のぶログ (THE WEBLOG WITH OSAKA DIALECT)

大阪人の、大阪人による、大阪人のため・・・のブログ!?

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 面白い!と思ったらクリックしてあげて下さいm(_ _)m



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

よろしく!








blogram投票ボタン






ブログ内検索

プロフィール

BEのぶ

  • Author:BEのぶ
  • 自称「ブログエッセイスト」ことBEのぶです。
    昭和史をライフワークにしていますが、平成ももうすぐ30年経ち、昭和が遠い過去になりつつあります。
    昭和も遺産・遺物を探れば立派な「考古学」となります。題して「昭和考古学」。ジャンルは遊郭・赤線跡から鉄道、そしてすっかり忘れ去られた歴史を掘る「昭和の考古学者」として、昭和の名残りを通して考察する旅を続けています。

    基本は標準語で書きますが、エッセイは大阪弁で書いていきます。

質問・お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■なぜ台湾人は親日なのか?

今日まで華の3連休やったけど、どこにも出かけてへんBJのぶです。
だって、3連休は雨って聞いてたさかい、こりゃ「晴耕雨読」やなと思ってひきこもりの予定やったからです(笑
で、一泊だけやけどホテルに引きこもって「お勉強」をしとったんやけど、それは何か。
中国語と中国でメシ食ってる人間でも、現代中国史でわけがわからん部分があります。
それが、「文化大革命」という中国の国内大混乱イベント。これは中華人民共和国の一大汚点でもあるし、ほとんど内戦状態で国内メチャクチャ、何もしてへんのに意味不明な罪を突きつけられて辛酸を嘗めた人も多かったんです。
そのせいか、15~20年前に中国に留学しとった時に、明らかに文革を経験した世代に聞こうとしても、誰一人口を割ってくれませんでした。まるで国中に緘口令でも敷かれとるように。まあ、文革で人間性すら否定され言語に絶する屈辱を味わった人も多い上、当時はまだ傷が癒えてへんかったんやろなーと、今になったら気持ちはわかるよーな気がします。
これに関しては、中国でこれやさかい日本とかの方が情報が多いし研究も進んでるんやけど、本とかを読んでも実にわけがわからん(笑 社会主義の理論とか当時の政治闘争も複雑に絡み合うさかい、知れば知るほどよくわかんない・・・ってのが本音です。

せやけど、さすがに40年も経ったらだんだんと傷も癒えてきたんか、それとも「緘口令」が解除されたんか、徐々に当時を語る人たちが出てきたみたいです。
いちおう、「チャイナウォッチャー」でもあるさかい、「文革って何?」って質問にも答えんとあきません。答えられへんのはこっちの勉強不足やし恥でもあるさかい。それで色んな方面からアプローチして3連休で「夏休みの宿題」を片付けとったわけであります。
以上、言い訳を終わります(笑



日本人は、やけに「親日」「反日」で国を分けようとするのが好きです(笑
人の目をすごく気にする日本人の性格と言いましょうか、それで一喜一憂するのもある意味日本文化の一つやと思いますわ。そりゃ良い悪いとかの問題やありません。

で、もし「親日メーター」ってのがあったら、時にはメーターが振りきれて「測定不能」になるくらいの親日度を誇る国が台湾です。
俺もちょっとの間ながら、中国だけやなくて台湾にも住んでたことがあるんやけど、15年くらい前とは言え当時は日本統治時代を経験したいわゆる「日本語世代」がウヨウヨしとりました。住んでたんは台北やさかいまだ少なかった方やけど、南へ行けば行くほど、日本語世代の人たちの割合が高くなっていきました。
おばあちゃんに台湾語で話しかけられて、「ごめん、俺日本人やから台湾語わかんね」と北京語で謝ると、
「あらやだ!日本人に台湾語で声かけるなんて、あたしももうろくしたわね~」
といきなり日本語にチェンジ、俺呆然、というくらいのことなら日常茶飯事な時代でした。
何より、台湾に住んでた頃の家の家主さんが「元特攻隊員(学徒出陣組)」という濃さで、「特攻隊員として志願した時点で、自分は死んだと思ってるから、死なんて怖くも何ともないよ。いつでも来い!って感じだね」と言っては笑ってる豪傑やったさかい。俺が小さいころには近所にもよくおった、威厳があるおじいちゃんって感じで、当時一緒に台湾におった彼女は怖がってたけど、俺はむしろ昭和の男の懐かしさというものを感じてました。
それ故、「今の日本はどうなってるんだ!もっとしっかりしなさい!」と毎日のように・・・いや、毎日叱られてたような記憶があるけど、それは怖いというより、ふがいない孫をおじいちゃんが心配して叱咤激励してる、という「愛」がありました。日本人がどっかで忘れてしもた、日本人とは何かちゅーことをまさか台湾で気付かされるとは思いもしませんでしたわ。
これに関しては、別にブログでも書きましょうか。書き出したらこれまたキリあらへんさかい。

