が大かもしれません。
これは当時を知る人から聞き込みして、聞き取りから推測するしかないんやけど、さて知ってる人がここ界隈に残ってるんやろか!?

さて、今の遊郭跡はどないなってるんでしょうか?

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■鳥取衆楽園跡をゆく 消えた遊郭・赤線跡をゆく21 

今まで「遊郭・赤線跡を訪ねる」シリーズを懲りずにやっとるけど、
今ブログで発表しとる所=今まで行った所すべてとは限りません。
実は既にブログで書いとるところ以外にも行ってるんやけど、
如何せんこーゆーところだけ完璧主義になってまうさかい、
情報をばっちり集めてからブログに書こうか、と思ってそのまま流局・・・
な~んてことが多かったさかい、今まで情報集めてへんとかの理由で書いてへんかった部分も、
簡単でもええさかい書いていこうかと思います。
いつもの長~~~いブログにならへんこともあるけど、そこは勘弁してくんなはれ。
ゑ?その方が見やすくてええって?(笑

ちゅーわけで、お次は鳥取市でございます。

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■倉吉新地をゆく 消えた遊郭・赤線跡をゆく20

鳥取県にある遊廓跡は、遊廓や赤線調べとる人やったら真っ先に鳥取と米子を思いつくと思います。
確かに、『全国遊廓案内』とか『日本遊廓一覧』、『全国花街めぐり』などのバイブルにもその二つしか載ってません。
それゆえ、「鳥取県には遊廓は2ヶ所しかない」ちゅーのが常識になっとります。

せやけど、

鳥取県にはまだ遊廓があった!

って言うたら、あなたは信じますか?それとも「バイブルに載ってへんやん」とばかりに、俺の寝言と思ってスルーしますか?
確かに、上に書いた通りバイブルにゃ鳥取県の遊廓は鳥取と米子しか載ってまへん。
鳥取県の遊郭はこの二つだけ、そういう固定概念が邪魔をしそれが頭の中で常識になってもーて、
「これだけやないはず」という、頭の中に出てきた素晴らしい仮説を自分で排除してまいます。子供の時ならさておき、大人になったら脳が勝手にそーいう思考になってまうさかい、ある意味しゃーないと言えばしゃーない。
せやけど、今まで何回か言うてきたけど、バイブルは完全無欠、絶対の存在じゃーございませぬ。
間違いもあれば誤字脱字もある、もしかして見逃しとる遊郭もあるかもしれません。
そんな世間一般(?)の常識を打ち破る、これがもう快感♪薬師丸ひろ子の気持ちがわかるよーな気がする。
・・・ネタが古いか(笑

で、お前は何が言いたいんやって?
くどくど言うてもイライラするだけやさかい、
ここはアップルのスティーブ・ジョブズがアップル新製品発表会の時にやるプレゼンのように、
まずはシンプルかつ短い言葉でこのブログのヘッドラインを。

本日、あなたは忘れ去られた遊廓の再発見者になります

さあ、これで興味を持ってきた~。そして下の「続きを見る」をクリックしたくなってくる(笑


~追記~

文章が長いので、忙しい方向けに「3分弱でわかる倉吉遊郭」を作ってみました。
こちらもどうぞ。
HDなので「全画面表示」にすると迫力があって画質もいいですよ~。



iPhoneとかからで、これが見えない方はこちらからどーぞー。

テーマ:消えた遊廓・赤線の跡を訪ねて
ジャンル:ブログ

■■■頭がいい人、悪い人

っていきなりケンカ売るよーなタイトルなんやけど、

脳にゃ何千億っていう神経細胞と、その細胞同士をつなげるネットワークがあることがわかっとります。
それを簡単に説明するにゃどないしたらええんか?
と考えとったんやけど、「地下鉄の路線図に例えること出来るんちゃうか?」とポーンと思いついたさかい、
ちょいと書いてみます。

11032602

これは大阪市の地下鉄の路線図なんやけど、
この路線図を、

神経細胞=駅

ネットワーク=路線

に例えてみます。

「大阪の地下鉄なんか知るか!」

って怒らんといてくんなはれ~。
大阪以外の方ごめんなさい(笑
まあ、大阪の地下鉄やのーても他のとこの地下鉄でもええし、バス路線でもええさかい、そこらへんは近所にある交通機関を想像してもろたらええと思います。

