のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■日本近代文学館 消えた遊郭・赤線跡を訪ねて特別編③

さて、
「消えた遊郭・赤線跡を訪ねて」
の東京遠征資料収集編(?)の締めくくりでやんす。
日を改めて次の日の朝、俺の東京の定宿の南千住界隈の安宿を出発して向かったのは・・・。
せやけど、その前にちょっと朝の散歩代わりに「あるところ」に行ってきたんやけど、
(ヒント:南千住界隈+俺の東京遠征の目的=???)
それは後のお・た・の・し・み(笑

10052701

まずは、東武鉄道の北千住駅を出発。
何で南千住に泊まった男が北千住って?まあ北千住はちょいと短期間住んだことあるさかい土地勘があるのと、
本件の前にちょいと「ひと仕事」してきたからなんですわ。その内容はまた今度。←意味深
しかし東京に来て毎度思うんは、東京の交通網は大阪じゃ考えられへんくらいややこしい。
とにかく私鉄同士や地下鉄の相互乗り入れがごっつい激しいさかい、
ヘタに電車の中で寝とったらとんでもないとこに行ってまう可能性があること。
大阪の地下鉄を考えたら信じられへんけど、東京のJRや私鉄と地下鉄は相互依存みたいな関係で、
お互いの電車を地下鉄経由で乗り入れさせて交通の利便を図ってるんですわ。
これは人口がハンパやあらへん首都圏の交通事情もあるけど、
大阪市が「大阪市モンロー主義」で勝手に地下鉄作ってしもたのと、関西の場合は共存共栄より競争を選んだのもあって、東京のよーにA鉄道が全然違うB鉄道に乗り入れる・・・なんてことはほとんどありませぬ。
ま、その分関西の鉄道は関東じゃ考えられへんくらいの数々の「伝説」を生んだって副産物もあるのは確かやけどね。
大阪の地下鉄じゃ堺筋線と阪急電鉄が相互乗り入れしとるけど、こんなの東京じゃ当たり前、
例えたら御堂筋線の電車が中百舌鳥で南海高野線に乗り入れて高野山まで走るようなもの。それってなんか考えたらちょっと怖い(笑
まあ、大阪市と私鉄各社は、昭和○○年まで大阪市が私鉄いじめを繰り返しとって仲が相当悪いさかい、
(特に、南海と京阪は梅田進出計画を権力でチャラにされた因縁もあって険悪って言うていいくらいだとか)
この溝はたぶん永遠に埋まることはない・・・ってことはないことを祈る。

っていつものよーに話が外れそうになりました(笑
で、北千住から東武に乗ったら、終点の浅草やったらまだええけど、中央林間って・・・それ横浜やん。
川端康成の『雪国』風に書いたら、
「東京の北で電車に乗ってうたた寝したら、そこは横浜だった。顔の色が青くなった」
・・・なんてことも(笑
せやけど、今回俺が用があるんは、その中央林間行きの電車。
この中央林間行きは浅草まで行かんと途中で地下鉄半蔵門線に入り、渋谷から東急に入ってそのまま神奈川県に突入する、
関西の距離感的に言うたら京都河原町発山陽鉄道姫路行きの電車のよーなもん・・・って言うたら大袈裟かもしれへんけど、
ちょっと時刻表で調べてみたら、12:09分発の中央林間行きは埼玉県北部、もうちょっと北に行ったら栃木県の久喜ってとこ始発で埼玉県→東京都横断→神奈川県のよーなロングランやさかい、
この例え、まんざら大袈裟でもなさそうですな。

あ、何かこのブログが「鉄分」ブログになりそうやさかい、閑話休題。
とにかくこの電車に乗ってまずは渋谷へ。
そこで下車して渋谷によーおりそうな、テレビによく出てくるミニスカの女子高生を見に・・・あーちゃうちゃう!
それじゃタダのスケベオヤジやん(笑
まあそんなことは置いといて、それに目も向けずに向かったのは、

100527

京王井の頭線の渋谷駅。
ここで、書いとる途中でとっさに思いついた一発ギャグを。

井の頭線に乗っていいのかしら?