台湾の日本LOVEぶりはなぜなのか?
それは、日本統治時代にうんぬんかんぬん・・・。ということもあるにはあります。
日本統治時代は50年続いたんやけど、50年は短かそーで長いみたいで、そこでしっかり「日本」が染み付いて台湾人の中に浸透している、という期間としては十分でした。
で、日本人が台湾人に遺したもの。それは建物とか食事や言葉などの、目や耳など五感で感じられるものばかりではありません。「考え方」まで遺したことに目を向ける人はなかなかおらんと思います。

その一つが、「コツコツ型志向」。
台湾人は、人類学的には東南アジア系の血が濃いものの、分類すれば漢民族ではあります。でも、大陸の漢民族とはハードやなくて中のソフトウェアが全然ちゃうところがあるんです。その違いは、WindowsとiOSの違いくらいはあるかな~と。
大陸型漢民族は、金稼ぎに関しては一攫千金型で、株とか不動産投資とかに熱を上げて、あわよくば「濡れ手で粟」を狙う傾向があります。それと、「自分の手を汚すのは下賎の人間がやること」という儒教的な考えがあるせいで、エンジニアがなかなか育たへん、地位もそれほど高くない(これはちょっとは改善されとるかな)という文化的要因もあります。簡単に言うたら、中国(韓国もそう)は「文系国」、日本は「理系国」とも言えます。せやさかい、日本人が大の得意にしとる「コツコツ積み重ねる」というのが大の苦手やったりします。
俺は中国に留学・仕事で住んで、生でこの中国人気質に触れてたさかい、「中国が技術大国になるなんてあり得んわ」と私的にゃ言うとりました。
せやけど、「中国は日本を抜く、いやもう抜いた」という声にかき消され、やっと市民権を得たんは去年くらいの話やったりします。やっと俺に追いつきましたか(笑

反面、台湾型漢民族はコツコツ大好きであります。台湾に世界的な製造業が多いんも、その気質の違いですわな。シンガポール人も一時は製造業を重視しとった時期もあったけど、やっぱ生理的にあかんかったみたいです(笑 
その点、台湾人は製造業が肌にあってるんか、世界的なメーカーを多く生み出しとります。
台湾の製造業言うたら、パソコンのメモリとかを思いつく人が多いけど、台湾が誇る「世界一」がまだやったりします。
それが自転車。
マウンテンバイクやロードバイクなどのスポーツ系自転車乗りなら誰でも知ってる・・・いや、知らんのはどうかと思うぞ、というくらい有名なGIANTやMERIDAも純台湾メーカーです。仮に、いや万が一MERIDAを知らんかったら、SPECIALIZEDなら必ず聞いたことがあるし、乗ってる人も多いです。SPECIALIZEDは登記上は「アメリカ」なんやけど、MERIDAの子会社です。自動車に例えたら、MERIDAがトヨタならSPECIALIZEDはLEXUSみたいなもんですわ。
彼らはヨーロッパの自転車メーカーの下請けをコツコツやっとるうちにメキメキと実力をつけ、今や世界のGIANTにMERIDA。「自転車界のトヨタとホンダ」ですわな。ヨーロッパメーカーのスポーツ系自転車も、ブランドだけ貸してほとんどがMADE IN TAIWANなのが現状です。
正直なところ、ものづくりが得意な日本は、スポーツ自転車業界ではかなりマイナーです。ブリジストン(ブランド名は"ANCHOR")が頑張ってるかな・・・という程度。「日本ダメじゃん」と思いきや、しかし自転車のパーツはほとんどが日本製。同じく、自転車に乗ってて”SHIMANO”を知らん人は、世界には100%おりません。知らんという人は間違いなくニセモノです(笑
"SHIMANO"は釣り好きな太公望のみなさんでもお馴染みのブランドやけど、自転車用パーツでも世界的なメーカー、それも我が(元)地元の堺が産み、そして今でも本社が堺にある世界メーカーです。