例えば、なんばから梅田に行きたい場合、ネットワークが発達してへん人とか、脳を使ってへんさかいネットワークや神経細胞が死んでもーた人の場合の「路線図」は下のよーになります。
これを「脳内地下鉄路線図-α」としましょう。

11032603

路線がなくなってしもたさかい、なんばから梅田に行くには、

なんば→(御堂筋線)→天王寺→(谷町線)→東梅田

あるいは、

なんば→(千日前線)→阿波座→(中央線)→谷町4丁目→(谷町線)→東梅田

っちゅー、かなりの大周りをせんとあきません。
どっちにしても、大阪の地理わかる方やったら、えらい遠回りってことがわかるでしょう。
なんばを思考の出発点A、思考の目的地の梅田をBとしたら、
けっこうな時間と労力がかかってまいます。場合によっちゃ途中で情報が迷子になって目的地に着かれへんかも。

せやけど、「頭がええ人」の「路線図」である「脳内地下鉄路線図-β」は、

11032602

こんな風にネットワークという路線が張り巡らされとるさかい、なんばから梅田に行く場合は、赤(御堂筋線)をまっすぐ行くだけ。
時間も労力もそんなにかかりませぬ。
もちろん、四つ橋線で西梅田まで行ってもええし、本町で中央線に乗り換えてちょっと遠回り・・・って「遊び」も出来ます。

また、なんばから住之江公園まで行くとしても、「脳内地下鉄路線図-α」やと千日前線に乗って中央線に乗って、ニュートラムに乗り換えて・・・とやたら乗り換えが多いけど、「脳内地下鉄路線図-β」やと四つ橋線でまっすぐ行くだけで到着。時間も労力もかかりまへん。
そして、厄介なんは「神経細胞同士がネットワークでつながってへん場合」です。
「脳内地下鉄路線図-α」やと、なんばから八尾南に行く場合、路線がつながってへん上に接続する路線もなし。
八尾南っちゅーアイデアには、パッとその場で思いついた程度じゃ到達できへんってことになりますわな。

俗に言う「頭の回転がええ人」っちゅーのは、地下鉄の路線が頭の中にびっしりあるさかい、AからBへの移動が楽チンかつ時間がかからん、でも「頭の回転が悪い人」は脳内路線が少ないさかい、AからBへ行くのに時間がかかる・・・。
だから「頭の回転がええ人」はすぐ答えが出てきて、そうやない人は「ええと、ええと・・・」と堂々巡りをしてしまう。
この「時間」の違いが「頭の回転の速さ」の一つの基準になっとると思います。

でも、もう一つ重要なんが「ネットワークの太さ」とでも言うんか、情報伝達が流れる量みたいなもの。
地下鉄に例えたら「輸送力」と言っていいでしょう。
例えば、脳内ネットワークが「脳内地下鉄路線図-β」のようやとしても、肝心の御堂筋線の輸送力、つまり電車の車両数が4両くらいやったら、ラッシュ時なんかになったら積み残ししてまいます。
(リアル地下鉄御堂筋線は終日10両編成)
せやさかい、電車が短いと次の電車待たんとあかんさかい、目的地に行くまで時間がかかる、ちゅーわけです。

俗に言う「頭がええ人」「頭の回転が速い人」っちゅーのは、このネットワークがびっしりと脳内に張り巡らされとる上に、メインのネットワークの輸送量も多い、っちゅーことやと例えること出来るんちゃうかな?と思います。

ほな、「ネットワーク」と「輸送力」を増やすにはどないしたらええんか?
っちゅーことなんやけど、これは「脳トレ」とかで毎日計算問題するとか、旅行に行って気分転換するとか色んな方法があると言われとります。
せやけど、いちばんの方法は「好奇心を持って色んなことに挑戦したり、知識を蓄えること」やと思いますわ。
「輸送力」を鍛えるには、脳科学者の本を読んでみたら概ね「情報を何度も反復させる」って一致しとります。
「頭を良くする方法」に王道というか、楽な方法はありません、たぶん。
あったら俺に教えて(笑

で、記憶力を鍛えるのにおもろい方法が2ちゃんねるに書いとりました。
書き込み主の我流ながらやり方は簡単、
1.寝る前などの一人の時に目をつむって
2.今日一日の出来事を思い出す

こと。
「状況を出来るだけ細かく思いだす」
「セリフなどを実際に小声で発してみる」
「出来るだけ思い出そうと努力して、どうしても思い出せなかったら諦める」

というのがコツで、俺もこれ知ってから布団に入る前に毎日10分、数カ月ほどやっとるけど、
確かに記憶力・・・ちゅーか「思い出す力」が増したよーな気がする。記憶したことがスッと出てくる感じかな?
そして、夢を毎日のように見るよーになったことですわ(笑
これもネットワークという「脳内地下鉄」の路線が増えたせいとも言えますな!?

