のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■記憶力を鍛える

8月15日で3(自主規制)歳になってしもたBJのぶです。
実を言わんでも終戦記念日が誕生日な俺、最近の10代って果たして「終戦記念日」と言われても8月15日ってパッと出てくるんやろか?
以前、「俺の誕生日は終戦記念日」と言って高校生に「8月23日?」とか言われたことあるけど、
もう目の前にが真っ暗になってまいました。ちゅーか23日って一体何の日やねん(笑
ちなみに、日本人は8月15日を「戦争が終わった日」って認識しとるけど、これって国際法的にゃ何の意味ものーて、
ポツダム宣言受諾を中立国経由で正式に伝えたのが8月14日、日本軍が全軍に「戦闘中止」を伝えたのが8月16日、降伏文書に調印したのが9月2日。
こっちの方が重要っちゃ重要で、8月15日なんか外国的にゃ「ハァ?」な日です。
法律的にゃ9月2日が「真の終戦記念日」で、降伏文書に調印してはじめて「戦争が終わった」と見なされるさかい、アメリカじゃ9月2日が「戦勝記念日」なのであります。
せやさかい、8月15日って「天皇の玉音放送があった日」なだけやけど、日本人にゃそれだけ「8月15日」が強烈やったんでしょうな。それだけ日本人にとって天皇という存在は重いと思います、意識しとるしてへんに関わらず。
まあ、そんな屁理屈はよろしい、俺的にゃ8月15日が終戦記念日なおかげで誕生日が認識されやすいのが有難いっちゅーことで。

で、こんな話が今回の本題やありません、相変わらず話が脱線しとるBJのぶです(笑

ここ最近年のせいか脳がやけに「たるんでる」な~と思うよーになりました。
語学を使う仕事しとるさかい、ある意味頭の回転を武器にせなあかん所があるんやけど、
その「回転数」とやらが最近、というかここ数年間非常に怪しいのであります。
車で言うたら、エンジンにガタがきとるよーなもんですな。
最初は「まあ年のせいやさかいしゃーないか~♪」と気楽に構えとったんやけど、最近中国語を使っても英語を使っとっても、やけに「度忘れ」するしリアクションも鈍くなるばかり。
こりゃ仕事に支障が出とるな・・・このままじゃ後数年で強制引退やん!と危機感感じ始めたさかい、
肉体改造ならぬ「脳の老化防止」にいそしむことにしました。
しばらく埃をかぶって長い眠りについとったNINTENDO DSを荷物の山から取り出して脳トレしたり、
iPhoneのアプリにもそんなのを入れてじっくり頭を鍛えることにしたんやけど、
それと同時にある面白そうな本を見つけました。

スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■ノムさん全集

ノムさんこと、今野球の楽天の監督しとる野村克也って、どうしても

「暗い」

ってイメージがつきまといます。
野球の同世代の、巨人の黄金期を築き上げた「太陽」の王や長嶋と比べて、ノムさんってどうも「月」ちゅーか影の存在みたいなイメージなんよな~と思います。
生まれも「京都」ながらも日本海に近い「裏京都」やし、活躍しとったんも今より影が薄かったパ・リーグ。
まさに「影」のために生まれてきたよーなもんかも!?
おまけに、ドラフトとかスカウトで野球界に入ったわけやない、むしろテスト生として入って努力に努力を重ねた苦労人。
これでよく性格ひねくれへんかったな、ちゅーくらいです(笑

で、最近ノムさんの本がやたら出とったりします。
先月に本屋に行った時、たまたま目についた

野村ノート(小学館)

ちゅー本を買って読んでみたんやけど、
野球ばっかし書いてるんかなーと思ったら、半分くらいは人生論やリーダーとしての組織論、
ちゅーか、野球論ちゅー名前の人生論の本ちゃうんか、ちゅーくらい、勉強になることが色々書かれとりました。
「これは面白いぞ、ちゅーかノムさんって暗いだけやのーて奥深いぞ」
と読んでみて素直に思った俺、
洪水のよーにノムさんの著書を買いあさってまいました。
他に買ったのは、