堺自慢はさておいて(笑)、この台湾人のコツコツ志向は「日本の置き土産」と言われとって、それを文化的に解説したんが、最近亡くなられた作家の邱永漢氏でした。邱さんは旧制台北高校を卒業した純台湾人ながら、大陸型漢民族的要素があった人やけど、「見えない日本の置き土産」を指摘するところは、さすが目の付け所がちゃうなと感心しましたわ。中国人気質にかんしては、邱さんの『中国人と日本人』が白眉やさかい、興味ある方は読んでみてくんなはれ。中国人だけやなくて、日本人が気づいてへん日本人気質も、批判も含めて気付かされます。今ちまたに溢れてる『嫌中本』はこの本を読んでからでも遅くない、特に中国と中国人に直に、濃~~く触れてへんかったら。

話がまた脱線しそうやさかい、何で台湾人が親日なんか?っちゅー原点に戻りましょう。
上にも書いた通り台湾は、お隣の某国風の言い方をしたら「日帝50年」を経験しとるさかい、歴史的に日本とのかかわりが深いこともあるし、ほとんどの本はそこをえらい強調しとります。
せやけど、それだけやない、というのが俺の意見です。
歴史っちゅー「過去」だけやのーて、今我々が生きてる現代、国際政治的に台湾の親日に目を向けてみましょう。


* * *
中国が、「ついに本性を表したか」が如く領土侵略に動き始めています。中国もまんざらバカやないさかい、まずは弱いとこ、中国にとって「楽勝」なところから攻めていっています。東南アジアの島がそうですね。地図で見たら「ここのどこがどう中国やねん!」と小一時間説明してほしいとこやけど、今のところ全く意に介してませんな(笑
中国は資源を狙っている・・・ちゅー話もあるけど、中国がホンマに狙ってるんは、ここにある「シーレーン」です。
今中国vsベトナム・フィリピン・マレーシアで揉めてるパラセル諸島(西沙諸島)、スプラトリー諸島(南沙諸島)あたりは、「船の高速道路」という顔も持っています。日本から東南アジアへの船はほとんどここを通っとって、石油なども中東からここを通って日本まで運ばれてきとります。日本から東南アジア経由中東・ヨーロッパ行きの航路は、ここあたりを通るのがいちばんの近道なんです。
仮に中国がここあたりを押さえて、「ここは俺様の領土」と軍事力で海を封じ込め、船から莫大な通行料を取るとします。その「莫大な通行料」とやらは、すべて我々の生活品の値段として跳ね返ってきます。
「シーレーン」さえ自分の手の内に収めたら、日本をはじめ台湾や韓国なんて、自分から手を出さんでも、武器の一つ使わんでも、勝手に干上がって向こうから「すみませんでした」と頭を下げてくる。そうなると事実上日本は中国領に・・・仮にならんかっても、100%コントロール下に置かれて、生きるも死ぬも中国様次第・・・そんなのイヤでしょ?(笑

で、日本人的にはそれで終わりなんやけど、個人的に中国が狙っとる最終的な本丸は、おそらくシベリアやないかなと思ってます。
あくまで俺の個人的な視点やけど、戦略的・長期的には中国は

東南アジア→日本→ロシア(シベリア)

ちゅー順に平らげていこうかと考えとるんちゃうかと。

今中国が石油とかより欲しがってるんが、実は水と言われとります。今の中国は深刻な水不足で、かつては水郷と言われとった江蘇省、湖北省あたりの湖が干上がって見るも無残な有様になったり、井戸水が昔は5m掘ったら出てきてたのが、今は100m掘っても出てこない状態やと言います。砂漠化も絶賛進行中で、このままやとあと50年もしたら北京は砂漠に埋もれて「遺跡」になるそうです。
あの北京のpm2.5のことは、ニュースとかでも知ってる人は多いけど、あれは単に大気汚染だけやのーて、北京の砂漠化が市内のすぐそこまで迫ってきとる事情もあります。
そして、今日本から中国への輸出のトレンドが「水」やったりします。これは単に中国の飲料水が飲むに堪えないという状態もあって、品質が抜群の日本の水を欲しがってるという事情もあります。実際は、中国に水を入れるには規制が激しくてなかなか難しいんやけどね。

