のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■大阪らしいっちゃらしいな(笑

最近、ちょっと気になっとるもんがあります。

ちょっとドライブに行った時に見つけたもんなんやけど、それは・・・

0812291


一見、ごく普通の、どこにでもありそーな旅行代理店です。


せやけど、看板をよーく見てみたら・・・
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■英語が使われへんよーになった時代

カタカナ語が氾濫しとる今の日本やけど、その昔の日本で

英語が使われへん時があった

って言ったら信じられへん人もおるかもしれませんな。
時は太平洋戦争の時、「敵国語である英語を廃止せんかい」って声が日に日に高くなってきて、
街角から英語がどんどん消えていった時がありました。
これは俺が小学生・中学生の時に学校の授業で習ったさかい、学校で習った人もおるかもしれへんけど、
具体的にどんな英語が禁止になって、それがどんな風に行われていったんかは、
データがありそうでないさかい、意外と知られてません。

例えば、「戦争中の英語禁止」の例でよく取り上げられとるんが、野球の用語。
ストライク「よし一本」になったり、ファウル「だめ」とかになったりしたんやけど、
その時ダブルプレー「併殺打」ホームラン「本塁打」というよーに、今でも使われとる用語もこの「英語禁止令」から生まれた言葉です。
(ちなみに、「三振」はそれ以前から使われとったさかい、該当しません)
せやけど、これは公式に禁止になったんは昭和18年のことで、そん時は大学野球などは既になくなり、プロ野球も昭和19年に廃止になるさかい実質使われとったんは1年ちょっとだけだそーです。
スポーツ用語の中の英語が禁止になったんは何も野球だけやのーて、野球に先立つこと1年前に卓球やテニスが英語用語の使用禁止を命じられとります。

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■X68000

081220 X6


むか~しむか~し、X68000ってパソコンがありました。
古くからパソコンにいそしんでた方にとっては、けっこう懐かしい骨董品パソコンでもあると思います。
俺が中学生の頃あたりに出たパソコンやったんやけど、
68000ってゲーセンのゲームで使われとるCPUを使っとったさかい、
確か「ゲーセンのゲームが簡単に移植できる」ってのが強みやった記憶があったと思います。
事実、ゲーセンでしかできへんかったゲームがそのまま移植されていって、
当時自他共に認めるゲーム馬鹿やった俺はこれが欲しくて欲しくてたまらなく、
親にダメ元でねだってみたものの、ファミコンですら、数日間おばあちゃんとこに「抗議の家出」しておばあちゃんに仲裁に入ってもろてやっと買ってもろたくらいやさかい、
パソコンなんか到底無理・・・と思ったら、

「公立高校にうかったら考えてもいい」

って約束を取り付け、これ欲しさに必死に勉強・・・・した覚えもロクになくて合格。
せやけど、この約束はあやふやにかわされて未だに買ってもろておりませぬ(笑
同じような約束をして親に買ってもろた中学当時の友人は、そのままコンピュータ道まっしぐら、今でもその関係の仕事に就いとって、
中学卒業くらいの時やった俺はもう羨ましくて羨ましくて、毎日その友人の家に入り浸りになっとりました(爆

そして現在、もちろん全額自分払いでパソコンを手にして、こないしてブログも書いてるわけなんやけど、
よー考えたらこん時からパソコンにゃ興味はあったんやなーということを思い出しました。
(まあ、興味あったんはPC自体ちゅーよりゲームやったんやけど・・・)
そして、X68000のことを思い出して「果たしてどんなんやったんやろ?」と調べてみたら、
中学生当時パソコン雑誌とかを見て知った「X68000」って、二代目の「X68000 Ace」ってやつやったのに今日気づきました。
ネットに転がっとった当時のカタログとWikipediaの記事によると、約20年前のパソコンやのにHDD内蔵のタイプもあって、
(当時からHDDってあってんな~)
容量は・・・

20MB!