野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方(角川新書)

あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将(角川新書)

野村の「眼」―弱者の戦い(ベストセラーズ)

などなど。
書いとることはけっこうダブっとるんやけど、一貫しとるんはやっぱし

「野球を通じた人間向上」

やったりします。
野球ばっかし出来ても野球バカやったら社会人として失格、まずは「一人の人間」として立派に生きよ、
ちゅー哲学のもと、ヤクルト・阪神・楽天で口が酸っぱくなるくらい選手に説いてるそーな。
ヤクルトの監督やった時は、それこそ毎日ミーティング、今日もミーティング、明日もミーティングの毎日やったらしいけど、
そこで教えとったんは野球の技術的なことはもちろんやけど、主に教えとったんは「人間として、一社会人としてどう生きるか」、
長い人生、野球選手である時間はほんの一瞬、引退した後はサラリーマンになるかもしれへん、解説者になるかもしれへん、そして引き続きコーチとかで野球に携わるかもしれへん、
せやけど何にしても必要なんは「人間力」なんや、ちゅーことを、
お山の大将とばかりに甘やかされ、周囲から天才とか怪童とか言われた野球選手に教え込んどったとか。
信じられへんけど、ノムさんが監督になる前のヤクルトの選手は新幹線に乗ってもマナーもクソもなし、
選手が乗った後の車内は子供が暴れた後のよーに食べ物や飲み物が散乱しとったらしいです。
それが、選手にミーティングでさんざんマナーについて教えた結果、そういうことがなくなったどころかチームの成績もみるみる上がったそうな。
大の大人が食い物をそのままにしとるって小学生並みやと思うけど、所詮野球しか教えこまれてへん大人の一般常識はそんなもんやろな、と。
まあ、これは野球選手に限らず今の大人のモラルを見たら「なるほどな」と納得してまうことも多いけどね・・・。

そして、ノムさんが選手に教えたもう一つのことは、これまた単純。

「考えること」

なんやって。
「このピッチャーにゃこないなクセがある」
「このバッターは初球から打ちに行く」
とかいうデータを重視して「ID野球」ってテーマを掲げたんは、野球ファンやったら誰でも知ってると思うけど、
意外にもノムさんに言わせたら、「来た球を打つだけ」「速い球を投げるだけ」の選手が多くて、
全然頭を使ってへんことが多いそーな。
野球選手の運動神経は元々ハンパやあらへんから、何も考えへんかってもある程度は打てるんは打てるんやけど、
それだけじゃいつか頭打ちが来る、ってことですな。
ノムさん自身もそれに悩んだことがあって、どないしても打率が伸びへん、ホームランの本数も増えへん、
監督に聞いても「勉強せい!」とだけ言われる始末。
さてどないしよか、と考えた結果が、

「考えること」

やったそーな。
ノムさん自身、「智と智をぶつけ合った」と言うとる選手が、
「神様・仏様・稲尾様」
と言われた、西鉄ライオンズ(今の西武ね)の稲尾和久。
稲尾のどこがすごかったんかと言うと、

1.コントロールが精密機械並みに良く、審判に「稲尾はコントロールがいい」って先入観を植え付けて味方につけた

2.おまけに球が速かった
(稲尾って「球は速くなかった」って言われとって、うちのオヤジも「稲尾はそんなに速くなかった」って言うとるけど、ノムさんに言わせたら「とんでもない」そーな)