中国が何でチベットを手放さへんのか?という素朴な疑問があります。政治的には、チベットの独立を許したら次はウイグル(東トルキスタン)、南モンゴル(内モンゴル)・・・とドミノ倒しのように崩壊していく危機感もあるけど、ちょっと見方を変えてみましょう。
四川省西部から広がるチベット高原は一見何もなさそうなんやけど、ここは数々の河川の源流を抱えています。長江はもちろんのこと、東南アジアの代表的な川と言えるメコン川も、実は源流ってチベットやったりします。
メコン川は言わば東南アジアのライフライン、そこの源流を中国にせき止められたりしたら・・・東南アジアも戦わずして干上がってしまい、中国は弾の一発も使わず屈服させることができます。実際、中国はダムを作ったりしてて、東南アジアが抗議しても「内政干渉するな、以上」で聞く耳持たず、なことは小学生レベルの想像力でもわかることですわな。
今何かと話題の中国問題、ここまで視野を広げると一筋縄じゃいかんことがわかります。そして、国際情勢というのは一つの場面だけを見たらあかん、ということもわかるでしょう。

で、台湾の親日が中国の動きに大いに関係があります。
さっきシーレーンの話をしたけど、これは台湾にとっても重要なライフラインです。ここを中国に押さえられたらまさに死活問題、戦わずして白旗を上げなあかん状態になっちゃいます。
かと言うて、うかつに中国に手を出したら、それを口実に台湾を「解放」しにかかられる可能性もある・・・台湾の大きなジレンマです。
台湾はだいたい九州よりちょっと小さいくらいの大きさやけど、その大きさであのバカでかい中国と、今はがっぷり四つに組んでます。せやけど、やっぱし国としての「体力」の差は歴然で、ちょっと手を抜いたらあの「中華ブラックホール」に呑み込まれかねません。台湾は「呑み込まれてたまるか!」と必死に抵抗しとるわけです。台湾人の国に対する危機感は、現実に呑み込まれる可能性が高いさかい、どこかのほほんとしとる日本人とは全く違います。まあ、みんな入りたくもない「ブラックホール」に自分から尻尾振りながら入ろうとする国も、どことは申しませんがありますね(笑
台湾にとっては、アメリカはさておき、今のアジアで中国とガチでやれるのは日本だけ。日本がくたばってしもたら台湾も事実上の共倒れになるのは明白です。

2011年の東日本大震災の時、台湾から集まった義援金の数、占めて200億円なのは、日本でもニュースになりました。人口が日本の4分の1の台湾での200億円ってとんでもない額です。
そこまで集まった理由を、「親日だから」というだけの理由で片付けるのは台湾人の表だけを見ただけで何もわかってへんと思うし、「歴史的なうんぬん」とか、「(十数年前の)台湾の地震の時に助けてくれた」だけじゃ、これだけの額は集まらんと思います。
東日本大震災は日本にとっちゃ国難、国際政治的・アジア情勢的に「日本とは運命共同体」やと思ってる台湾人にとっても「国難」的出来事です。ここで日本の国力が弱くなってしもたら、中国が露骨に牙を向いて台湾が暗黒面に堕ちてしまう・・・そうなると、台湾の今まで血を流して得た政治・経済・文化・繁栄・民主主義・・・すべてが破壊されてしまいます。
台湾人の本音はもちろん、中国なんかに「解放」されたくはない。俺が台湾におった頃に持ち上がった「一国二制度」もただのアメやったことは、今の香港を見たら一目瞭然やさかい、それも選択肢としてはあり得ない。
それだけに、台湾の親日は

「日本さん、頼りにしてまっせ!!」

という期待の裏返しでもあるんです。
台湾人もはっきり言いますよ。
「台湾の命運は日本が握ってる。だから日本には頑張ってほしい」
と。
だからこそ、日本も日本で期待を裏切らないように、堂々と自分の主張を発信することが大切やったりします。
日本人は、どうしても相手を気遣うクセがあって、
「こんなこと言ったら相手に悪いんじゃないか・・・」
と思ってまうんやけど、外国人に対してはそんな気遣いは不要です。むしろ「空気読まない」のが普通の外国人にとっちゃ、そんな気遣いがかえって「日本人わけわかんね」と痛くもない腹を探られる結果になります。
むしろ、「それは違う!」と言うべきことを言う、簡単に言うたら「ノーと言える人」が、外国的には礼儀にかなっとると思ってもええと思います。「自己主張激しすぎ」と日本人的にはドン引きするくらいが、外国人的にはちょうどええさかい。だから、海外在住の日本人ってアクが強い、日本人離れした人が多いんですわ。そーでもないと外国人にゃわかってもらわれへんさかいな。俺も昔はそーやったものの、日本に帰ってすっかりアクが抜けてしもて、「普通の人」になりつつあるけど(笑