・・・失礼いたしました(笑
その井の頭線に乗って数駅、目的地に到着しました。

スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■我東大食堂ニ潜入セリ

東大の図書館を探しとる途中、法学部の校舎にふとこんな看板を見つけました。

1005221

ほう、東大の学食の看板みたいですな。
「銀杏メトロ食堂」
っちゅー名前の学食みたいやけど、食堂が地下にあるっちゅーのが妙にそそる。
っても、京大の学食も地下やったな。
「1946年開業」っちゅーのも妙にそそる。
ってどこにそそってんねんって?(笑
1946年言うたら昭和21年、戦争が終わって最初の年の入学生を迎えるような年の頃、
当時は食糧難で餓死者さえ出るって言われとった時期やさかい、ここで数々の貧乏学生が涙を流しながら食事にありつけたことでしょう。
「腹が減っては戦はできぬ」とはよく言うけど、勉強も同じことで学食って存在は今も昔も学生の味方であって欲しいもんですわ。

で、ちょうど夕食の時間帯で腹が減っとったってのもあるし、「東大の学食ってどんなんやろ?」って好奇心もあって潜入取材を敢行しました!

1005222

学食がある建物は「法文二号館」ってとこなんやけど、たぶん戦前から残っとる建物とみた。
地下に降りたら、いかにも古めかしい手洗い所があったりして、レトロな感じを醸し出しとります。
俺はこーゆーのも好きなんです(笑
せやけど、この手洗い所が「現役」かどーかは確認せーへんまま立ち去ってまいました。鏡あるから「現役」なんやろな!?

1005223

そして、やって来ました「メトロ」。
実は、ちゅーか大阪に帰ってから知ったんやけど、東大最大の学食は「中央食堂」言うて安田講堂あたりの地下にある学食らしゅーて、
それを事前に知っとったらそこに行ったんやけど、今回は「メトロ」ちゅー名前に引き寄せられた蛍と思っといて下さい。それと1946年に(笑
せやけど、何で名前が「メトロ」なんやろか?「地下にある」から「メトロ」なんやろか?
う~む、考えれば考えるほど謎は深まるばかりです・・・って勝手に謎にするなって?
前の入り口だけ見たら、ただの喫茶店みたいな趣やけど、下に「東大生協 第一食堂」って書いてあるとこが学食らしいな~って感じがします。
あと、地下にあるとこが、昔の病院とか市役所とかにあったような、何故か地下によくあった喫茶店のような怪しさで(笑

中に入ったら、ウィンドウの中にメニューがズラリと並んどりました。
ここらへんは、街中にあるよーな食堂とあんまし変わりはございませぬ。
せやけど、学食の学食たるゆえんはここからなんですわ。
メニューの値段を見てビックリ!
●カレー¥230
●ラーメン¥230
●定食¥400~¥500
●親子丼¥360


思わず「安ぅ!」って声出したくなるよーな、格安メニューの連続。
おいおい、うちの会社の食堂より安いやん、うちじゃミニサイズのカレーで¥200くらいやぞ(笑
で、更にメニュー見たら・・・

●ティラミス¥100

ゑ!¥100!?まさかと思って目をこすって見直しても、やっぱティラミス¥100には変わりなし。
どっかでゼロが一つ抜けとったりして(笑
サイゼリヤのアイスティラミスでも¥300以上するぞ~。
チーズ大嫌いやけどティラミスは大好きな変人BJのぶ、これは見逃せない。
ここまで安いと・・・もうパパ色々頼んじゃうぞ!
とばかりに、いつもやったらお試しとばかりに1品くらいで済ませる俺なんやけど、
せっかく安いしフンバツしてみました~。