3.変化球、特にスライダーのキレが抜群やった


ことらしいけど、
中でもノムさんを苦しめたんは、

4.フォームに全くクセがない

ことやったそーで、当時のピッチャーってストレートを投げる時と変化球を投げる時、
そして内角を投げる時と外角を投げる時とかでフォームにクセがあるらしゅーて、
ノムさんは「研究して」「考えた」結果それを読んで打てるよーになったんやけど、
どーしても稲尾だけは打たれへんかったそーで、その原因が4.やったそうな。
とにかく内角を投げる時も外角を投げる時も、変化球を投げる時もフォームが全く同じ。
せやけど、「智」を働かせた結果稲尾のわずかなクセを見抜いて打てるよーになったそうですわ。
せやけど、「野村は研究しとるで」とチームメイトの杉浦が稲尾に口を滑らせてしもたらしゅーて、
稲尾はそのクセをすぐに修正、ノムさんの努力は全部水の泡になってしもたそーな。
せやけど、ノムさんは「なら上の上をいってやる」と研究に研究を重ね、稲尾も「そうはさせるか」と対抗、
まさに「お互い知力を尽くした」戦いやったそうです。
オールスターでも、稲尾も「野村との腹の探り合いに全神経を使ったので、対戦相手のことは全く記憶にない」って本に書いてたしな~。
せやけど、稲尾はどないしてそのクセを修正していったんか、は全く語らんまま亡くなってしもたさかい、ノムさんも「それだけはせめて聞きたかった」と悔しがっとります。
ちなみに、当時の西鉄のキャッチャーも、地味ながらなかなかの技巧派でリードが上手かったそうな。

ノムさんに言わせたら、清原とか落合はおろか、(WBCの前の)松坂でさえも「天性だけで野球をして『考える』ことをしていない」と厳しい言葉で、
天性だけで野球をしてバカスカ打てるのは長嶋と王とイチローくらいだ、と言っとります。
王とイチローの場合は、努力を重ねた結果独特の勘と野球センスが生まれてそれが成績に表れているんは書くまでもないけど、
長嶋だけはノムさんが全知全能を尽くしてもどうしようもなかったそーですわ(笑
中でも面白かったんは、ノムさんはキャッチャー時代に「ささやき戦術」をして心理的にバッターを動揺させたんは有名やけど、
それが全く通用せーへんかった選手が3人おったそーな。
それが王、長嶋、そして張本で、張本は「ささやき」をした途端バッターボックスから外れたり構えなかったりして試合が進まない、
王は雑談には乗ってくれるけど、すぐに集中力を高めてきて打たれる、
そして長嶋はというと・・・。
ストレートを意識させよーと「こりゃ変化球は危ない、投げられへんな」とささやいても、
「やあノムさん、元気?♪♪♪」
と、「あの調子」で全く関係あらへん返事が返ってきて会話にならんかったそーな(笑
それに比べたら、ヤクルトとの日本シリーズで、テレビでしきりに「内角攻めるぞ」と言って内角を意識させて、ノムさんと古田に封じられたオリックス時代のイチローは、長嶋に比べたら扱いやすいちゅーことだそーですわ。

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■ぶらり電車の旅 ~水間鉄道~

またまた更新が遅れてしもたBJのぶです(汗
最近生活に追われてしもてめっきりネットする時間もなくなってしもたけど、まだまだ俺は不滅です(笑

先週の週末あたりに大阪は夏の一歩手前くらいまで暖かく・・・どころか暑くなったけど、
また急に寒くなって部屋でガタガタ震えとります。
寒いんが苦手やさかいはよ春が来えへんかな~と首を長くして待ってる日々やけど、
あと1か月もしたらちょっとは暖かくなると思うさかい、それを待つことにしますか~。

で、休みの日は何しとるんか言うたら、恥ずかしながらお金節約のために買い物以外はほとんどヒッキー生活です(笑
まあ、その間にしっかり読書とかもしとるさかい、今までまとまってできへんかった読書が出来て不満やないけど、
やっぱしたまにゃ外に出んと精神衛生上良くないわな。
というわけで、今日は遠出言うまでもないけどちょっくらプチ旅してきました。
以下、今日の電車ぶらり旅エッセイでやんす。
書き込み調がちゃうけど、まあそりゃ勘弁してくんなはれ(笑

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ

■■■消えた赤線の跡を訪ねて 洲崎編(BlogPet)

のぶの「消えた赤線の跡を訪ねて 洲崎編」のまねしてかいてみるね

「まっとうな」映画が存在します。

*このエントリは、ブログペットの「のぶりん2」が書きました。

■■■富山ライトレール

滑川を出発した俺は、JRに乗って富山へと戻って行きました。
で、なんで富山までのJRレポートがないんやって?
はははは、実はJRの電車に乗った瞬間、猛烈な津波のよーな眠気が襲ってきて、
列車が滑川を出発した途端に意識を失って爆睡モードに・・・zzz
そして気づいたら富山でした(笑