スポンサーサイト

コメント

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/11   # 

■ Re: タイトルなし

>かくげんじさん

はじめまして、コメントおおきにです。

こんな漫談ブログにお硬いコメントを書きますな~論文ばっかし書いてるどっかの研究者さんでっか?
正直、もっと砕けた書き方でもよろしいでっせ(笑
概して歴史的にはその通りですけど、台湾は単独で中国と渡り歩くにはあまりにも無力やし、台湾人も先ほどの服貿に関する立法院立てこもりの一件でもわかるよーに、中国には呑み込まれたくないってのが本音ですよね(そりゃそーやけど)。
そこで、頼りになるのがアメリカと、歴史的に深いつながりがある、ある意味中国大陸よりもつながりが深い日本です。地政学的には日本と台湾は一心同体みたいなもの、国際政治だって脈は歴史とつながるわけで。


> 換言すれば、華夷秩序の序列で日本より上位だと思いたいチャイナとコリアだけが日本に負けてることを認めたくないというだけの話だと思います。

それは一方的かつ一元的な見方やと思います。言い方は失礼やけど、ネトウヨ的見方というか(笑
韓国・北朝鮮に関してはその見方でええと思います。朝鮮半島を一人の人間として、心理学的に見たらまさに劣等感と自己防衛反応の裏返しやし、最近のニュースを見てると一人の人間やったら自己愛性人格障害ですね。
せやけど、中国大陸にかんしては、そこまで単純やありません。確かに中華思想の頂点が現実的には日本に敵ってません。せやけどちょっと日本のことを知ってる中国人はそれをちゃんと認めてまっせ。認めてへんのは「噴青」という中国版ネトウヨだけで。大多数は日本になんか興味ないって感じやけど。
中国がある意味朝鮮より怖いんは、現実として日本の方が上って認めた上で、自分がアジア的序列的に再びNo.1になるにはどうしたらいいか対策を練ってるところ。そして、それにはおそらくアメリカまで絡んでるということ。
日本が名実共にナンバー1になって「まともな国」になるんはアメリカ的にも困るわけで、そこは中国とも思惑が一致しとります。第一次安倍内閣の時の安倍さんは、アメリカに毒盛られたんちゃうか?と妄想したりもしますし(笑
だからと言うて、アメちゃん的には中国がナンバー1になってくれても困るわけで、そこらへんの政治的駆け引きまで見ていかんと、国際政治はイデオロギーだけで見ていくと、大切なとこを見逃すと思いまっせ。
2014/08/09 URL BJのぶ #- 

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/02   # 

■ 

こんにちは。僕は20年来の台湾人の友人がいますし、アメリカ留学時に相当数の台湾人と接しましたし、台湾出身者の書物も幾つか読みましたが、正直東アジアの国際政治力学の影響が台湾の対日感情に与えている影響は無いと言いませんが、貴殿が特筆するほどあるとは思えません。

台湾の親日感情は一に台湾人(内省人)に中華思想という野蛮な思想が無い事、二に日本の台湾統治が現地住民にとっても良かった事、三に朝鮮半島のような小中華思想にも犯されていない事、四に外省人による戦後統治の方が劣悪で台湾内部の外省人(漢人)の台湾支配の方が酷かったことが主たる原因だと考えています。

要するに、台湾人は愚かな歴史的先憂民族意識や対日優先意識がが無いので日本統治による近代化の恩恵と日本の文化や国民性を素直に評価してそれらを吸収することに精神的抵抗が無いからだと思います。これらは台湾だけでなく東南アジア諸国でも看取できますよね。

換言すれば、華夷秩序の序列で日本より上位だと思いたいチャイナとコリアだけが日本に負けてることを認めたくないというだけの話だと思います。

現在、そしてこれからの台湾にとって国家として生き残るには日米の対支圧力が必須条件です。ですが、だからと言って現在の台湾人の圧倒的多数が日本のプロダクトや文化を自腹を切って追い求めている主たる理由をそのような戦略的判断に求めるのは明らかに無理があると思います。

2014/07/31 URL かくげんじ #- 

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://parupuntenobu.blog17.fc2.com/tb.php/921-c4b37ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)