1005224

学食の中は、東大言うてもどこにでもある大学の学食って感じですな。
せやけど、ちょっとちゃうのは、画像にゃあらへんけど安っぽい椅子席だけやのーて、畳敷きの和室(?)まであって何やら街中の居酒屋みたいな感じの席もあること。
これやったら、ただメシ食って終わりやのーてのんびりおしゃべりも出来るかもね。喫煙可やったらもっとよかったのに(笑

まあそれはさておいて、
まずは、レジにメニューを注文して先に会計するってシステムで、京大の学食のよーにセルフサービスでメニューを選んでレジで精算ってシステムとは逆のよーですわ。
せやけど、レジが一つだけやったらホンマのメシ時になったら行列できるんちゃうか?
って思うんやけど、そこんとこはどうなんやろ?
謎は深まるばかりです。←勝手に謎にするなって
そして、レジでお金を払った後は、メニューごとに分られたコーナーで食事の現物を受け取るんやけど、
東大の学食は注文を受けてから料理を作るみたいやな。
丼一つにしても、注文を受けてから作りだして、学食やのに「出来たてホヤホヤ」をくれるとは。
てっきりレトルトを渡されると思っとった俺は少し感心。
まあその分出来るのは遅いし、気づいたら長い行列できとるけど・・・。
学食やのになかなか手の込んだことしてくれるやん♪ヒデキ感激(笑

1005231

で、この日の夕食はこれ。
無難言うたら無難やけど、親子丼(味噌汁付き)「ピリ辛キムチうどん」ってな名前やったと思う冷やしうどん。
これで¥700せーへんかったのがさすが学食。
外で食べたら、物価世界一のトキオのこと、英世君1枚は飛ぶやろな~。
味噌汁がちょっと熱くなかったんが玉に瑕やけど、そこは学食やさかい許す。
これ、意外にボリュームあって全部食べたら腹いっぱいで動かれへんかったし、
何より決してマズくない、めちゃ美味い!って程でもないけど味は合格点あげれるくらいやさかい、東大の学食恐るべし。
ここでメシ食いながら数々の頭脳が生まれてくることを祈る。
そして、また京大と比べてまうんやけど、ここは案外明らかに「部外者」的なお客さんがおらんかったような。
中国語や英語しゃべっとった留学生らしき人間はかなりおったけど、「観光客」の俺は明らかに浮いてました(笑

そして、食べ終わった後重大なことに気づきました!


¥100ティラミス頼むの忘れとった(笑

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■全国女性街ガイドを求めて三千里?二冊目 消えた遊郭・赤線跡をゆく特別編②

前章はコチラ

さて、某県で『全国女性街ガイド』を心行くまでコピーした後、
返す刀で向かった先は・・・もちろん、もうおわかりでしょう。

スーパーあずさ甲府駅

今回は時間との戦いやさかい、まずは高速ワープとばかりに特急「スーパーあずさ」に乗って新宿まで。
せやけど、移動ときたらずっと各駅停車、良くて東海道・山陽線の新快速な俺が特急なんて何十年ぶりやろな~。
って俺はまだ30代やっちゅーねん(笑
せやけど、「スーパーあずさ」の側面はは最近引退した新幹線の500系のぞみを彷彿とさせるスタイルでなかなか格好ええやん。JR東日本も案外金をかけとるな。
うちの地元の「はるか」も見習ったらどう?JR西日本さん(笑
時間もなけりゃ金もない俺は自由席、実は行きも「あずさ」に乗ったんやけど、平日の朝っぱらから「何でこんな混んでんねん!」ってくらい自由席が激混み!満員電車並みの大盛況。
まさか特急券払って立ち席とは・・・特急料金返せ~♪大阪やったら車内で暴動起きるぞ~(笑
東京行きの「スーパーあずさ」もその悪夢(?)がよみがえったんやけど、
さすがに昼間になったらガラガラみたいで、余裕のゆうちゃんで座ることが出来ました。
座れたらこっちのもん、