乗った電車がたまたま富山止まりで、車掌に「起きて下さい~」って起こされたから良かったものの、
もし金沢行きとかやったら、そのまま金沢とかまで爆睡やったやろな~(汗
そして、そのまま大阪へ・・・はあり得へんっちゅーねん。

まあそれはええとして、
富山に戻った次の「鉄巡り」は、これでございます。




080805 富山LR1

これは富山ライトレール言うて、富山を走るLRTでございます。
LRTって何やねん、と言うと、

Light Rail Transit

を略したもんで、
メチャクチャ簡単に、「鉄分」ゼロの人にずばり一言で説明したら、
「チンチン電車と普通の電車の中間」
って言うことができます。
チンチン電車より大量に輸送できて高速、更に電車より低コスト、
都市内やその郊外を結ぶことを目的にした新世代交通システムで、
世界中で注目されとる電車でもあります。

LRT先進国と言われとるドイツじゃ、こんなタイプの電車がバンバン走っとって、
いちばんビックリしたんが、ドイツのある町の地下鉄で電車を待っとったら、来たのがLRT。
「へ?チンチン電車が地下鉄かい?」
(※LRTは厳密に言うたらチンチン電車ではございません)
って、「鉄」な俺もちょっとビックリやったんやけど、
ドイツじゃLRTが地下鉄の路線に乗り入れて町の中心部まで行くんは珍しいことやのーて、
郊外は地上に上がって専用線を走って、中心部はヘタに「チンチン電車化」するより、地下鉄に乗り入れてしまえ~、
ちゅー発想とかなんとか、後で本を見て調べてみて知りました。
また、郊外にデカい駐車場を設置して、そこから町の中心部までをLRTが結び、町に車を入れさせへんことによって、エコにも貢献しとる例もあります。
せやけど、日本的な発想でものを考えたら、地下鉄で電車待っとったらこのタイプの電車が来るとめちゃビックリしまっせ。これぞカルチャーショック(笑

LRTに関しては日本は残念ながら先進国どころか発展途上国やけど、
エネルギー問題とかからこのLRTが研究されとって、この富山ライトレールがLRT専用線としてはその先駆けになっとります。
今回、富山のライトレールに乗った理由は、もちろん鉄乗り潰しもあるんやけど、
もう一つの理由は、うちの地元堺も町の東西を結ぶLRTが計画されとって、
臨海工業地帯に実験線も出来とります。
そのためにも、ちょっと日本のLRTと言うもんも乗ってみようかな、ちゅー気になったというわけもあります。

テーマ:日記
ジャンル:日記

■■■滑川 竜宮祭り

さて、まだまだ続く富山の旅シリーズでございます。
もうええ加減にせいって?そんなこと言われてもスルーしてまだまだ続きます(笑

富山地鉄で滑川まで着いた俺やけど、何故滑川にしたのか?それは・・・

特に意味はなし(笑

単に、富山に戻る時に単純往復はムダやな、と思って、
JRと乗り換えが出来る駅で降りよう、と思っただけなんやけど、
それがたまたま滑川やっただけです~。

で、滑川でJRに乗り換えて、のんびり富山まで戻るか、とJR側まで行って時刻表見てみたら、
なんと!

約40分電車がない(笑

うーむ、これは困った、うちの最寄路線みたいに10分おきに電車が来るって感覚やったのはヒミツです。
その間、ボケーっとしとくのも何やし、ここまで来たさかいちょっと駅前をブラブラするか~。
と思ったんやけど、
駅前にゃ暇をつぶせるもんが何もなし・・・(汗
しゃーないさかい、駅前の小道をブラブラ散歩しとったんやけど、
滑川って名前はそこそこ知れとっても駅前界隈は至って静かな住宅街みたいな感じで、
もしかして、駅が市街地から離れとるんかな?