テレビで言うとったことやけど、
かのアインシュタインの死後の脳を調べてみたら、脳の神経細胞の数は人並みやったんやけど、そのネットワークの細かさは普通の人よりはるかにすごかったらしく、地下鉄に例えたら大阪やのに東京の地下鉄並みに路線が発達しとる、って言うてもええと思います。


あとは「経験」も重要。
「あれもいや、これもいや」って経験から逃げてばっかしやと脳内地下鉄の路線が増えません、それどころかどんどん路線が廃止になって「路線図」が空白だらけになり、余計に頭が回らんよーになってもーて、更に逃げてしもて路線廃止・・・という悪循環に陥ってまいます。
この悪循環を断ち切るにゃ、自分から一歩踏み出して経験をどんどん積んでいくのみ。
せやけど、ここで言う経験って何も成功体験ばかりやありません、失敗も立派な体験。
ある時、新聞記者が発明王エジソンに聞きました。
「電球を開発するのに1000回も失敗したらしいですね」
エジソン笑っていわく、
「いやいや、俺失敗してないよ。1000回の上手くいかない方法を学んだだけだよ」
これは傍目から聞いたらとんだ負け惜しみに聞こえるけど、エジソンはガチで言っとるわけで、
失敗は「これで上手くいかなかった方法を学んだ」と思ったらええんちゃいます?ものは考えようでっせ~。

恋愛でも、好きな人に恥ずかしくてアプローチできへんとか言うあなた、成功も失敗も経験、アプローチに手ごたえがなかったら次の方法、あかんかったら次の方法!
ちゅーよーに、どんどん勇気を出して「経験値」をあげていきましょう。
「恥ずかしい」とかいう理由だけで好きな人から逃げとるだけで、「脳が退化しとる」って思ってええかもしれまへんで。
逆に言うたら、克服するにゃこれしか方法がないっちゅーことやね。

「好きな人と話せない」→やったら話せる方法を考えたらええ

「近寄れない」→近寄れる方法を考えたらええ

「顔が赤くなる」→かわいいやん、そっちの方が♪

人生の経験値は、脳のネットワークの緊密さに比例するって言うても過言やないと思います。
失敗を恐れんとどんどん経験していったら経験値が豊富になって、簡単なハードルやったら答えがポンポン湧き出てきて楽勝、
せやけど逃げてばっかしやと経験値も溜まらん、せやから過去と同じよーな難問が来たらまた逃げ出す、経験値が溜まらん・・・という悪循環、
ゲームのRPGと同じことってことでんな、「逃げてばっかしやとレベルアップせーへんで」ということは。

ちなみに、脳の神経細胞は、記憶を司る「海馬」ってとこの細胞以外はいったん死んだら復活せーへんくて、
毎日何万個も脳細胞が死んでいくんやけど、
脳のネットワークは死ぬまで増やすことができて、年齢は関係なし、30歳やろーが70歳やろーが関係なしってことが科学的に証明されとります。
せやさかい、「最近年のせいか記憶が・・・」ってのはただの言い訳、そんな見苦しい言い訳はやめておきましょう(笑
せやさかい、年齢に関係なく脳に常に新鮮な刺激を与えていったら、脳は老化はおろか若返りすらするっちゅー解釈でええと思います。
「もう年やから・・・」と落ち込んでる方にゃとんでもない朗報です。
更に、上に脳の神経細胞は「海馬以外は復活せーへん」って書いたけど、逆に言うたら海馬の神経細胞は死んでも復活することが10年前のイギリスの学者の調査によって明らかになっとります。
海馬って記憶力を司るところ、ここが病気になって神経細胞が異常に死んでいったら痴呆、つまりアルツハイマーになるんやけど、
要するに海馬の神経細胞は増やすことが出来る→記憶力を増やすことが出来る、ちゅーことは理屈でわかります。
これも年齢は関係ないみたいで、やろーと思ったら80歳の老人でも記憶力を鍛えることが出来るってわけです。
これはもうまたとない朗報、もうどんどん海馬に刺激を与えましょう(笑

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