甲府駅で買った駅弁牛豚弁当

駅弁を開いてしばし車内でランチタイム。
やっぱ駅弁食ったら旅しとるな~って気分がしますな~。
せやけどわざわざ異郷まで来て「幕の内弁当」なんか面白くも何ともあらへん、ちゅーことで、
電車が数分間停車しとるスキにホームの駅弁屋に直行、店のおばちゃんに
「ここあたりでしか食われへん駅弁ありまっか?」
と聞いてみました、大阪弁丸出しで(笑
で、「こんなのようござんすよ♪」と勧められたのが上の駅弁、ちゅーわけですわ。
お値段は¥1100、駅弁にしたら高い部類やけど、これがいちばん美味そうやったし、「人間ティラノサウルス」の肉食獣の俺にゃ草になど興味はない(笑

もうこんなの見たら中身が気になるでしょ?

10050605

じゃん!
¥1100の割にゃボリュームが少なかったけど、愚痴を言いだしたらキリないし、何より肉が美味い!
ちょうど俺を呼んどったよーな、大好きな味付けやったせいもあったか、それか単に腹が減ってたんか、
ひたすら車窓を無視して食い続けました(笑
もちろん、食った後は車内で

爆睡

やったんは言うまでもありません(笑
だって、4列シートの狭狭超格安夜行バスでほとんど寝られへんかったもん、しゃーない!?

あ、何か話が赤線と全然関係あらへんよーになってきたな(笑

そして何だかんだ言うとるうちに着いたんが・・・

■■■全国女性街ガイドを訪ねて三千里?一冊目 消えた遊郭・赤線跡をゆく特別編①

『全国女性街ガイド』

という、題名の通りの本があったりします。
いや、「あったりしました」って過去形の方がええと思うんやけど、
まだ赤線があった頃の昭和30年、渡辺寛っちゅー人が全国の赤線を渡り歩いて書いた本とされとります。
いわば、これは
「日本の夜の歩き方」
みたいな、何も知らん女性が聞いたら激怒しそうな本かも~。文字色をピンクにした自体やらしいって?(笑
あ、俺は別に今からやらしい話をしよーとしとるわけちゃいまっせ(笑
せやけど、赤線がなくなって60余年、そんな「夜の歩き方」も貴重な価値を持つ、当時の風俗習慣を知る史料になったりします。

この本は「旧遊廊・赤線ハンター」(自称)のバイブルとも言える「赤線跡を歩く」という本の参考資料の筆頭にもなっとる、我々にとっちゃ諭吉2枚3枚は即金で積んでも欲しい本なんやけど、
こういう本に限ってなかなかGETできへんのですわ。
それは何故か?
まずは、現存しとる現物が非常に少ないっちゅーこと。
売春防止法が施行されて赤線が建前上では廃止になった昭和33年以降はある意味無用の長物、
チリ紙交換みたいにどんどん廃棄されてなくなってしもたと推定されます。
また、発行部数もそんなに多くなかったと考えられるさかい、市場に出回った部数自体少ない可能性もあります。
更に、古本屋業界でも「幻の書」扱いになっとるみたいで、古本業界の人に聞いてみたところ、
この本は5年か10年に1冊出回るか出回らんか、市場価格は諭吉1枚2枚じゃすまんやろう、ちゅー答えでした。
まあ、出回るまで待ってもええんやけど、やっぱ「旧遊廊・赤線ハンター」としてはすぐにでも欲しいのが本音。
10年も待てるかい!(笑

そしてこの本が「幻の書」と化してる最大の理由は、
日本で発行された本って、国立国会図書館が必ず1部買い取って保管するんが決まりなんやけど、
(せやさかい、日本で発行された本に「販売数ゼロ」「売上ゼロ」は自費出版も含めて建前上は存在せーへんことになっとります)
事もあろうにその国会図書館からもなくなってしもたみたいなんですわ。
こら!失くすな!!ちゃんと保管しとかんかい、国会図書館!!!(怒
って今さら怒ってもしゃーないんやけど、
とにかく国会図書館にもあらへんってことは、こりゃ生きてる間に拝むこと出来るんかいな?
と半分どころか99.9%諦めとったんやけど、それでも諦めずに探しとったところ・・・。
「捨てる神ありゃ拾う神あり」
とはよー言うたもんで、日本中の図書館の蔵書をを根気良く探しとったら見つかったりするもんなんですわ。
その、日本で唯一本を保存しとる図書館とは!