そしてあれこれウロウロしとったら、どーやら駅前の道の先に道の駅があるとか。
道の先を見たら何か遠そうやし、おまけに天気は雲ひとつないカンカン照り、恨めしいくらいの夏真っ盛り。
タダでさえ不眠不休で疲労がきとるのに、ヘタしたら熱中症で倒れるかも!?
と思ったんやけど、やっぱヒマにゃ勝たれへんかった(笑

ちゅーわけで、熱中症上等で道の駅へGO!

テーマ:日記
ジャンル:日記

■■■ぶらり電車の旅 富山地方鉄道編

さて、やっと日記の本題に入れそうでホッとしとるBJのぶです。
日記書こうと思っても、仕事で疲れて書く気力あらへんかったり、
ノリが悪かったりしてモチベーションが上がらんかったり、
そんなこんなで延ばし延ばしにしとったら、えらい空いてまいました(笑

で、7月の3連休は富山に旅に出かけとったんやけど、
その目的の一つが、久しぶりの「鉄」。
もちろん、地元の鉄道なんか飽きるくらい乗っとるんやけど、
地方の鉄道って、自称「鉄」の割にゃ乗ったことあらへんし、乗るチャンスもない。
せっかくのチャンスやさかい、是非富山の鉄道を総なめにしてまえ~。

ちゅー壮大な(?)計画を準備してみました♪

で、富山に行ったらまず乗ろうかと思っとったんが、

富山地方鉄道

ちゅー鉄道。

名前のまんま、富山を中心に走っとる私鉄で、
有名な温泉地の宇奈月温泉とか立山までの観光地を結んどる鉄道でやんす。
地元じゃ「地鉄」言われとるみたいやけど、
さすがに大手私鉄にゃ叶わんけど、地方の鉄道にしては規模は中の上~大きい方で、
昔は大阪から来たJR(国鉄)の特急や急行も、列車を分割して富山地方鉄道に入って、立山まで走っとったこともあります。
(線路の幅が同じやさかい、乗り入れは可能です・・・ちゅーか実際乗り入れとったし)
自社線内で特急も走らせとって、そーゆー意味じゃけっこう鉄をそそる魅力がある鉄道でもあります。

テーマ:日記
ジャンル:日記

■■■ぶらり電車の旅 ~南海高師浜線~

最近まで、作家の故宮脇俊三氏の「時刻表おくのほそ道」ちゅー本を読んどったBJのぶです。
宮脇俊三っちゅー名前を聞いたことは、ある人は絶対知っとると思うけど、
簡単に言うたら、
「『鉄道』ちゅー趣味を文学にまで高めた人」
言うても言いすぎやあらへん人で、
元々出版社の編集やっとった人で、作家の北杜生とかの担当やったらしいけど、
趣味の鉄道を乗り潰していくうちに当時の国鉄全線乗車してしもて、
作家としてデビューしても『鉄道』をテーマに書き続けとった人でやんす。
せやけど、「オタク」にありがちな、専門用語や専門知識を文面に散りばめて自分だけ興に入っとるよーなマニアックな文章やのーて、その完成度は立派な「文学」、
鉄道マニアやのーても全然違和感あらへん文章やと思います。
少なくても、「オタク臭」を本からは全く感じることはできまへん。
特に、「時刻表昭和史」ちゅー本は、タダの鉄道文学の本やのーて、当時の世相から戦争の秘話までの話もあって、
例えば、ミッドウェー海戦は秘密にされとったって言われとるけど、敗れて数日後にゃそこらへんの食堂のおばちゃんでも知っとったとか、
終戦時の玉音放送が流れとる時でも、列車はそんなもの存ぜぬとばかりにダイヤ通り動いとったとか、
「学校で習ったのとちゃうやん!」ちゅーよーなことまで垣間見ることができます。
そんな宮脇俊三も2003年に亡くなってしもて、鉄道をテーマにした氏を引き継ぐもの書きがおれへんよーになったことは残念ですわ。
まあ、日本の鉄道が「速さ最優先」になって個性が薄れて魅力がのーなってしもた、ちゅーこともあると思うけど、
(新幹線なんか、「乗ってる」言うより「乗せられとる」言うよーな感じですやろ?あ、かと言うて新幹線は否定しまへんで~)
それでも、何か書けることがあるはず、と思ったんは俺だけやあらへんはず。
元々「鉄」は昔から好きやった俺やさかい、せっかくブログもあるしちょいと書いてみよか、と「時刻表おくのほそ道」を読んで思ったことでやんす。
ちゅーわけで、新しく「ぶらり電車の旅」ちゅーカテゴリを設けて、ちょいとブラブラしてみることにしました。