20MBってあーた、デジカメの画像15枚くらいで容量オーバーやん(笑
オプションでもう40MB増設できるみたいやけど、そのHDDの値段も¥120,000ぞなもし、一万二千円ちゃいまっせ、十二万円でっせ。
おまけに、メモリが1MB!
ギガちゃいまんねん、メガでんねん。
これで無理矢理Windows Vistaなんか押し込んだらパソコンから火噴くやろな(笑
更にさらに、当時はゲーセンのゲームも忠実に再現できた(らしい)綺麗な解像度って言うても、
512*512って、今見たらさぞかしきちゃないことやろーと思います。
おまけに、今じゃ当り前のCD-ROMも当時は確かPC8801の何とかって機種と、当時16歳くらいやった観月ありさがCMやっとったFM-TOWNSってパソコンにしかなかったはずやさかい、もちろんソフトはフロッピー。
それで気になる(?)お値段は上に書いた20MBのHDD付きで¥399,000、高~!
昔のパソコンってこんなに高かったんか~!?
今俺が持ってるパソコンが、HDD750GB、メモリ4GBで¥120,000ちょっとやさかい、スペックだけ見てもまさに骨董品ちゅーか何ちゅーか、
コンピュータの進化ってすさまじいもんやなーと感心したりしとります。
そして、中学校当時のことをふと思い出したりもします。嗚呼、懐かしいな~、何の悩みもなかったあの頃に戻りたい(笑

せやけど、中学の時の「約束」、まだ果たしてもろてへんさかい、
そろそろ果たしていただきませうか、って要らんっちゅーねん(笑

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■遇と不遇は時なり

今はホンマに不況やなーと思うことが多々あります。
90年代も不況とかなんとか言われとったけど、求人件数はうなぎのぼり、
求人雑誌は「不況」に反比例して厚くなるばかり。
おまけに急激にホームレスとかが増えたり、食うに食えない貧困層のスラムが出来とるわけでもなく、
(冗談半分で大阪の一部地域をスラムとか言う人もおるけど、本物のスラム街を見てきた人間に言わせたら、あんなんスラムでも何でもありまへん)
不況や、金ないとか言いながらブランド品を買いあさる(笑

せやけど、今回は求人件数だけを見てきたらホンマに不況やなーと思います。
いつもやったら今頃からどんどん求人件数が増えていくはずなんやけど、
求人サイトウォッチングしとったら、今年は増えるどころか減る一方、
今年の就職・転職戦線はかなり厳しい戦いを強いられることは必至ですわな。

で、そんな暗い話はさておき、
生きてたら人生の一回や二回はこんな時期があると思います。
「遇と不遇は時なり」って言葉は『荀子』(じゅんし)って古典に書いとる言葉なんやけど、
「順境もあれば逆境もあり」ってことで、
俗な言葉で訳したら、「人生楽ありゃ苦もあるさ~」ってことですやろな(笑
「遇」の時は何やっても上手く行ってまさにウハウハ、怖いものなしの勢いで誰が何しても上手くいきます、ちゅーか何もせんでもすべて歯車がええ方向に動いてくれます。
問題は「不遇」の時をどないしてやり過ごすか。
これに人間としての器量が試される試練の時でもあると思うんやけど、
その答えも古典に書いとったりします。

中国古典の中でも誰でも名前くらいは知ってる『論語』にこんなエピソードがあります。
孔子とその弟子が放浪中に、二国間の戦争に巻き込まれて身動きが取れんよーになって、
食うもんもなくなって飢餓状態になりどうしようもなくなってしまいました。
せやけど、当の孔子様はただじっと落ち着いて、一見何もしてないように見えました。
元々は町のチンピラで勇猛果敢でまっすぐな性格、事実上の孔子様の一番弟子扱いの子路(しろ)という人が、その孔子の態度に憤慨して、

「先生!普段先生は君子君子って言うけど、君子もこんな時があるんでっか!?」
(原文:子路慍りて見えて曰く「君子も亦(また)窮(きゅう)することあるか」)

それに孔子様が答えたのは、

「そりゃあるわな。せやけどな、君子はいつも冷静に自分を保つ。小人は逆に慌てふためいて頭に血が上り自暴自棄になる。君子と小人の違いはこんなとこに現れるもんやで」
(原文:子曰く 君子もとより窮す 小人窮すればここに濫(みだ)る)
『論語・衛霊公篇』

と勝手に自己流翻訳な上に大阪弁に変換したけど、「不遇」の時の身の置き方の答えはこの何気ない、『論語』を見ても意識せーへんかったらスルーしそうなやり取りに隠されとると思います。

「不遇」の時は、とにかく何しても上手くいかん、これは誰でも一回は経験あると思います。
かく言うワシも、そない見たら人生ほとんどが「不遇」なんかも(笑
せやけど、「不遇」の時にやったらあかんことは以下のことに集約されると思います。