天下の東京大学附属図書館

やったりしました。
さすがは東大、俺は関西人やさかい京大の方にシンパシー感じるけど、今だけは東大大好き(笑
って言うても、東大っても図書館は総合図書館の他にもぎょーさん図書館があるんやけど、
「赤線」と全然関係あらへんある学部の図書館に保管されとったのがまた奇縁。世の中おもろいもんです。
で、思い立ったが吉日とばかりに図書館に電話して問い合わせてみたところ・・・

何と!

東大図書館にある「全国女性街ガイド」は、どっかの図書館にあるものを、いつかは知らんけどコピーしたもんで、
原本やったらそこにまだあるんちゃいますか?
とのことでした。
東大にあるんはコピーとは言え、こりゃええこと聞いた!
で、その図書館の場所を教えてもらってそこに早速電話。
こういうとこは俺も行動が光ファイバー並みに早い。
嫁さん探しもこれくらい行動が早かったらええのにな~と思う今日この頃(笑
まあそんなことはさておいて、そこの図書館にちゃんと原本が今でもあることを確認。
よ~~し!それやったら早速コピー+原本を拝みにそこへ行ってやろーやないかい!
と、その日に夜行バスの切符を予約して向かってまいました。
こういう時の行動力も我ながらすごい。少なくても通常の3倍は早い♪
って俺は赤い彗星のシャアか(笑

で、向かったのは・・・


テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■春を超えて・・・

何と!


約3か月ぶりの日記になってしもたBJのぶです・・・_| ̄|○
まあ色々忙しかったのは確かやけど、どうもまたサボり癖が出てしもたみたいで(汗
ネタはあるけど書くヒマも精神的余裕もない!?
でも私は負けない、男の子だもん・・・ってアタックNo.1かよ。←古すぎ

まあそんなことはさておき、
今日は久しぶりにプリウスを転がして大阪府立図書館に行ってきたんやけど、
今日の大阪は暑い!
プリの電源を入れて温度計を見たら・・・朝やのに27℃って、ホンマに今って5月?ホンマにGW?
って感じの気温でした。
そして、こんな気温になったら、マイプリがこの季節名物の

「走るサウナ」

と化します(笑
もう黒プリは暑い暑い!まだそんな季節やないけど、真夏になったらハンドルすら熱くて握られへんよーになったりします。
やったらエアコンつけろよ!プリウスのエアコンはよー効くのに~。
という声がチラホラ聞こえてきそうやけど、俺はエアコンつけんのが美学なのだよ、フフフ( ̄ー ̄)
(って70%は苦し紛れw)

せやけど、春が来たな~と毎年思うんが、こんな季節にプリを走らせたら、

燃費がうなぎのぼり

ってこと。
冬はどない頑張っても、うちの環境じゃ30km/L行くのがいっぱいいっぱいやけど、
20℃を越えたら流すだけでも軽くカタログ燃費越え。
今日も大阪府立図書館までノルマ40km/L宣言を自分の心の中だけでしてみたけど、
その40km/Lを超える燃費を出してご満悦な俺、図書館に行く主題をすっかり忘れてまいました(笑

プリウスに感じる春の予感

なんてロマンティックなこと言うてみるけど、
燃費に敏感やと車に乗ってるだけで「春が来たな~」と感じる今日この頃であります。
さすがは日本が生んだハイブリッドカー、日本の四季にも敏感に出来てるのねん!?

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。