で、書くんはええけどネタが・・・と思うんが最初やろーけど、
幸い大阪にゃネタになるよーな「鉄ネタ」がゴロゴロ・・・って程でもあらへんけど、色々転がっとったりしま。
ブログネタがないとか言う前に、まずは自分のアンテナの感度を良くしろ、ちゅーのが俺のモットー、
感度を上げて考えとったら、ありましたありました♪それもかなり近所に!

ちゅーわけで、思い立ったが吉日、天気も雲ひとつあらへん五月晴れ、
俺は真っ先にそちらへ向かいました。

テーマ:日記
ジャンル:日記

■■■語学勉強法@井上成美(BlogPet)

のぶの「語学勉強法@井上成美」のまねしてかいてみるね

井上の卒業の通、今の米内光政、ちーわけあらへん性格の個性が得意、さしずめ「兵学校に落ちた人が東大に行く」言うくらいのもと言われます!
当時偏差値が知れ渡るの学校で海軍兵学校は学校のは新聞の国民ができました通り「よかった。日本は海軍に助けられたな」と言われた「軍人=堅物」って合いたくない?(笑井上もありましたよーに載っとってもーの日本トップの鉄壁の中の一面に反対、幼い時から否定しとりますわ!!
せ、小学校の時のせいかね?(笑「我が闘争(マイン・ガンプでした。井上は「我が闘争」を禁止された、候補生学校の3人が戦争に煽られますわ!!
井上自身は絶対に就任しとりますわ。
陸軍に反対、誰がある海上自衛隊のと話が何で猛反対、徹底的に値しない軍人やなって、音楽の中のを「軍人=堅物」ってイメージが全員海軍次官の方が如何なく日本の偏差値やった♪
ちなみに、そんな日本トップのもある、彼は日独伊三国同盟に「頭がCore2Duoだ。クリック一つで何でも出てくる」よーな風に入学します。
せやギターが、小学校の方が如何なく発揮させ、戦争まっしぐらにしますわ?
彼の秀才が正しいと話が正しいと結論、今の出世が集まる兵学校の幹部候補生学校で習った「カミソリ井上」とーりです!
「戦争回避派」の出世がある時期の偏差値が正しいと言われた彼の出世がすべてを通す、間違いなく日本トップの山本・イタリアスイス、将来の男の中に値しない?(笑「カミソリ井上」と戦争まっしぐらに生まれた海軍兵学校に進んで行く中に反対します。
って合いたくない軍人やマスコミにしたんや国民性っちー観点からは新聞の割にゃ意外と試験じゃ頭を、日本の真骨頂は俺と言われるくらい、日本人を左右するらしいけど、変わった歴史の学校で彼自身、徹底的に削除させや国民が如何なく日本の真骨頂は俺と話がある海上自衛隊のライン海軍三羽烏」)は絶対に書いた通り「型にハマった下らん人間を育てるだけ」と話が、徹底的に生まれた海軍兵学校校長から、信用に同調して、日本トップの名前が、海軍次官の秀才が知れ渡るのとこやのはドイツ語の卒業しとりましたことに就任したそーわけあらへん性格の米内光政、幼い時の鉄壁ライン海軍大臣の通、陸軍や右翼からは学校、日本語訳にゃ意外と試験じゃ頭を背負った歴史の学校、って言われます。

*このエントリは、ブログペットの「のぶりん2」が書きました。

■■■きのうはここで指がお願いした(BlogPet)

きのうはここで指がお願いした?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「のぶりん2」が書きました。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。