1.じたばた動かない。悪あがきすること。
(気持ちに余裕があらへんさかい、何やっても裏目に出て泥沼にハマってまいまっせ)

2.自分の責任は棚に上げて愚痴ばっかしこぼしたり、人や社会を恨んだりしたり責任転嫁する。
(やったことで何のプラスにもならんどころか、逆に「何やこいつは」と周囲の反感や軽蔑を買う。同じ愚痴るんやったら、同時に「じゃあどうすればいいのか」って建設的な考えをすべし)


台風が来たらじっと過ぎるのを待つ、せやけどじっと待つだけやのーて台風が過ぎたらすぐ行動に移れるように態勢はきっちり整えとく。
君子自重、まずは騒がず慌てず落ち着いてじっと情勢を見極めること、これが古典が教えてくれる「不遇」の過ごし方なんですやろな。
いやはや、自分にそう言い聞かせとこ(笑

中国の古典って「かび臭い」とか「読みにくい」とか言うて敬遠する人が多い、特に戦後になってかなりおざなりになっとるけど、
中国だけやのーて日本の思想にも大きな影響を与えて日本人のバックボーンにもなっとるもん、
江戸時代は武士どころか農民でさえ『論語』『孟子』『史記』『十八史略』くらいは常識として読んどったみたいですわ。
近代日本経済の基礎を築いて民間から日本を発展させた渋沢栄一は「論語と算盤」って常々言うとったけど、元々は今の埼玉県の養蚕農家、今風に言うたら中堅サラリーマン家庭で当時としては比較的裕福言うても農民は農民でした。
(渋沢自身、農作業を手伝いつつ11歳で長野県まで行商に出かけてます。決してグウタラしても金が入るご身分やなかったわけで)
我々が学校で習った歴史じゃ「農民は文字も読めずに搾取されてうんぬん」ってなっとるけど、
もちろんそーゆー人もおったけど、古典を読むチャンスは少なくてもなんぼでもあったみたいで、
学校で習った歴史がイコール真実ではないことがよーわかります。
また、明治時代の発展は世界史レベルで見たら奇跡以上やと言われとるけど、
学校で習った歴史やと、「西洋文明を受け入れたから」と習ったはず。
これも答えの一つやけど、もうひとつの答えは「その文明を受け入れる受け皿が日本に既に備わっとった」と言えると思います。
その「受け皿」が古典やったわけで、西郷隆盛はおろか町人農民まで古典を常識として読んでたさかい、スッと頭に入ったんやと思います。まさにこれが「和魂洋才」。
今の発展途上国が日本明治維新や戦後の発展のマネをしても正直ムダやと言うんは、庶民レベルでの一般教養がない、トップが聡明でもその参謀がいない(マンションのオーナーはいても管理人がいない状態)、ということやと思います。


今古典の素養がゼロに等しい現代人が古典を読んだら、かなり新鮮なこと間違いなし、
何気に日常会話で使ってる言葉の由来が意外なとこから出てきたりしまっせ。
特に『論語』なんかは、中国や日本の学者が孔子を「神様」とか「神聖にして犯すべからず」扱いにしてしもたさかい、
なんか堅苦しいこと書いてるんちゃうか?って思う人が多いけど、
孔子は「常識を身につけた一人の人格者」、キリストみたいに奇跡を起こすわけでもないし、お釈迦様みたいに悟りを開いたわけでもありませぬ。むしろ悟りを開けない苦悩が『論語』に色々書いてます(笑
また、スピリチュアルというか神秘とかにもほとんど触れてへん現実主義者でもあった孔子、

「死後の世界ってあるんですかね?」

って弟子の質問に、

「ワシ死んだことないからわかんね~」

とかなり俗な答えをしとるちょっとカワイイ人でもあります(笑
『論語』はそんな「そこらへんにおりそうな、人生の酸いも甘いも知り尽くした隠居じいさん」と、彼の人柄と見識を慕って弟子入りした、息子どころか孫くらい年齢が離れた個性的な弟子たちとのQ&A集
(『論語』のおもろさは、弟子がそれぞれ個性的で突拍子な質問をして孔子を困らせたりすることも特徴ですわ)
「一人の人間の人生」として『論語』を読んだら、
「なんや、孔子ってタダの人やん(笑」
と思うけど、「人」やからこそ親近感を持って見れると思います。祈ったら海が割れて道が出来たり、杖を地面に突いたら泉が湧き出たなんてエピソードは一つも出てこえへんさかい(笑

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。